« ヘンリー・モス観劇 | トップページ | 飾りじゃないのよ入れ歯は♪ »

2010年8月29日 (日)

可能性の宝庫

ずいぶん失礼な言い方ですが

「学芸会の延長みたいな舞台だったらどうしよう」

心の中に かなりの不安と、

「でも 若さと 舞台への情熱が伝わればOK」

母親が 子供の初舞台を観に出かける気分。

観に行きました 

響人アンダーグランド《ブレーメン》。

 

そりゃ うまい役者なんて出てないのだけど

そこには 何か確かな清々しさが存在してました。

たった1,2年の俳優トレーニングを受けた子たち。

このトレーニング法はアタシも受けたことが。

『こんなトレーニングで

果たして芝居なんかできるようになるのかな?』

初めてワークショップに参加したとき

いままで体験したことのないトレーニング法に

戸惑いつつも 心が解放されていくのを

しっかり感じてたアタシ。

 

「失敗は挑戦の産物だ」

年明けから始まった稽古は まさに

その《大きな挑戦と失敗》で溢れていたそうです。

出来ることの100倍 

出来ないことがあったのだと。

でもそれは 同時に《可能性の宝庫》だったと

彼らは語ります。

8か月の稽古を経て 幕を開けたブレーメン。

2階の隅っこの席で

その《可能性の詰まった宝たち》を見つめてるうち

初舞台を踏んだころの自分を

あの新鮮でまっすぐだった自分を思い出しました。

舞台に立つうえで一番大事な事を思い出しました。 

そして

彼らのやろうとした挑戦が実を結びつつある事を

嬉しく思うアタシがいました。

 

アタシが 好きではないと感じる役者・・・

作品ではなく 自分を見せようと躍起になる俳優。

隣に存在する相手役を信じない俳優。

相手の芝居までこうあるべきと決めてかかる俳優。

それから何よりも

作品や 舞台に 

愛を持たずに平気で演れる俳優。

 

響人アンダーグランドには

そんな人存在しませんでした。

 

技術はまだまだ未熟かもしれないし

作品として まだ未完成の部分が残っているけど、

響人アンダーグランドを立ち上げ、

情熱と愛をいっぱい抱えた若者たちに

心からエールを送りたいと思います。

若い俳優の卵たちから沢山学んだのは

アタシだけではなく

それを引っ張って行った

光男や大豪たちかも知れない・・・

そんなふうに思った 昨日の観劇でした。

 

 

 

|

« ヘンリー・モス観劇 | トップページ | 飾りじゃないのよ入れ歯は♪ »

コメント

本当にとても素敵な舞台でとても素敵な時間でした(^^)
みささんとは直接ご挨拶はできませんでしたが、気付いていただけたような…
次の響人の舞台も楽しみです。

投稿: りら | 2010年8月29日 (日) 13時08分

12月の公演は アタシも参加できるかもです。どうぞお楽しみに

投稿: Misa | 2010年8月29日 (日) 14時33分

みささんは特別室にって係の方が。おみかけしないので2階かな?と思いましたが、まさかホントにあそこにしゃがんでいらっしゃったとは。さすが響人!

学芸会の延長とは思いませんでしたが、演劇部の公演みたいな印象を持ったのは、あまりにも若いからでしょうね。下は高校生くらい?

うまい役者はひとりもいないとも思いませんでしたが(笑)、レッスン生に限らず、大人役の皆さんも自分達のポジションへのプレッシャー、これまでにない経験に何度も押し潰されそうになったことでしょう。みんな、噛み噛みしながらもよく頑張ってらした。熱意は伝わりました。

あの中から何人が抜き出て来るのか。彼女達の初舞台?を観たことが、いつの日か自慢話になることを期待します。

前説も面白かったですねー。どなたのお子さんでしょう。もしもDVDにするなら是非、前説からと願います。


投稿: かおりん | 2010年8月29日 (日) 19時36分

前説があったのですかぁ?知らなかった
それより何より!モーラステープを渡そうと思いあちこち見てたのですよぉ~ 特別室なんてあるワケないじゃないですか~…響人の人が気を使ってそう言ってくれたのですね、きっと。あぁ~~鞄の中にまだモーラスが。どうしましょう…渡したかったのに。どうしますぅ~?かおりんさんと共通の友人Uちゃんに渡そうかなぁ。
あっ…あの出演者には中学生が居りました。芝居は、表現は「うまい」ことが一番ではないと学びましたわ。12月は是非!アタシも参加できそうですから。さあ!大変だぁ~~!死ぬ気でやるぞぉー

投稿: Misa | 2010年8月29日 (日) 20時53分

昨日はご挨拶はできませんでしたが、2階席にいらっしゃったみささんをちらりとおみかけできて嬉しかったです
勢いある舞台だなあって感じました
「うまい」かどうかはわからないですけど、いつもの響人のように心に響く舞台でしたストーリーも面白くてぐいぐい引き込まれました

そしてそして、12月出演されるのですか?
うわあ、ますます楽しみです

投稿: そら | 2010年8月29日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘンリー・モス観劇 | トップページ | 飾りじゃないのよ入れ歯は♪ »