« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

白き侵入者

誰も許可などしてないのに

そいつは突然やってきた。

あれはたぶん10年くらいまえだった。

追い出したはずなのに

数日後には仲間を呼んでたらしく

その日から 不法侵入者が続々と

この春のツアーの途中で

そいつらが 異常に増えてることに愕然

そいつらの侵入時は 

なんだか頭が無性にむず痒くなるのです。

そのうえ そいつは

やたらと姿勢がよく、ピンッと元気に立ってる。

その偉そうな態度!ムカつく

せめてひっそり陰に隠れてりゃいいものを

誰も歓迎しちゃいないよぉーあんたなんかッ!

  

仕方ない・・・

近々 美容院に行ってこよう。

けど「白髪染めしてください」とは口がさけても

言わんとこう。

きっと 担当のこころ優しき千葉君は

アタシに気づかれていないと思って

小さなでそいつらを撃退してくれるだろう。

 

 

 

 

  

  

  

  

|

2009年6月29日 (月)

あと5分で・・・

今日という一日は終り。

なんだか 平穏な一日でした、めずらしく。

夜になって雨が・・・シトシトと。

雨の音しか聞こえてきません。

こんなに何もない日あってもいいのかも。

昨日は遊びすぎちゃった・・・

今夜は 早寝いたしましょう。

そしてまた 明日という新しい朝を

迎えます。

おやすみなさ~い。

  

 

  

  

|

ポン友伴野さんの欲しいものは?

高級な家具でもなく

ブランドの小物でもなく

もしかしたら・・・嫁さんなのかな?と。

だからと言ってこりゃ無理だけど・・・・

090628_215601 この可愛い後姿

        なんともうすぐ83歳の母です。

なんだか、コスプレの意味もわからず

このヒラヒラスカートとエプロンにご満悦

090628_220601_2

大切な友達 伴野さんも

83歳と27歳の女に挟まれて・・・

幸せ?・・・ん~怖い?

  

  

  

  

|

2009年6月28日 (日)

静かやなぁ・・・・

雨の日曜日

いつもなら 子供の声が聞こえるのに

窓の外は 雨の音ばかり。

シトシトというより シャラシャラ~って

アタシには聴こえるあぁ・・・。

なかなか静かでいい。

なんだか気持ちまでもしっとり。

そして 静けさに助けられて

明日までにやり終えてしまわなきゃならなかった

諸々の作業   お~わり ばんざ~い!

「美沙さん偉かったねぇ~」とまたも自我自賛です。

こうなるとエンジンかかって

アレコレやりたくなるけど・・・やめとこっと。

そんなに生き急いでどうするっ!

 

今夜は友達の誕生パーティー

娘のエステサロンがあるビルのオーナーの

伴野さん。昔からの友達です。

なんでも 本人には内緒で娘たちが企画したとか。

仕事から帰ったとこをサプライズなんだって

アタシは

本日の自分へのご褒美に美顔してもらい

そのあとはパーティーです

お祝いの品は

アメリカンチックなスタンド型の灰皿。

ちょっとオシャレです。

灰皿のくせに8300円もしましたわ

でもガレージの横に自分で作った(日曜大工で!)

あの小部屋の入り口に置いてほしいんだなぁ。

きっとご自慢のアメ車とハーレーに

マッチするはず

  

  

  

  

  

  

  

  

|

片付いたとこだけ

部屋公開

眠るため。

台本読むため。時には鏡の前で振りチェック。

ブログを書くため。

閉めきってしまえば

狭いながらも 一番アタシで居られる空間。

090628_120001 090628_115801

 

 

 

 

|

荷ほどきのついでに

パソコンまわりとデスクの片付け

着なくなった洋服の整理

不要の書類まとめ・・・

あぁ~これだけでもスッキリしたアタシの部屋。

あとは本棚だねぇ~

これが意外に大変なのね

一気にやりたいとこだけど

また腰がヤバくなっちゃ不味いし・・・

とにかく そのままだった旅の荷物。

これが片付いたのでホッとしてます。

ン~ッ有意義な日曜日の朝でしたな。

「ご飯は何時?」と

さっきから聞く次子さんのために

早いお昼を作って また続きをやるかッ

お昼は 旅で買ってきてた

讃岐うど~ん

大葉と茗荷、たっぷりの生姜、温泉たまごを

のっけて冷や冷やをいただきますかね

  

  

  

  

|

2009年6月27日 (土)

鏡に映るアタシは・・・

超~ブス!

心の中のザワザワしたもの。

誰も話しかけないで!というイヤ~なオーラ。

眉間にはいつも知らず知らずのうちにシワ。

口を開けば 声を発すれば・・・ 

自分でもゾッとする冷た~い口調。

いまのアタシは最悪です

もっと「あぁ~無理無理~」と気楽に構えたり

「自分を責めたりしないほうがいいよ」・・・と

友達は言ってくれるけど・・・

それができるくらいなら こんなに苦しかぁない。

  

毎日アタシの顔をみてる娘アミと

ブログや 妹からの話を聞いて心配したメグ。

こんなもん くれました

090625_211501_2 ストレスを和らげる石だそう。

ううううっっっ・・・

ありがとよ

効果がありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

声変わり

この30年くらいの間に知り合った友人は

誰も信じないけれど・・・

アタシ 実は メゾソプラノだったのですよ

自分でもどんな声だったか忘れちゃった

  

25で結婚して、26で長女愛を生み

28で次女の歩を。

当時 山のてっぺんにある家に住んでました。

ちょっとやそっと大きな声出しても

ほとんど近所迷惑なんて面倒なことがなく・・・

だからかしら?

「そんな事しちゃダメぇぇぇぇーーー!」

「こらぁぁぁーーー!」と

毎日 子供のあとを追いかけて大声で怒ってた

10年たって劇団に復帰した時は

すでにアルトの音域

  

なんでこんな話かっていうとですね・・・

アタシはまた変声期を迎えたようなのです

今度の相手は・・・子供じゃなく母ですが

舞台で役を演じるときは

日常のように不用意な声の出し方しません。

だから どんなに台詞が多くても

咽喉がつぶれるってことは まずないワケです。

でも日常は? お腹を使って喋るわけじゃなし

ましてや 感情的になったり 怒りを我慢したり・・・

どうも咽喉はしまり 呼吸はうまくいかず

だからじゃないかと思うのであります

この声変わり。

「ヤバイ!」

このままじゃ アルトどころか

身体も声も コントラバス

いやぁぁぁぁ~~~~っ

明日から気をつけよ~っと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

おはよぉ~!

いい天気ですねぇ~

なんだか それだけでウキウキ

 

数日前にこのブログに

「謹慎をくらって・・・云々」と書きました。

怖いですね~!ちょっとそう書いただけなのに

2ちゃんねるとやらで いろんな事ワイワイ

言ってるらしい勝手なこと。

アタシはあの2ちゃんねるって~のが

いまいち理解できず興味もなく・・・

でも友達が「2ちゃんねるで色々言われてるよ~」と。

あぁ~面倒くさいこと

いったいナンざましょ

まあ日記を公開してるようなもんだから

言いたい人には言ってもらっても構わないけど

なんだかねぇ~・・・

  

まあいいや!

新緑を楽しみながら 

久しぶりに散歩でもしますかね・・・

腰に気をつけながら・・・ソロ~ッと。

 

 

 

 

 

|

2009年6月26日 (金)

開演まえの稽古場

昨夜遅くに 我が友広瀬から電話。

「明日か明後日あいてるぅ?」

いや・・・あいてると言えばあいてるし・・・

あいてないと言えばあいてない。

しかしなぁ・・・広瀬にそう言われちゃ・・・ね。

「明日の二時過ぎなら」と答えたら

「じゃ明日二時から通し稽古するから」と。

初日のチケットも買ってるし

この前 なんたらプレビューって~のも

観たし・・・なぁ

でも 行ってきちゃいました、追い込みのそこへ。

 

いやいや・・・

なんか 羨ましかったです。

こんなに時間と情熱をかけて

みんなでディスカッション重ねたであろう作品。

アタシもあれこれ観て歩きますが

こういう劇団?って何となくヒトリヨガリって

そういうの散々見せられてきました。

でも

この響人の旗揚げ公演これはち~と違います。

あのなんたらプレビューから

役者も作品も 成長し進化しておりました。

これ、追加公演のチケットも完売だそうで。

いい旗揚げ公演になる!と

アタクシ、確信しております。

まったくお金にならないらしいですが

アタシもいつか参加して

経済度返しで 芝居バカになりたぁぁぁ~い!

 

 

 

 

 

|

2009年6月25日 (木)

久しぶりに作ったうちご飯

ず~っと旅で、そのあとはぎっくり腰

痛くて立っていられなかったし

包丁を握る手まで力入らず・・・

そして小倉に飛びヘトヘトで帰ってきた・・・

だもんで すっかり台所から離れてましたのよ

 

友達の美和子姫がおいしそうなご飯届けてくれた。

敷地の山から収穫して保存しておいた

筍といろんな豆の入ったご飯

うぅぅぅーん・・・いつまでも台所に戻らんのもなぁ・・・

で、久しぶりに作りましたわ。

おっ!意外とスムーズ

ちょっとサボると何か手際が悪くなるのよね

 

090625_192801

季節のゴーヤともやしでお浸し。

自家製のポン酢の瓶は空になってたから

ここで登場!日田で仕入れた

次郎左衛門さんとこの柚子ポン酢旨い!

