« 老化防止には見栄をはれ | トップページ | 存在価値 »

2010年8月25日 (水)

敵機来襲ー!

ひどいじゃないか・・・

アタシは武器を持ってない。

持ってるものといえば、

右手に日傘 左手に東急ストアの買い物袋。

今 自分を守れる状態じゃない

吊革にさえ掴れず、満員電車で身動きも出来ん

なんせ・・・Y線の夕方のラッシュ

車窓にひろがる田園風景。

ならば、君たちが乗車券も買わず勝手に乗ってきて

アタシを襲うこともありうるのだろうけど・・・

なんでアタシばかり狙ってくんのよぉー

「ぷ~~ん」 アタシの顔の周りを飛んでる

突然 不意打ちの敵機来襲だ

「やめてくれ~~!頼むからぁ~~!」

SMAPの中居君のように

下唇を前に突き出して 

「フゥゥーー!」と思いっきり顔面に風を送る。

とりあえず敵機の姿は・・・消えた・・・

が!すぐさま 耳元に「ぶぅ~~んぶぅ~~ん

「すわっ!敵機は2機かッ!?」

人はアタシを何だと思ったろうか・・・

満員電車で勢いよく首の運動するオバサン何者?

縦に横に ブンブン首をまわして敵を遠ざける。

ん・・・?物音はしない・・・

本当に・・・・・あきらめたのだろうか・・・。

 

N駅で電車を降りた。

どこだか判らないくらい あちこち痒い気がする。

 

「やられたぁー」アタシは見事な負傷兵。

あんなに中居方式の風を送ったのに・・・

しっかり頬っぺた食われて「プックゥ~~ン」( ^)o(^ )

ただでさえ太い二の腕も なんと3か所もやられて

ますます巨大になってるではないか

 

夏のローカル線

「いやだッもう絶対乗らないッ

 

 

 

|

« 老化防止には見栄をはれ | トップページ | 存在価値 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老化防止には見栄をはれ | トップページ | 存在価値 »