札幌から送ってきたアスパラとフルーツトマト。

豆乳で作ったマヨネーズと おかかで。

ゴーヤの半分は豆腐と残り物のハムとを

ザッと炒めてオイスターソースで。

この上に 石垣島のぺんぎん食堂の

うま~いラー油をかけて完成

  

あぁ~旨かった!

  

  

  

  

|

晴れてきましたねぇ~

でも・・・・・

実は心はドンヨリと曇っています。

雨にも負けず風にも負けずぅ~~!と

朝からギュッと前掛けして動き回ってますが

やって欲しいことは忘れちゃう

やらんでいいことやっては仕事を増やしてくれる

うちの次子さん

勘弁してくださいよぉぉぉ~~

おまけに朝から小倉の残務整理の電話が

鳴りっぱなしぃぃぃー

電話をきって再度仕事に取り掛かろうとすると

「何の電話?」「誰がどうしたって?」と

質問の嵐に耐えなければなりませぬ

無視してはならぬ!

自信を持たせるためには失敗しても

やってもらおう!

子育てと同じなんだから・・・忍の一字で

  

しか~し

ついに先ほど堪忍袋の緒がきれた

優しく対応しようと思ってまだ数時間なのに

「頼むから邪魔しないでぇー!

今日中にやらなきゃ間に合わない!」

  

「・・・・・・・しゅん

母次子さんはトボトボ部屋へ。

やっぱり修行が足りませんアタシ。

頭に血がのぼって放心状態でありまする

ちょい小休止ですな・・・

まだ今日という日、9時間ある。

ドンマイ!ドンマイ!!

  

  

  

  

 

 

 

 

 

|

雨ですねぇ~

今年は雨が少なくて

もう取水宣言がでて 学校のプールとか

そんな都市も出てるようで・・・可哀想子供達。

今朝の横浜はシトシトと雨模様。

子達が傘を振り回して元気に登校する姿が

ベランダから見えます。

ウ~ン・・・いっぱい洗濯物あるんだけどなぁ

やっぱり 梅雨なんですな。

 

留守にしたぶん あれこれ雑用もたまり

今日は一日こもって端から片付けなくっちゃ

この2年舞台を休んでいた間に始めた

母のやってる玄米酵素の仕事も溜まってます

なかなか興味深い そして奥深い仕事だけど

舞台との両立は正直大変そう・・・

自分自身がこの玄米酵素で助けられたから

恩返しの気持ちはいっぱいあるんだけどね

実際 母もひとりではやり続けること出来なさそうだし。

 

まっ あれこれ悩まず

今日一日できる限りのことを精一杯やりましょう!

考えてるより まずは行動!だッ

  

  

  

  

|

2009年6月24日 (水)

エッセイもどき

ちょうど10年まえです。

離婚をして、

仕事は仕事で、劇団でボスとぶつかって

自宅で謹慎!って命令が出たんで

「こりゃ幸い休暇だ」とダラダラすごした夏の日々。

けど、いつ呼び出しがかかるか判らないので

遊びに行くわけにもいかず・・・

(ここがアタシの根性のないとこで。

どうやらこういう場合はトットと何処かに遊びに

行って良かったらしい

あとで聞いたらみんなそうしてたってちぇっ

で、ともかくやることがないんで 書き始めた

エッセイもどき。

《LIFE》と《LOVE》の同時進行。

もう好き勝手な原稿。

今日、帰りの飛行機の中で読んだ

向田邦子さんの本がきっかけで

フッと思い出し 戸棚を探してみたら・・・

ありました ありました

かの向田先生と同じく

食べ物と家族(特に父親)がよく登場してるのです。

もちろん向田先生みたいに文才はないけど・・・

でも いろんな事を思い出してしまいました。

若かった頃の両親が

劇団を受ける時の父の言葉が

アタシが生まれたときのみんなの喜んだ姿が

紹介した恋人にケチをつける父が・・・・etcetc

古くなった原稿用紙にいっぱい詰まってました。

そのうち、少しずつこのブログにも

紹介しちゃおうかなぁ~

ペンネームは《こっちだくにこ》あはっ。

  

とにかく アタシは一人で生まれたわけじゃなく

勝手に育ったわけじゃない。

こんなに 大勢の人と関わりながら

こんなに大きな愛情に守られながら

現在があるのね・・・って

当たり前のことだけど

今宵 しみじみ思ったわけです。

 

リビングで母がひとりでお茶すすってます。

ちょっと行って 話しでもしてくるかな・・・

  

  

  

  

|

雨あめふれふれ 母さんが♪

この童謡は きっとみなさんご存知ですね。

♪ 蛇の目でおむかえ うれしいな~

アタシの部屋の今月のカレンダーには

このあとの歌詞に こう書かれています。

♪ ピンチ ピンチ チャンス チャンス

  ランランラン ♪

  

ピンチはチャンス。

そう捉えましょう 

この苦境も きっといつか アタシの栄養に。

  

  

  

  

 

|

まだまだ続く心配事

叔母が思った以上の復活を遂げているので

昨夜は一安心ではありましたが・・・

「今日の昼の便で帰るからね」と母に電話したら

「あら!どこにいるの?いま」とのんびり声。

朝から思わず声を荒げて

「何言ってんの小倉に決まってるでしょ

おばちゃんとこから帰るんでしょ

 

病院でドクターや介護士がついてる叔母は

まだ安心です。

母次子さんは・・・身体は元気。でも・・・

かなり進んできてます、ここんとこ特に。

妹がこんなことになったり

その現状を目の当たりにすれば

ショックも大きいのでしょうが

しかし、数日前まで一緒に居たのに

アタシがまだツアーで舞台やってると思ってる?

  

ちょっと自信ありません。

83ならある意味当たり前の現象なんでしょうし

それを真っ向からガミガミ否定しちゃダメなこと

頭じゃ解ってるんだけどね

母親のそういう姿って

きっと未来の自分とかを重ねたり

なんか必要以上に腹がたってしまうみたい

  

帰りたくない。

このままどこかに行っちゃいたい

正直言うとそんな気分になってます

 

神様!お願いばかりして申し訳ないですが

どうかアタシに

優しい心と余裕をお与え下さい

 

 

 

 

 

|

帰京日和?

九州地方は昨日夜半から大雨

天気予報のおねえさんが言ってたんで

いや・・・困ったな~と。

でもよかったよぉ~今朝は晴天です

ものすごく暑そうだけど・・・ね

東京も昨日は真夏日だったとか。

そして雨空は関東のほうに流れてるって?

どうするかなぁ・・・

 

実はですね・・・

何ていうんでしたっけ?ゴロゴロ転がす

スーツケースみたいなのあるじゃないですか。

この前のツアーで今年購入したばかりのソレ

壊れちゃったのですよ車輪が。

で、今回は仕方なくソレの前に使ってたのを

持ってまいりまして・・・なのにぃ~

そいつまでヘソを曲げて取っ手が

動かなくなっちゃった

腰は治ってないし

持ち上げて移動するのは到底無理だし

紙袋でも買って すぐ要るもの以外は

黒猫のにいさんに運んでもらうか・・・な。

 

どなたか 絶対壊れない機能性の高い

ゴロゴロかばん知りません?

このままじゃ つい捨てられずとってある

ゴロゴロでアタシの部屋は占領されちゃう

 

 

 

 

 

|

2009年6月23日 (火)

終了~!

今回やるべき事柄をリストアップしてきた

すべてのこと 終了~~~

「美沙さんホントに偉かった」と

自分を労いつつ早めの晩御飯です。

晩御飯は・・・デパ地下で買ってきた

諸々のお惣菜

お疲れ様ぁ~~!かんぱぁ~い!

今夜も外に繰り出すエネルギーまでは

ちょっと残ってないかもな

で、部屋めしです。

お風呂にゆっくり浸かって

明日からの自分のための力をだね

  

この5日で叔母はすごく進歩、変化しました。

1ヶ月前 意識がなかった人とは思えない。

叔母の生命力と頑張りにも乾杯!

善くて車椅子と医者には言われてたけど

ひょっとしたら杖ついて歩けるようになる

そんな予感がいたします。

 

でもど~しようッ!

すごい元気になって でも口だけ達者で

横浜の我が家に来ることになったら・・・

ええぇぇぇぇぇ~~~~

母と叔母、横浜の自宅で

二婆の面倒みることになるのぉ~

きゃぁぁぁぁ~~そりゃ勘弁してくれぇぇぇぇ~

 

ともかく

「頑張るからね~美沙緒も頑張ってね~」の

言葉に送られて帰京できるのは何よりでした

心配して応援してくださった皆さんにも

心より感謝!!

  

  

  

  

|

こんな時に不謹慎な話題ですが・・・

小倉での宿泊先はもちろんビジネスです。

グループで遊びに来てるふうの人たちも

いるには居ますが・・・

まあ いわゆる出張で来てるビジネスマン

(のように見えます・・・)

朝の軽食レストランは早い時間から

これから仕事で~すって人でいっぱい。

  

昨夜 荷物出しで汚れた服を持って

ホテル内のコインランドリーを

行ったり来たり

すると・・・・・

廊下で何人もの若く煌びやかな女性に

遭遇するのですな・・・・・・

コンコンとドアをノックし スゥ~ッと入ってく。

「ン?」

まっ いくら何でも アタシも大人ですから

どういうことか分ります・・・が

廊下をたった2往復する間に

3度も同じ光景に出くわし ちょっとビックリ。

世の男性はそんなに淋しいのでしょうかね

  

  

  

  

|

2009年6月22日 (月)

ひとりつぼ八

女ひとり 居酒屋つぼ八はないだろ~と

言われてしまいそう

外は雨だし くたびれてるし

まぁいいや~とホテルの下のつぼ八ご飯。

いや・・・ちと寂しいというか切ないですな・・・

ワイワイやってるグループや カップルに

背を向けて窓の外だけが酒の友みたいな

そんな席で・・・ひとりモツ鍋かいッ

  

毎日 暗いブログでごめんなさいね。

つぼ八にしてはまあまあの(失礼!)モツ鍋で

ちっと元気が出ました。

明日はニンニク臭いかもだけど・・・

 

おやすみなさ~い

明日もフル活動!寝ま~~~す!

 

 

 

 

|

うまく言えないけど・・・

体力はまだ十分に残ってそうなんだけど・・・

なんて言ったらいいのかなぁ

心が折れちゃった・・・って感じ。

運び出される荷物の山に心が痛い

箪笥の奥から出てくるアルバムは

アタシのまだ20歳にもならない頃の写真や

うちの娘たちの子供の頃からのものばかり。

そんな中に混じって

大嫌いになって別離れたと言ってた

若き日の旦那さんの写真。

箪笥のかげから現れた大きなポートレートは

アタシが18で劇団に入った時の・・・

そんなもんばかり出てくる。

  

見ていられなくて 銀行廻りをしたら

姪と言う中途半端な立場では

気が遠くなるような手続きが・・・待ってました。

法律やら規約やらでガンジガラメになりつつ

なんとかやれるとこまでやった・・・って一日です。

 

せかせかと町を歩きながら

気づいたら泣いてる自分が居て

また悲しくなってくる始末。

10年分くらいの涙を消費したこの数日です。

 

あと一日です。

明日は泣かずに やれるだけの事しよう。

病院のベッドで動けないでいる叔母ちゃんが

一番辛いんだから。

 

 

  

  

|

2009年6月21日 (日)

それぞれの暮らし方

潔癖症ではけしてないのだけど

毎朝 洗濯機を回しながら掃除機をかける

それがアタシのこの30年間の習慣。

掃除機かけて

とりあえず見えてるとこだけだけど

きれいになると ホォ~ッ

そこからなんとなく一日が始まるアタシの暮らし。

どうも このスタイルでないと落ち着かないのね。

  

叔母は そのへんのとこが

どうもアタシとは異なっていたらしいです。

ひとり暮らしは寂しいよ・・・と言ってた叔母。

彼女の部屋は 壁にも棚にも

ありとあらゆる場所に 人形やぬいぐるみや

写真や置物、造花 etcetc・・・

その隙間にいろ~んなものが

誰も文句言う人はいないのだから

そんなに一生懸命掃除しなくてもよかったのね。

でも部屋を撤去しなきゃならないアタシ。

どこから手をつけていいのか分らないほどの

大量の荷物にただ呆然。

そして何と言っても一番困ったことはですね・・・

大事なものがどこにあるんだか・・・

分らないのです。

銀行も郵便局も保険会社も

個人情報保護法とやらで

姪であろうと何も教えてはくれないのね

だって病気で口がきけない人だって

いるじゃないですか

意識がない人とかどうしろって言うんですかね。

 

明日 撤去のために業者が入って

もしその中に大事なもの紛れてたら・・・

アタシどうしたらいいんだろ

何か方法はないもんだろうかと苦悶しつつも

もう睡魔が襲ってきて・・・

ダウン寸前であります。

 

 

 

 

|

雨ふりです。

さすがに今朝は起きられませんでした。

なんとかシャワーを浴びて

ゆっくり仕度してるうちに頭が作動しだした。

さて 今日は日曜日。

役所だの銀行だの郵便局だの

廻らなきゃならないとこは明日の月曜日に

まとめて動こう

今日は一日叔母の傍にいることに。

病気なんだから仕方がないが

病院にひとりで居るのは本当に不安で

寂しくてたまらないだろうね。

昨日「また明日ね~」と帰ろうとする

母の袖を引っ張って

赤ん坊のようにワンワン泣いたらしい。

  

病院って・・・

身体を治すとこなんだけど

健康な人でも一日居ると具合悪くなる

なんでだろうなぁ・・・

早く元気になってもらって脱出させなくちゃ!

 

行ってきます。 

 

  

  

|

2009年6月20日 (土)

寂しかったのよね・・・

朝から 叔母の部屋をひとり黙々と片付けた。

夫も子供もなく 女ひとりで70歳後半を

迎え倒れた叔母。

公務員だったし、あの時代だから

結構な年金をもらい暮らしてたはず。

でも いつも「お金がない お金がない」と。

何に化けてたんだろうと思いながら

叔母の箪笥を開けてみれば・・・

洋服の山。

まだ正札のついたもの。

アタシには到底買えない高級そうな服。

その色はほとんどが目の覚めるような原色。

 

手が止まって・・・アタシは泣いた。

こんなものにお金を使うなんて!と思うより

こうやって寂しさを紛らわしていたんだな・・・

そう思ったら 堪らなくなった。

原色がますますアタシを悲しくさせた。

 

命は助かったものの

おそらく この先ずーっと車椅子の生活。

表に出て暖かい日差しを浴びることも

美しい景色を見に行くこともままならない暮らし。

色とりどりの高級な服なんて

なんの役にもたたないのに・・・。

 

涙がとまらない。

ひょっこり姪がやってきて

トットと片付けてるのを

「おばちゃんが可哀想やない?

そのままにしておいてやりなさい」という人々。

でも、誰が最後までこの叔母をみてくれると言うの?

無責任なこと言わないでください。

「治ってあの20年暮らした家に帰れる」なんて

そんなこと言わないで。

生きる希望を持たせるって

そんなことじゃない。

業者に運びだしてもらう 今では不要になった

叔母の山のような荷物の中で泣いた涙が

日記を書いてると また溢れてくる。

 

おばちゃん

頑張ってリハビリしてアタシんとこにおいでね。

住み慣れたとこを離れるのは悲しいけど

アタシ傍にいてあげるから・・・頑張ろうね。

 

 

 

  

|

暑いです!

今年はずいぶん涼しいなぁと思ってたけど

いやいや・・・九州は暑い

2週間まえに来たときはそうでもなかったけど

梅雨入りしたとたんにこの暑さらしいです。

昨日は31度っていってた。

今日も暑い一日になりそうです

そして忙しい一日に

少々 母や叔母に振り回されハイテンションって

わけにはいかない朝ですが

アタシの苦境を知った友達から今朝メールが。

「ツアコンになったつもりでハイハイ!って

ボランティアのつもりで乗り越えて」って。

無心になれる脳トレのサイトまで

送ってきてくれました

そうですな・・・

今日はもう少し大人になりましょう。

活動開始ッ

 

 

 

 

|

2009年6月19日 (金)

逆行してゆく人々

母上を介護しながら芝居を続けてた先輩が

「人間80超えたら神様なのよ」と

ワケのわからんこと言ってたことがある。

フゥーンそうかも・・・と思う日々。

うちの場合 神様にしては口答えが多いんだが

今んとこ神様とは言えないにしても

子供に帰ってすっかり逆行してる気はするなぁ。

樋口了一さんの歌は涙なくしては聴けなかったし

まったくその通り!とは思ったけど・・・

現実は超~~キビシイ

どうやったってあの通りにはいかん。

アタシなんざ人間できてないから

本日九州の地に到着するまで

どれだけ苛立ち ムカつき 怒り・・・etc

「3分ごとに同じ質問しないでくれぇ~!」

「聞いても結局解らないなら 聞くなぁ~!」と

ず~~~っと怒ってた

母本人でさえ「自分の頭の中を見てみたい」と

そう言うくらいなんだから

アタシにその複雑な脳の状態わかるわけない。

 

そしてそして・・・

仕事の合間をぬってきたアタシに

例の病床の叔母は

「アタシが退院するまで部屋片付けないで」と

きたもんだ

「もう退院するこたぁないんだよ」とは言えず

かと言って 家をあのまま放置するわけにもいかず

第一そのために来たんだよアタシャ

腰痛いのに

くそ忙しいのに

そのための後始末しに来たのにさぁ~・・・・・・

 

母も叔母も長生きはしてほしい。

でもワケが解らなくなるのはいやだな、自分は。

ピンピンコロリがいい。(そううまくいくなら)

母次子さんは言うのです

「呆けるのは嫌。でも死ぬのはもっと怖い」って。

アタシは・・・

死ぬのはそんなに怖くない。いつか死ぬんだし。

ただ そのときまでの生き方のほうが気になる。

子供を生んでおいてよかったとは思うけど

そのときがきても

子供の世話にはなりたくない・・・っていうか

それぞれの人生を生きていくために

それぞれが自分の後始末できるように

準備しなきゃな・・・って すごく思ってる夜です。

ああああああ~

明日は叔母の意志を無視して

片づけをせねばならん・・・

 

ふんッ!もう知るかッ!

片付けちゃえーーーーーーッ

  

  

  

  

 

|

じわじわっと・・・

回復しています、アタシの身体。

思ったより重症だったようですから

ジワジワッとではありますが

これから小倉に飛びます

機内での座り方やら 歩き方を

魔法使い1号に教わった通りに心がけ

頑張り過ぎず 頑張ってまいりましょう。

なんでもパパッというアタシの性格を封印して

ジワジワッとね

 

行ってまいりま~す

  

  

  

  

|

2009年6月18日 (木)

透明人間でござい!

稽古中はもちろん

舞台をやってる時の役者の心理は

たぶん そうでない仕事の人に理解してくれと

頼んでも無理なんだろうとは思ってる。

だけど この仕事って 

本当に普通じゃない心の状態になるわけです。

 

知り合いの俳優が 身も心もボロボロ

それでも すぐに待ち受けてる舞台を

なんとしてもやり遂げなきゃならん!という時に、

心配する奥さんとしては当然なのでしょうが

「今夜は何時頃?」「何が食べたい?」「大丈夫?」と

毎朝 彼に尋ねるのだそう。

彼は口を開くのも億劫で ただ「静かにしてて」と。

その一言普通の奥さんなら耐えられないだろうね・・・

愛してるから 心配だから 声をかけてるのに

「静かにしてて。放っておいて」は・・・ね。

 

でも 本当にそうなっちゃう時あるんです。

普通のお勤めの人だって

そういう事あるかもですが・・・

ナーバスになってる時の役者は手がつけられん。

  

アタシは この彼の状態 すっごく理解できます。

傍から見たら わがまま・身勝手・ひどい奴!と

お思いでしょうが・・・

アタシは 母にこの台詞 「放っておいて」を

この数ヶ月 何べん言いたくなったか

歳をとって 昼間ひとりで家にいる母にしてみたら

不安だろうし、話したいことも一杯あるでしょう。

それはよぉ~く解ってるうえで

「うるさぁぁぁーーーーい」と怒鳴りたくなる。

怒鳴りはしなかったけど 無言の抵抗してました。

アタシは透明人間でございます・・・って

部屋にこもって ほとんど人と口をきかず

可能なかぎり目も合わさず・・・の日々。

  

申し訳ないなと

少し舞台が落ち着いてくると そう思うのですが

それは もうどうにもならない心理状態で・・・

  

本来は淋しがりやで ワイワイしてるのが好き。

でも 舞台を前にすると人格変わっちゃうアタシを

理解してください!というのは

やっぱり身勝手な女

虫のいい話なんですかね

  

 

  

  

|

どんな魔法なの?

あの一歩も動けなくなった千秋楽の朝

パンポロリ~ンと魔法をかけてくれた

おやま先生のところへ。

なんせ明日から九州で戦いの日が待ってる。

飛行機に乗ったとたん 腰がガックリでは

話にならない。

九州行き、延期したかったのだけど

病院の都合や 家屋の撤去の期限もあり

行かなきゃならん!この悲しいサダメ

 

行きは娘が車で送ってくれた。

車の乗り降りはまるで腰の曲がった婆さん。

魔法使いの手にかかること10分。

アララ・・・またもやスタコラサッサ

いったいどんな魔法を使ってるんだぁ?

さて少し横になって身体をリラックスさせよう。

重力が一番かからず 骨が休めるのは

ド~ンと大の字で寝てること!と

どこかの先生が言ってたもんな

ちょっと失礼いたしま~~す。

  

  

  

  

|

眠り姫 目覚める!

合計睡眠時間16時間

こんなに眠れるものなんですね~人間って。

まだまだ眠れそうな気はしますが

優しく接吻して目覚めさせてくれる王子様も

あいにく居ませんでしたが・・・

起きてみました 自力で。

おぉ~ちょっと腰も良さげ。

まだ無理は禁物ですが

根本治療をしないとなりませんが・・・

歩けます、程ほどに。

ホッ・・・・・

睡眠ってすごい力持ってるのね。

「グダグダするのも悪くはないのね、ホントに。

布団のなかでいろんなこと考えられたし・・・」

と、ただゆっくり休養するということに専念できん

貧乏性のアタシではありますが

とにかく自力で起きて歩けることに感謝ぁ~

「おはようございま~す!」

 

 

 

 

 

|

秋のツアーにむけて

先日 友人のKさんが舞台を観に来ました。

なかなか芝居をみる目が鋭く、よく解ってる一人。

そのKさんが観終わったあとに全体の感想を。

 

日頃 手放しで「さすが美沙さんやわ~」と

言う彼女。(ちっともさすがじゃないんだが・・・)

その彼女が「いい役ですね。儲け役ですねぇ}と一言。

確かに 儲け役なんですわ・・・

しかし その一言のコメントから

まったく話は進まず・・・アタシは不安に

 

褒めてくれる人より

ハッキリものを言ってくれる人のほうが

アタシは信頼するわけです。

しかし「どうだった?」と聞くのも・・・ねぇ

本当は勇気をふるって聞くべきなんでしょうが・・・。

とにかく!とにかく不安になったわけです。

  

役を上っ面で創っちゃいないだろうか?

本当にリアルに役をつかみ

そこでアタシは生きてただろうか?

知らず知らずの間に雰囲気に流され

お客様の反応に惑わされ

根本のところが崩れてはいなかっただろうか?

ダンスや歌は 稽古を積み上げるうちに

その量の分だけちゃんと結果がでます。

でも 芝居は・・・本当にむずかしい。

もちろん稽古したり 本番をやっていくうちに

それまで見えなかったその役の持つ

大事な部分を発見することもあるし

量や経験は確かに大事。

でも どこかで方向を間違えるととんでもない事にも

なりかねないワケで

毎日 点検しているつもりでも

客観的に自分を見れないのが役者のような気が

するのですよね。

  

秋は1ヶ月ほどのツアーのあと博品館へ直行。

小屋は300と大きくはありません。

そこで リアルでない 嘘の芝居をしたら・・・

あぁぁぁー怖いッ!死ぬほど怖いです。

再び0から役を捉えなおしてみる必要がある

そんな気がしています。

  

  

  

   

  

  

  

   

|

2009年6月17日 (水)

眠り姫

姫と言うほど可愛くはないが・・・

眠りつづけてるアタシ。

治療から戻り しばらく横になるつもりが

目が覚めたらこんな時間。

あらぁ~8時間も寝てたの

少々お腹も空いてきたけど・・・

でもやっぱり 再び寝ることにしよっと。

昼間からこんなに寝たのは生まれて初めて

よっぽどくたびれてんだわね・・・

眠り姫は 失礼して寝ませていただきます。

 

 

 

 

|

介護するはずが・・・

介護されてます

心配した友達の美和子姫が鍼の先生のとこまで

で運んでくれまして・・・

ガタガタになってた関節をあれだけ動かしたのだから

痛いとか動かないのは当たり前なのかなぁ・・・

それでも この痛みに耐えられん

善いか悪いか知らないけど とにかく鍼治療に。

美和子姫が待っててくれてる間にコルセットを購入。

確かにあったはずのコルセット行方不明

探そうにも身体は動かず・・・で、また散財

この10日ほどで身体のケアーに使ったお金

約10万・・・トホホであります。

  

しかし いままでのツケが廻ってきたのだものね

しっかり身体を治して また働きましょう

今日は一日安静にして 横になっときます。

  

  

  

  

|

気が抜けた?

残念ながら 今朝もヤバイ腰の状態

二人目の魔法使いが言ったように

この腰痛と腰の悪さは20年越しというから

そう簡単にはいかないんだろうなぁ・・・

まぁ今日は踊るわけじゃないから

痛いのさえ我慢すりゃいいんだけど。

母の眼科に付き添わなきゃならない日だけど

なんとか一人で行ってもらおう・・・

ガンバレ!次子さん!

 

明後日からは小倉の叔母のとこへ

行かなきゃならない

小倉にゃ魔法使いいるだろうか・・・

  

舞台終って気が抜けた・・・というか

腰が抜けてる今朝のアタシ

ううううっっっ・・・痛っ

  

  

  

  

|

二人目の魔法使い

午前中に一人目の魔法使いと会った。

その不思議な魔法(治療)のおかげで

朝は前屈しての洗顔もできないほどだったのに

なんと!千秋楽無事にやれちゃいました。

事情を知らない人は

ぎっくり腰真っ只中だなんて全然分らなかったそう。

むしろ 「リラックス!リラ~ックス!」という

魔法の言葉に後押しされてか・・・

いつもより調子よかったかも

 

そして無事終演してから

今度はビバさまが手配してくれた

魔法使いのもとへ

これまた すごい治療でありまして・・・

すっかり普通の人になって

スタコラサッサと帰宅いたしました。

 

一日に二人もの魔法使いに会えるなんて

すっご~い

 

演劇の神様!

アタシを見守ってくれてありがとう!

心配し気遣ってくれた仲間たちありがとう!

ブログに励ましの言葉をありがとう!

そして

二人の魔法使いさん!

本当にありがとうございましたッ!

  

  

  

  

  

|

2009年6月16日 (火)

情けないねぇ…

だんだん歩行困難になってきて
今夜できなかったらどうしよう!と冷や汗がタラ〜リ。
これまで二度やったぎっくり腰。そのたびに治療に駆け込んだ先生は予約とれす。
困ったなぁ…と思っていたら制作の保坂さんから電話。
「説明できないけど不思議な治療。母のぎっくり腰はその場で治った」という治療院を紹介してくれた。
確かに不思議。アタシも説明できないけど。
身体が悲鳴をあげてたらしい。ダメな関節や骨を筋肉が無理矢理カバーして ついには限界って…ことらしい。
あーぁ…悲しいねぇ。
行くときは杖ついてたけど今はとりあえず程々に歩けてる。 リラックスリラックス。ひたすらリラックスして下さいと言われました。

ホッとしたら急にお腹がすいてることに気づいた。劇場近くまで辿り着いたのでまずは腹拵え。

リラックスリラックス♪ だいたいアタシったらリラックスできないまま舞台やってたんかしらね。
まったく!何年やったらリラックスして舞台に立てるんだろか(∋_∈)

とにかく今夜を乗りきろう!演劇の神様!どうぞアタシを見守ってて下さいませ。

|

や・や・やばい~!

本日千秋楽。あと一回。

なのにぃ・・・・ヤバイですぞアタシの腰。

ぎっくり腰やるまえのイヤ~な感覚。

ゆっく~りストレッチして モーラステープ貼りました。

神様!仏様!キリストさま!皆々様!

どうぞ今日一日が無事に終りますように

よろしくアタシをお見守りくだしゃんせぇ~

  

  

  

|

2009年6月15日 (月)

癒しの時間です

090615_135501

右から

愛する伊公子先生。またの名を小姑木村。

セレヴ勝野婦人は今月末からフランスの旅。

陰に隠れしは学級委員長と呼ばれる片倉さん。

このクラス最高年齢のおっとり三浦さん。

黒一点!無口?な森山氏。

大の仲良し美和子姫。

陶芸と日帰り旅行が趣味の谷山さん。

大姑一番元気な金橋母さん。

物静かで旦那思いの浮田さん。

  

身体が痛いのは 掃除洗濯でほぐれた。

心は・・・

久しぶりのパソコン癒し系クラスでOK!

実はさぼって

昼寝したいくらいだったけど

思い切って出かけてよかったよぉ~

 

サンキュッみなさん。

ついでに今日のおやつも載せちゃうっかな。

090615_135601

週末に旅行を楽しんだ仲間からのお土産で

10分間の楽しいTeaタイムでした。

ゴチッ!!

  

  

  

|

お恥ずかしや・・・

アレはどうやらハエの幼虫だったようです

あぁ~お恥ずかしい

インターネットであれこれ検索したら

どうもハエの幼虫くさい

おまけに友達の友達に この手のことに詳しき方。

そういえば最近小さいハエみたいなのが

  

再び すべてのものを引っ張り出し調査。

 

あっ・・・あっ・・・あったぁ・・・・・

これは一体なに?

密封されてるはずの保存用の瓶のふた開いてる

きゃぁぁぁぁーーー

これ以上説明いたしません

中身は・・・確か乾燥された豆だったはず。

怖い ひたすら怖い状況です。

  

これで 明日からあの子たちと

遭遇しないですむ?かなぁ

 

お騒がせいたしました。

今夜はエイリアンの出る夢を見そう・・・

  

  

  

|

どなたかご存知ありません?

アタシの留守中の出没しだした子です

Image2300

体長約1センチ。クリーム色。

一体この子ナニ

どこから現れるのか・・・いったい誰の子供なのか。

行動範囲は台所の壁や天井のみ。

きっと次子さんがベランダの花いじりのお土産に

たまごを持って入っちゃったんだろうと思ってたけど

どうやら違うみたい。

御殿場に行くまえに 戸棚の食器を全部出し

大元を発見しようと躍起になったのです。

そして帰宅したら・・・

3匹発見壁をノンビリ散歩してた。

コレって・・・壁紙の中とか 壁の隙間とかから

現れる子達なの?

それとも何か開封された粉ものから?

一体どこから生まれて どこから出てくるのよぉー

  

どなたか この子に心当たりのある方

いらっしゃいましたら教えてください!

毎朝この子と出会うたびテンション

助けてぇぇぇぇぇぇーーーー

 

 

 

 

  

   

  

  

|

全然起きられません・・・

どっか悪いんじゃないかと思うほど

全くもって起き上がれませんです

筋肉も骨もガッツリ!固まってしもて・・・

明日 北トピアがこのツアーの最後の舞台。

10時まで寝る!と決めてたけど

案の定 歯医者の予約をとってるという次子さんに

「起きなくていいのぉ?」と揺り起こされ

仕方ないからベットからズルズル~っと

明日は大丈夫かいな?と不安になりながら

とりあえずパソコンあけてボ~ッとしてます。

あっ!月曜日はパソコン教室だった!

行動しなきゃ!山のような洗濯物もあったんだった

  

生きてるって 生活するって

本当にやらなきゃならないこと満載

 

実は アタシの頭のなかは

公演が終ったら再び行かなきゃならない

小倉の叔母の家の処理でいっぱいなのね・・・

あの手続きあの段取りあの打ち合わせ

この先待ち受ける怒涛のような日々を想像して

ますます気が萎えてるアタシなのです

ちなみに昨夜みた夢は

ねじり鉢巻きで荷物の処分してる夢でした

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2009年6月14日 (日)

ラジオ体操第一

一緒に御殿場に行った長女のめぐ。

前日夕方に着いて ちょこっと温泉につかって

みんなでご飯食べて・・・

でもオーディションとやらがあるというので

妹アミの大会は参加せず 急ぎ東京へ

  

子供の頃は あんなに寝ぼすけだったのに

あらまぁ~ 目覚めたとたんに

6時からラジオ体操ですかい。

Photo  Photo_2  Photo_3

最近はレッスン三昧の暮らしのようで・・・

「美沙さん!一緒にレッスンに行きましょうや!」と

誘われておるのですが・・・

タップのレッスンだけでも悲鳴をあげてるのに・・・

ねぇ~ きびしいこと要求されてます アタシ

  

  

  

  

|

娘よ 貴女は偉かった?

エステの大会というから

アミも出場者か お手伝いかと思ってたら

あらまぁ~!

アミお嬢様ったら・・・偉かったんねぇ~

メイクアップアドバイザーとやらの肩書きで

壇上にいるかと思えば

メイクアップの審査員なんぞやってた

成長したのですね・・・

アタシの知らない間に。

090614_134702

お疲れ様でございました!

  

  

  

  

|

富士山のもとへ

富士山のもとへ
一年に一度開催される
娘のエステの大会がちょうどアタシの休みと重なった。
母と これまた休みが重なった長女と参加。
大会前日の昨日
先乗りして温泉に楗 天気はいまひとつだったけど
ホラ…富士山に夕日が沈みます。

|

2009年6月13日 (土)

固まってるぅー!

身体が

ことに上半身が固まっちゃってる

こりゃヤバイ

今夜の温泉に期待をかけてたけど・・・

とてもそんなんじゃほぐれなさそう

とりあえず 公演が終るまではいいっかと。

妙にほぐしたら グニャグニャダンスになるかもと。

タイミングを狙ってたんだけど・・・な。

でも もうダメーーーー

すっ飛んでマッサージと鍼に。

ふぅ~っ・・・ちょっとはマシになったかも。

 

これから御殿場までひとっ走り

温泉が待ってるよぉぉぉ~

行ってきまぁ~す!

 

 

 

 

|

手紙  親愛なる子供たちへ

年老いた私が ある日

今までの私と違っていたとしても

どうかそのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても

靴ひもを結び忘れてもあなたに色んなことを

教えたように見守って欲しい

あなたと話す時

同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末を

どうかさえぎらずにうなづいて欲しい

あなたにせがまれて

繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は

いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しいことではないんだ

消え去ってゆくように見える私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に

私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには

思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり

様々な理由をつけていやがるあなたとお風呂に入った

懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ

旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り

飲み込むことさえ出来なくなるかも知れない

足も衰えて

立ち上がることさえ出来なくなったなら

あなたがか弱い足で立ち上がろうと

私に助けを求めたように

よろめく私に 

どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり

自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのは

つらい事だけど

私を理解して支えてくれる心だけを

持っていて欲しい

きっとそれだけでそれだけで

私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに

私がしっかり付き添ったように

私の人生の終わりに

少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで

私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って

笑顔で答えたい

私の子供たちへ  愛する子供たちへ

                       樋口了一

090613_004201

  

すごく売れているCDなんだそうですね。

現実に 母のことや病気で倒れた叔母のことで

走り回るアタシ。

ゆうこちゃんがそんなアタシにコレくれました。

 

母次子さんがこの頃よくこう言います。

「私の頭の中はどうなってるんだろう

かち割って見てみたい。哀しいねぇ・・・」

誰でも歳をとるんだから仕方ないじゃないと

一言で片付けてしまうアタシには

まだその哀しみが

本当には解っていないのですね・・・

  

誰にも公平に訪れる老い。

本当には理解できてなくても

その心だけは優しく支えてあげられる

娘でいなければなりません。

次子さん 一緒に顔晴ろう!

 

 

 

 

|

泣きながら・・・

片付けたよ・・・

090613_000801

これが本日の限界

寝ますッ!

嫁がほしい・・・

 

 

 

 

|

2009年6月12日 (金)

ヘロヘロォォォ~~

体力残ってなくたって!

気力があれば大丈夫!!・・・と思ったけど

  

あきましぇぇぇ~~ん

  

クタクタのヘロヘロでござんす

  

舞台終ったとたんドタッと倒れこんでしもた

 

舞台を観てたマネージャーの中澤女史は

「あらぁ~そうなんですかぁ?

みなさん軽々とタップ踏んでるように見えたけど」

 

そりゃあ本番は死んでもやります!

軽やかに?かどうかは知りませんが

  

崩れ落ちそうなアタシをみて

中澤女史は「渋谷まで」と言ったのにもかかわらず

横浜の自宅まで送り届けてくれました

ありがとぉぉぉー

 

その上 旅先からの巨大な荷物をほどき

呆然としておるアタクシめにございます

090612_233501_2

あぁぁ・・・ほどかなきゃよかった

これ片付けなきゃ寝れないよぉ~

お風呂に入ってビール飲んで

寝たいよぉぉぉーーー!

 

 

 

 

  

  

  

  

|

舞台のマナー

自分で気づいたというより

たぶん 若いときに先輩に教えられたことの

ひとつなんだろうと思います。

本番中の舞台でのアタシたち役者のマナー。

 

袖にいて働いてるスタッフの方は

みんな黒一色でいます。

ほら・・・黒子っているでしょ?

あの理屈だと思います。

最近でこそスニーカーという方もいるけれど

履き物はたいていは雪駄を着用。

道具を暗転中に出したりするときに

できるだけお客様に見えないように

靴音がしないように・・・そういう配慮でしょう。

  

袖でスタンバイするアタシたち役者も同じ。

お客様にチラリと見えたら興ざめ。

舞台なかで演じている役者にも

できるだけ見えないように配慮するのは

一緒にやっている者として当たり前のこと。

第一 黒の衣裳ばかりじゃないわけで。

身を潜めて 息を潜めて 出を待ちます。

私語はもちろん、足音には過敏なくらいに気をつける。

音のする たとえば今はタップシューズなわけで・・・

アタシは大急ぎでない限りスタンバイする位置まで

できるだけ裸足。移動は音楽が鳴ってる時!と

基本的に決めてます。

ついでに言えば・・・

土足や 楽屋で履いてるスリッパでは

舞台上を歩きません。

だって・・・トイレにも履いていくスリッパでしょう?

それで舞台を歩くのは・・・変だしご迷惑

神聖な舞台 板の上ですから。

 

やっぱり よく思い出せば

劇団時代の若くて何も知らなかった頃

先輩に怒られたりして学んだことなのかな・・・

  

昨日たまたま若い女優さんとそんな話を。

アタシが教えてもらったことを

また教えていくのは大事なことだなと思って

朝から こんなブログでした

  

  

  

  

|

劇場入りのまえに一仕事!

3週間ばかり自立を強いていた母次子さんの

病院への付き添いからスタートですぅ~

ちょっと物忘れがひどくなり

ひとりで行っても「先生の言ったこと忘れちゃう」って。

まあ83歳にもなれば そりゃ当たり前。

自然なことなんですよね・・・

でも これが親子の生せる業とでも申しましょうか・・・

アタシは始終ガミガミ言っちゃうわけでして

自分だっていつかそうなること

育ててくれた人にこんな言い方しちゃいかん

重々解っちゃいるのだけど・・・

なんだか妙に腹がたち怒ってばっかり。

なんでだろ・・・結局・・・

まだまだ人間出来てないアタシでございます。

   

てなわけで 超早起きしてしまったアタシは

このブログを更新し

今朝は親孝行らしきことをチビッとし

そして

板橋の公演に出かけま~す。

本日の舞台が無事に終ったら

3日間の休み。

娘に付き合って 御殿場の温泉へ~

こういう付き合いは大歓迎

きゃっほぉぉ~~~

  

  

  

  

|

2009年6月11日 (木)

帰宅いたしました。

しかし やっぱりですねぇ~

舞台というのは使ってるエネルギーが

ちょっと尋常ではないのねきっと。

あれだけ台所に立ちたいと思っていたくせに

まったくダメです。

な~んにも思いつかないし

やりたくもない

結局 娘に迎えに来てもらって今夜はお好み焼き。

このあたりでは評判の店で

いつ行っても入れなかったんだけど

今夜は幸運にも!待ち時間なしで

あ~美味しかった。

もう眠たいです・・・このままコックリと

夢の世界へ行ってしまいそぉ~。

明日の 板橋の公演が終ると

あとは1ステージを残すのみの春のツアーです。

体力はちょっと限界に近づきつつあります。

気力はまだバッチリ!ですがね。

鍛え方が足りないのか ちと歳なのか・・・

  

よぉぉぉーし明日のために寝るぞッ

「アミちゃぁ~ん!(娘の名前です)

寝る前に 足もんでぇえぇぇ~~~

  

  

  

  

|

ジンジン ズキズキ 痛たたたぁ・・・

090611_004401

朝からすいません!こんな写真で。

踊ることを生業にしてる人って

本当に大変だな・・・って思うのであります。

もともとダンスとは無縁でいたアタシ。

と言うか・・・逃げてたのね

去年の12月から始めた

生まれて初めてのタップのレッスン。

ほとんど毎日カタカタやってた

膝はカクカク足はパンパン腰は痛し

半年たったけど ちっとも上手くなりませんなぁ

昨日の2回公演のあとは さすがに

ジンジン痺れてました・・・アタシの足。

痛いよぉぉぉぉ~足や指にできて硬くなり

あちこちに定着してしまったこのタコ

本当のダンサーたちは

こんなの身体の一部になっちゃって

当たり前のことなんでしょうねぇ・・・

 

痛いけど・・・

「楽勝」って顔して 船橋最後の舞台

顔晴ってきま~~~す!

 

 

  

|

心から嬉しかった大入袋

こんなことを言うと

本当に演劇界の実態を知らないのね

怒られそうですが・・・

年間250ステージとかをやってた四季にいて

いつもお客様がいっぱいという状況に居たアタシ。

いや・・・いつもそうとは限らず あたし達役者も

チケットをお願いに方々参りはしましたが・・・

 

でも 今回 全国を廻らせてもらいながら

各地の演劇鑑賞会という団体が

一生懸命に演劇の灯を灯しつづけようと

努力して下さっているにもかかわらず

だんだんと会員が減っていくと嘆く話を

あちこちで耳にしました。

これは 日本経済の問題もあるでしょうが

やはり あたし達演劇に携わる者が

もっと良い作品を もっと真摯な気持ちで

創っていないからだと・・・思いました。

 

今日の船橋の公演で心から嬉しかったこと

それは会員の方が増え

ステッピングアウトを待ちに待っていたと

仰って下さったことでした。

そして このツアーで初めての大入袋。

これは本当に嬉しかった

090610_162702

本当にありがとうございました!

ひとりでも多くの方に

この作品をお届けすること、

ひとりでも多くの方に

何かを感じていただける舞台を創ること、

毎日 努力していきたい!と心底思う夜です。

明日も満杯の船橋の公演。

一回一回の舞台を 大切にお届けできますように。

  

  

  

  

|

2009年6月10日 (水)

芝居創りって・・・

何が一番大切だって思いますか?

アタシは劇団四季で大切なことを

本当にたくさん教えてもらいました。

  

まず 基本が大事だということ。

家を建てるんだって 土台がシャンとしてないと

どんなに素敵な家でも崩れるのは目に見えてる。

それと同じです。

本に書かれていることや

役に要求されてること・・・etc

それを伝えるためには

まず絶対基本的なことが大事。

 

だから そのためには

俳優としてやらなければならんこと

いっぱいあるのでして。

役者として日々訓練することは当然のこと。

作家が書いたことをきちんとお客様に伝えるには

それをすっ飛ばしては出来ません。

間違いなく基本!とアタシは思うわけです。

その土台の上に表現があるのだと。

役作りは自分を主張するのではなく

役を生きること。

それが演じるということだと

アタシは思うのです。

 

そのうえ

演ってる人も観てる人も 生の人間。

そしたら 絶対アタシ自身が見えてるわけで。

だから・・・すっごく怖いです、舞台に立つって。

毎日の生き方や人生が見えちゃう

何となく楽しいとか 好きとかでは

絶対ダメなんだよなぁ・・・ってよく思います。

  

それから なにより大切なのは

その作品や その役に 愛を持つこと。

今の自分に満足したり 慢心しないこと。

いつも今日の自分を点検します。

 

今夜 晩御飯を食べながら

すっごく熱く芝居のこと話してたら

めずらしくこんなブログになっちゃった

 

ステッピングアウトの春のツアーも

残すところ あと5回!

一回一回を大事に!

少しでもお客様に何かを感じてもらえる

そんな舞台にしていきたいです。 

 

  

  

|

2009年6月 9日 (火)

はしゃぎまくるオバサン軍団

温泉三昧のこのツアーの最後の日田。

かやうさぎを堪能したあと

舞台監督の樋口さんお勧めの焼肉屋さんへ。

「草鞋みたいなのをお願いします」と言えという指令。

 

うわっすごい

お母さんが用意してくれた草鞋肉?

良い感じに脂ののった上等のロースです。

日田は豊後牛でしたっけ?

なんともまあ 美味でございました。

しかし焼肉のあとは・・・

臭いまする~

再び宿にもどってひとっ風呂

で お言葉に甘えて ビバさまのお部屋の露天に!

アホみたいにはしゃぐ

リカさん 榛名さん アタシ。

ビバさまが携帯のカメラでパチリ

まったく色気のない入浴シーンですいません

おばさん軍団 はしゃぎ過ぎました。

  

  

200906072341

  

  

  

  

|

2009年6月 8日 (月)

またまた食べ物でごめん!

福岡のアイスといえば《白くまアイス》

で、この前ヘトヘトになってホテルに帰る途中に

見つけちゃったよぉ~《黒くまアイス》

090604_231301

フルーツ入り黒蜜のアイスでやんす

思わず買ってしまいペロリと食った

やっば~い

ただいまアタクシ・・・胃拡張

  

  

  

  

|

いつかまた訪れたい町 日田

たっだいまぁ~

おぉ~っ!すごいッ!

どんな有様になってるかと玄関を入れば・・・

我が娘も 我が母も しっかり生活していた様子

きれいに片付いています

帰宅したアタシを気遣って

きっと忙しいなか お掃除してくれたのねぇ~

ありがとう!ありがとう!感謝です。

  

さて

アップ出来なかった 優しい町 日田の写真を。

090606_172501

宿の窓からの景色です。

なんとも言えない 心が穏やかになるこの景色。

しばらく眺めておりました。

090607_110301

日田はかつて九州の玄関口だったこともあるとか。

裕福な家が沢山あって

お家の幅や屋根までの高さにあわせて

わざわざ京都にこういう雛人形を注文するんだって。

ちなみに宿の玄関に飾られたこの雛飾りは

五人囃子ではなく、七人囃子でした。

090607_203903

そして今朝ブログに書いた琴平かやうさぎサン。

あまりに気持ちが良くてお風呂の写真撮りそこなった。

これはフロント横にきってある囲炉裏。

古くて新しいステキな宿でした。

泊まりたかったなぁ~

お風呂あがりに河原に出たら

  

ひゃぁぁぁ~~~

ほたるの大群です。初めて見たぁ~

本当に幻想的で

ちょっとジブリの作品の中に居るみたい。

ほたるはチカチカと光を発して

まるでみんなでオシャベリしてるみたいでした。

一年に二週間くらいだけ見られるその時期に

この風景に出会えて ラッキーでしたわぁ~

   

  

  

  

|

羽田空港到着!

さて いよいよ福岡を離れるというその時に「福岡空港近くの小学校で20人のインフルエンザ発生!」という情報。

ヒェーッ(≧ω≦)b寄りによって空港近くってか?
全員カバンからマスクを取りだし 一気に怪しげな集団に。
ホントに人騒がせなインフルエンザであります。
備えあれば憂いなしではありますが…果たしてどのくらいの効果があるんでしょうかね?日本中 行く先々でインフルエンザ発生!のニュースに追いかけられてる感じです。

さて一晩だけではありますが 久しぶりに自分の寝床に帰れます。

|

日田の自然とみなさまに「ありがとう」

九州出身にもかかわらず 生まれて初めて訪れた日田。
九州地方独特の明るさと元気をもらいました。
今日は久しぶりに東京に帰ります。だから たぶんこのツアー最後の温泉♪って張り切って乗り込んだ《琴平温泉かやうさぎ》 最高!のお湯でした。
そして初めて見たほたるの大群♪すっごーい!携帯のカメラでは撮れなくて…あの幻想的な景色をみなさんにお伝えできず本当に残念。

とりあえず東京行きの飛行機に乗ります。帰宅したらいろんな写真をアップしますね♪

|

2009年6月 7日 (日)

早朝散歩

早朝散歩
川辺りをゆったり歩いて朝の新鮮な空気を身体中に吸い込んで…
仕事じゃなくて ポケーッとしに来たい日田の町です。

|

2009年6月 6日 (土)

大好き!ちび餃子!

大好き!ちび餃子!
肉まんも好きなのですが その親戚みたいな餃子も 死ぬほど好き!
ことに肉は少なめ皮が薄い、ちびっこいのが好き!

舞台監督の樋口さん(元々日田のご出身)のご実家は《ジャングイ》という餃子専門店。楽しみにしてたのですよぉ〜!
やばし!明日の衣装は入るのか?! 何人前食べたんかなぁ〜?

|

あらまッ!どういたしましょ!

遊びに来たみたいなこんな温泉宿のひろーい部屋。目の前には たゆたゆと流れる川と穏やかな景色。 (後日アップいたします!)
なんだか仕事に来たんじゃないみたい。
残念ながらインターネットは部屋ではつながらず、ちょいとズボラして携帯から更新しとります。

スリッパ4つあるから本当は4人部屋?それにしても 絶対早起きして散歩したくなる風景にトロロロロ〜ン(*^m^*)

ビジネスホテルに慣れてしもたアタシには何だか嬉しいような、落ち着かんような(^_^;)
しかし…夕暮れの群青色の空にはうっとりしましたわ。

|

さて今日は!

九州唯一の公演地 大分の日田に

参ります。

本日の公演は演劇鑑賞会の主催でなく

一般公演。

久しぶりにずっと会ってなかった友達や

かつての四季公演で応援して下さってた方

いろんな人と再会できそう

  

昨夜 大きなお風呂にゆったりつかったせいか

よ~く眠れた模様。

おかげですっきりと目覚めた小倉の朝です。

お天気はどことなくドンヨリとしてます。

まぁ仕方ないですね・・・そろそろ梅雨入りかな?

  

午前中に叔母の主治医に会って諸々の相談。

昼過ぎに博多に向かい空港でみんなと合流です。

  

写真は数日前に東京に戻るのホームで

「行ってらっしゃぁ~い」と手をふってくれたメンバー

090604_122901

「よぅ来んしゃったねぇ~ 待っとったとよぉ~」

休みを休みらしく過ごせないアタシを

気遣ってくれた仲間たちを

懐かしい九州弁で迎えましょうかねぇ

  

  

  

  

|

2009年6月 5日 (金)

ちび玉兄弟だったのかぁ。

いっぱいノボリが立ってたんで誰が誰だか判らなかったけど

スーパー兄弟南條影虎と龍美麗という二人が その昔《ちび玉兄弟》と言われた二人だったようで。

090605_204801

いつの間にあんなに大人になってたのぉ〜?
なかなか色っぽい。影虎くんのほうは踊りが得意とみえる!

しかしなぁ…
グッズ販売はちょっとタイミング早くない?あと二曲ずつ演 ってからでも遅くないんじゃなかろ〜か。購買意欲のないオバチャンたちはそそくさと一時避難。「だってねぇ〜毎回団扇買うて家中うちわだらけやけ〜」と言うとったよ。

ちび玉がこのブログ見てるわけはないけど…お節介を承知で言わせてもらうけど…

団扇に直筆サインするとか、サイン入りポスター販売とか…

なんかちょっと労力使ったほうが売れると思うけどなぁ。

それから これまたお節介だけど…グッズ販売に浅草の雷おこしはどうよ。

一袋千円はちと高くないっすかね?

|

旅役者南條兄弟

ホテルの小さいお風呂ではとても今日の疲れはとれない。
それで近くの健康センターに。
あらまっ!意外にも天然温泉ですかい? しかしまあ ひろ〜いお風呂にはアタシひとりきり。

それもそのはず。宴会場のようなところにはジイチャンバアチャン、いや若いお嬢さんたちが溢れてた!
見よ!スーパー兄弟南條影虎と美麗。いや…アタシは知らないのだけど、この兄弟のこと。しかしいま第一部の芝居が終わり、これから二人の歌謡ショーなんだと。きゃっ!ラッキー!
あぁ…だからお風呂ガラガラだったんかぁ。
さて第二部が始まるようですわよ〜。

|

すっごい生命力!

脳梗塞で倒れた叔母に付き添って

一日が終わりました。

「美沙緒が来るまでは死なない!」と

言ってたそうですが

18年前に末期の乳がんも乗り越え

今日に至るこの叔母の生命力には

驚かされてしまいます。

「悪運の強い女じゃな」と言ったら

笑っておりました。

  

どうやら彼女の本心は

晩年をアタシや母(母が姉にあたります)と

過ごしたいらしい。

このハードな仕事をしながら

母と叔母のふたりをみるのは無理ですが

どうせ施設にお世話になるなら

目の届くところが善いのでしょうね。

九州にひとりで置いておくのは

いくら何でも忍びないです

子供に恵まれず 今や一人暮らしの叔母。

アタシを養女にと思い可愛がってくれた人。

こちらに呼んで時々は会いに行けるのが

叔母を引き取るのは

母のとってもベストなことでしょう。

 

正直に言えば 母だけでもシンドイことあります。

でもね・・・アタシはそういう星のもとに

生まれたのかもって気がします。

少なくとも「美沙緒のとこに行く!」という

次の目標ができたことで

リハビリ頑張ってくれたらいいな

 

叔母にリハビリで履く可愛いシューズを

買っていきました

  

  

  

  

  

   

|

インターネットで再購入!

いろんな土地に行くと

どうしても欲しいものを発見しちゃう。

うどんやゆず酢もそうですが

このゆずジュースにもハマッテしもた。

090601_110101

もちろん無添加です。

ゆずの絞り汁とはちみつ、そして海洋深層水。

ちょっとお値段高めですが

十分価値あり!

帰宅したら絶対ネットで注文しちゃうもんねぇ~

  

  

 

 

  

  

  

 

|

鳴門の渦潮!

って思って列車のなかで騒ぐアタシたち。

でもどうやらアタシたちが見て騒いでた

あのクルクルっていうの違うらしい。

潮の流れが変わったその時に見えるんだって。

タイミングが違ったかぁ・・・

本当の渦潮ってどんなんだろ 残念・・・

090604_113903

でも その気になって列車の中から撮った

瀬戸大橋からの眺めで~す。

 

追伸 そんなアタシたちみたいな人のためか

   「今がシァッターチャンス!」とばかりに

   列車は眺めのよいとこで速度を

   ゆるめてくれます。

    ありがとうございました! 

 

 

 

 

  

  

  

|

さっきからゴォーゴォーと・・・

何の音かなぁ・・・

さっきからゴォーゴォーって

くたびれてるのに眠れないよぉ~気になって

街の騒音かしら?

・・・・・・・・

・・・・・・・・

判明ホテルの部屋の隣から・・・ゴォ~ッ!

叔母ちゃんの見舞いや雑用で

ホテルなんて寝るだけだからと

またまたケチったアタシがおバカでしたね

壁が薄すぎぃぃぃぃぃぃ

オヤジの鼾がうるさ過ぎ?

明日も走り回らなきゃいかんのになぁ

  

  

  

  

|

2009年6月 4日 (木)

臨月のお腹だわ・・・

共演者のリカちゃんが

「こんな旨いうどんは食べたことないッ!」と

昨夜から騒ぐもんで

一足先にホテルを出てそのうどん屋に

090604_103702

  

う・う・うま~~~い!

ザルを食してまだ飽き足らず

「お母さ~~ん!次は何をお勧め?」

で・・・朝から

090604_104201

二杯目はしょうゆうどんで~す

うどんは勿論だけど この柚子酢

090604_110501

たまりましぇ~~~ん

お土産と自宅用に大量に購入。

ひゃ~っ!また荷物増えちゃった。

そして・・・鞄もこわれそう

  

あっ・・・アタシのお腹も今にも破れそうです。

  

  

  

|

男子出産

Photo_3

なんとも愛嬌のある息子でしょ?

  

自宅に居るときの日曜日は

大量の野菜を買いに朝市に行くのです。

地場の新鮮な野菜が格安で買えます。

この子はある日の朝市で見つけました。

見つけたというより

なんせまだ暗いうちからの買い物なんで

形状がよく判らないこともしばしば。

家に連れ帰って発覚したこの形

大根太郎くんという名をつけ

お顔を画きまして ベットを作って寝んねです。

わが息子のように愛しくなって

ついには最後まで食べることが出来ませんでした。

いつかブログでデビューさせたいと

思っておりまして 

可愛いでしょ?うちの息子。

  

  

  

  

|

2009年6月 3日 (水)

丸亀城散策

090603_140501

高~い石垣の上にございます。

門をくぐって説明書きを読んでたら

地元のおじさんが

「上まであがって是非見ていきなさい」と。

おじさん曰く

「この丸亀城には三つの日本一がある!」と

ひと~つ!

日本一高く積まれた石垣。

ふた~つ!

日本一深~い井戸がある。

み~っつ!

日本一ちっちゃこい天守閣。

ついでの おまけ・・・

つい最近までお城の入場料金が50円。

日本一安かった!とさ。

090603_134001 確かに高い石垣。

090603_134301

見晴らしよ~し!

月見には最高のロケーションらしく

月見櫓とも呼ばれてるんだそうで。

この山は《飯野山》別名《讃岐富士》

手前を土器川というのが流れてる。

「丸亀は何もない町」と地元の人。

でもゆったりして好い町ですよ。

ちなみに天守閣までは行きませんでした。

だって・・・・

こんな看板見たら ひとりじゃ怖すぎ

090603_133601

どうやって注意すんのさぁ~。  

  

 

 

 

  

  

  

  

|

どちらを向いても・・・

090603_104002    090603_103901

うどん屋ばかり

アーケードを歩けば・・・

100メートルの間にうどん屋さん5軒はあったかな?

ほら・・・

また出ましたぁ~

090603_103801   090603_104001

いくら讃岐うどんが好きでも

全部を食べ比べるのは無理でございました

 

さて 丸亀に到着。

劇場入りまでまだ時間があるし

朝食のうどんがまだ消化されたないので

お昼には早いし・・・

丸亀城の石垣でも見物してきますかね

  

  

  

  

|

中日打ち上げ

榛名さんがみんなにしてくれた

おそろいのTシャツを着てはしゃぐ

ステッピングアウト美男?美女?の集合写真

20090602214727_2

ビバさん ご馳走さまでした!

  

後半戦も元気に明るく

みんなでいい舞台創っていこうねぇ~~

いよいよ本日の須崎が四国のラストステージです。

  

  

  

  

|

2009年6月 2日 (火)

高松終了しました。

高松の二日間の公演を無事に終え

あとは 明日の丸亀で四国は終了です。

今夜は《中日打ち上げ》ということで

スタッフさんたちの作業終了後に

みんなでパーティー

シャワーでも浴びて

たまには化粧のひとつもして

出かけますかね・・・

なんだか普段の化粧しなくなり

作品は《ステッピングアウト》だけど

アタシたち毎日《すっぴんでアウト》だわね・・・と

反省することしきり・・・。あはは

 

ほんじゃ 行ってきま~~す

  

  

  

  

| | コメント (0)

懐かしい友に会ってきました♪

2年くらい前まで四季で

全国営業やってたわかなちゃん。

現在は 本日の小屋アルファあなぶきホールの

文化事業部にいて地元で演劇活動を推進中。

四季時代にお世話になった父上や母上と共に

終演後ワイワイとごはん会

まずは再会を祝してかんぱ~い!

旅公演は ほんとにいろんな人とあえるのが

最高ッス

そして 舞台を愛してくれる方々と

しばし楽しく演劇談議を。

皆が舞台をこよなく愛し 育み

大切に思っていることに本当に感謝!

せっかく観てもらった今夜の舞台・・・

アタシ的にはちょっとアクシデントあり

でも わかなちゃんに

「明日の高松は万全」なんて

調子にのって大口たたいた

 

はいッ!万全であるように

最高だったね~と自分でも言えるように

  

はいッでは寝ますかねッ

おやすみなさ~い。

  

  

  

 

  

  

  

  

|

2009年6月 1日 (月)

さてさて

ながらく滞在した高知をあとにして

今日は高松入りです。

美味しいもの満載

あたたかい拍手をいっぱい下さった

高知のみなさま!ありがとうございましたッ!

昨夜はめずらしく「くたびれてるなぁ・・・」と

感じたアタシ。

ホテルに散らばってる荷物もそのままに

ぐっすり眠っちゃいました。

おかげで   復活

暦をみれば今日から6月ですよねぇ~

ひゃあ~もう6月 なんと早い時間の流れ

とにかくすでに夏のような暑さの四国。

不要になった洋服だの

昨日朝市で買ったものを荷造りして

一足さきに自宅に送ってしまわなきゃ

さあ!トットと行動いたしましょう!

GO!GO!GO!

  

  

  

  

|

さすがに少々バテてきたぁ~

たいして踊ってるわけじゃないのに

足がパンパン腰も痛~い

なかなかハードな舞台です。

四国は休みなしの7回連続公演。

ちょいとバテ気味かも

 

四国のあとに予定されてた神戸がなくなったんで

みんなはいったん帰京して大分に出なおし

アタシは先に九州入りして

脳梗塞で倒れた小倉の叔母のもとへ。

ソーシャルワーカーとかいう人と

今後の相談やら 転院の手続きやら

話し合いをしなきゃならない。

しかし・・・困りましたねぇ・・・

小倉から一歩も出たことのない叔母を

いまさら東京に呼ぶというワケにもいかんし。

長生きしてくれるのはありがたいけど

本当に日本の現実は 老老介護と言われる昨今。

アタシの周りにもたくさん居ます・・・

おじいちゃんが おばあちゃんの面倒みてるとか

100歳に手が届きそうなお母さんの面倒を

80近い娘がみてるとか・・・

少しまえまでは他人事のように思ってた。

いやぁ・・・母だけでも大変~と騒いでたけど

正直もうひとり増えるとなると

アタシャ想像しただけで立ちくらみ

  

あぁ・・・もう何も考えないで今夜は寝ようっと。

   

   

   

  

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »