« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年宴の巻

いつもの年なら グループ分けする忘年会。

今年は ギリギリまでアタシがどっぷり芝居漬け。

そのために一度で終わらせようと試みた会は

本当に足の踏み場、通り道さえない有様

リビングからはみ出た仲間たちは

アタシの部屋、台所、果ては廊下にまで陣取り

飲み、かつ食い、喋りまくり

最後はコンサート会場のごとくギターで歌いまくる。

アタシにしても「ひゃぁ~5年ぶりだね」とか

「はじめまして~」という 

誰かが連れてきたみたいな人も居たわけで・・・

とにかく集客数は我が家始まって以来の忘年会に。

会費を入れた缶カンを見れば

40人を超える大・大忘年会だった様子。

明け方 酔いが醒めて帰宅した人も居るらしい。

(アタシは朝からの食材との戦いで疲れ果て

2時に勝手に寝てしまったため状況把握できず

只今リビングに夜を徹して喋ってた人が爆睡中。

寝息だけがあちこちから聞こえてくる。

その眠りを妨げては悪いから

アタシはといえば自室にこもりブログの更新中。

 

あっ・・・コメントのリクエストに応え

1枚だけ慌てて撮った今年のバイキング料理を。

 

 2010

まだ途中経過の段階ではありますが・・・

記憶にあるメニューを列記しときましょう。

だんだんレパートリーが減ってきてますが

 

大根とチーズとハムのミルフィーユ風

スモークサーモンの小ネギマキ

スペアリブ  ローストビーフ

カリフラワーのミルク煮

叉焼  角煮  コロッケ&メンチカツ

はんぺんとオクラの梅昆布あえ

タンドリーチキン  定番ひじきサラダ

これまた定番 豆ときのこのサラダ  

小ねぎ&じゃこ&焼き油あげサラダ  

オイルサーディントマトソースグラタン

鯛のカルパッチョ 蛸のラー油ソースがけ

鶏のマーマレード煮  鶏の黒酢煮

具沢山トン汁  ピザ2種類

あぁ・・・もう何作ったか忘れた

三宮の友達は 朝から並んで某有名店の叉焼、

広瀬は自ら台所に立ち本格的なカレー、

敬子ちゃんは聖護院大根の煮物など4種の料理、

お持たせも有りで テーブルには載りきらず。

 

今朝のゴミの量と 洗いそこなった皿を見れば

「どんだけぇぇぇ~~」みたいな宴のあとです。

 

 

 

| | コメント (3)

2010年12月30日 (木)

まるで給食室

あふれる野菜と肉と魚

間に合うのだろうか・・・

あぁ~昨日のうちに下拵えしておいて

ホントよかった・・・

40人分って半端じゃない。

家にある鍋釜すべてを総動員~

大皿もありったけ~

それでもみんなの口に全ての料理はいかないネ。

まさか角煮だって40個は無理だし・・・

早いモン順です、食べたいものは。

参加のみなさま、お早いお出でを~。

参加できなかった友達から送られてきた

お酒なんかも溢れかえり・・・

今朝我が家の台所は完全に給食室になってます。

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

年に一度のご近所同窓会?

子育ての時期に住んでいた川崎の郊外。

山の尾根道に面した

ちょっと下界から遮断されたような場所に

暮していた。

そのころの近所友達が 年に一度集まる。

もう すでに誰もそこには暮らしておらず

それぞれが違う地域に居るにもかかわらず

毎年12月29日はその集まりがある。

今年は 松尾んちが「宴会場作ったから!」と。

行ってみたらビックリの山小屋風のリビング

自宅の隣を買い上げて 2階をワンルームに。

なんとまあ・・・豪華なこと!

大人ばかり、夫婦ペア参加のすき焼きパーティー。

(あら・・・アタシだけシングルかいな残念)

まあ、そりゃどうでもいいわい。

気兼ねのない言いたい放題の4時間

   101229_181901

平均年齢60歳くらいかなぁ?

あの頃はみんな若くて 皆で協力して子育てした。

アタシはつくづく人に恵まれてると改めて感謝する。

今の環境も然り、そしてこの仲間たち。

そういえば・・・

あの時代にヒットした《金妻》にアタシ達は夢中で

勝手に「アタシは石田あゆみタイプだ」の

「アタシは森山良子のノロだ」のと言ってたっけ。

その金妻の影響でなぜか金融公庫からお金借りて

庭を整備し、パティオとやらまで作った。

バーベキュー用の炉まで作ってしまった我が家。

知らぬ間に その庭は 春は花見

夏はビアガーデン

日常も夕方になると犬の散歩のついでに

ひょいと皆が集い、ワイワイやってたっけな。

あぁ~懐かしい。

仲間達も時を経てかなりのオジサンオバサンだが

いつまでもこうして29日に集まれるといいな

 

 

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

眠らない都会

ただでさえ 渋谷や新宿の人混みには

圧倒される田舎者のアタシだが・・・

すごいなッ!暮れも押し迫ったこの街は

ハチ公のまえは身動きできないくらい

「すいません!すいません!」と言って歩く。

どこからこんなに人が溢れてきたの?

しかも ほとんどが20代かいな?

楽しそうやねぇ~・・・よく分らんが。

電車の時間を気にしつつ 友達と話をし、

「バイバイ」と帰りの電車はもうそりゃスゴイっ!

読みかけの本を読もうなんて そりゃ無理ね・・・

で、目を閉じた。ギューギュー詰の車両の中。

 

アタシは 網棚に寝そべってる。

そのギューギュー詰めの人々を見下ろし

まるでハンモックの上に居るみたいワオッ!

(いや 実際はアタシの身体は収納できんが)

『あら・・・あの人大丈夫?立ったまま寝てる?』

『いやぁ~何もこんな混みあってる中で

愛を確かめあわんでもよかろう、お二人さん

目を閉じていろんなもの視てるアタシ。

そして楽ちんハンモックで揺られながら

『なぁんだラッシュの時はこの手があったんだ

と、妙な妄想をしてる。

自宅の最寄り駅に着けば

なんだか静かだねぇ~この町は。

ほろ酔いで家路につくおじさん。

広場でスケボーしてる少年たち。

さっきまでの喧騒が嘘のよう。『ほっ。。。』

駅前のイルミネーションがアタシを迎えてくれた。

101229_002601

やっぱり都会はダメだな、アタシ・・・

酒にはさほど酔わなくても 人混みに酔ってしまう。

程々に静かなこの街がアタシには向いてるらしい。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

癒しと修正の日

まずはマッサージに。

この前の続き。身体完全に修繕しとかなきゃ。

大掃除や年賀状書きやらで また身体バリバリ。

絶対にそうなると予測してたんだよね~

だからすでに予約済み

元気になったと自分じゃ思い込んでたが

昨日久しぶりに会った人に「大丈夫?」と。

思ったより疲労はとれてないらしい。

そしてその足で まつ毛のエクステへ。

アロイシスのために引きちぎった?エクステ修復

不自然に全部無理やりとったので

今回は7300円じゃすむまい・・・とほほ。

今回は大事にしよぉ~と。

それから 帰りに大忘年会用の野菜と肉確保!

今日のうちから下拵えの必要なものはやっとこう!

で・・・

夜は渋谷へ。こちらも癒される方々との会食。

 

今日の一日は《癒しと修復ディ》

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

終わりなき戦い

どうしてこうも次から次へ・・・

やり始めると いくらでも出てくる片付け事。

銀行に行けば長蛇の列ゆえ

もういいや!と挫折してしまいそう。

もうあと5日で今年も終わり。

世の中のお父さんたち

「一年間お勤めご苦労さまでした。

でもお母さんたちの家事労働も労ってあげて」。

本当に際限と言うものがないのが家事です

やらなきゃやらんでも済んでしまうが

やっぱり家族が気持ちよく毎日を過ごせるよう、

ことに新しい年の初めに向かってのこの数日は

まさに戦いでありますね~主婦にとっては。

おせち料理だけは 例年通り作る予定なし。

またもや季節料理ならお任せの敬子ちゃんが

我が家の新年の食卓を飾ってくれるでしょう。

 

しかし・・・もういい加減にしとこうかな・・・

本当に終わりのない戦いになりそうだから。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2010年12月26日 (日)

さすがに眠いですぅ~

絶対に仕上げてみせる!

今日やると決めたことはやるんだからッ!

大方の大掃除と、年賀状の作成、

玄米酵素のお客様への新年のご挨拶通信作成。

これが昨日 自分に課した仕事でした。

ちょっとばかり欲張り過ぎたきらいはあったけど

なんせ やってしまわない事には年が越せない。

いや 安らかに眠れない!(困った性分だわ・・・)

予定を先送りにすると気分が悪いので

ちぃーっと頑張って年賀状印刷まで!OK!

あとは一言ずつでも書き添えなきゃ。。。

というところで すでに3時を廻ってた。

おぉ~ いくらなんでも無理 無理 無理

明日にひびくし、体調崩して寝正月なんてイヤだし。

「あんたはエライ!!」と自画自賛して寝床へ。

 

はぁ~~ しかし、さすがに眠くなってきた・・・

でも 年賀状書きあげなきゃ!です!!

そして夕方からは。。。

DOUBUTで共演できた山崎佳美ちゃんが出る

お母さんたちのコンサートに参ります

 

 

 

| | コメント (0)

朝いちの大型スーパー

朝っぱらから コストコに行ってきた。

すっかり忘れてたけど 実は来週は目白押し

ほら・・・なんか忘年会シーズンでしょ?

「相手変われど主変わらず」とはこのことです・・・

事務所仲間と、かつての近所主婦連盟と

仕事がらみの打ち合わせを兼ねた飲み会と・・・

そして極めつけが30日の

我が家が会場となる《恒例みさ亭大忘年会》

DOUBTで頭がいっぱいで すっかり失念。

今回も響人の打ち上げを兼ねて

誰でも参加型の毎年の行事なのです、これ。

賄い料理人はアタシ。

しばらく台所にまともに立ってなかったから・・・

ちと心配なのだけど

とにかく 献立だけは考えたので

コストコに大量買いに走ったわけであります。

いったい何人集まるのやら

いやでも走り回るように出来てる暮れです

 

 

 

| | コメント (3)

2010年12月25日 (土)

ちょっと珈琲ブレイク

はぁ~~~

やり始めると日常の雑事ってこんな多いんだ。

次から次へ洗濯するものは出てくるし

壁だの戸棚の扉だの拭きはじめたらキリがない。

台所はあと冷蔵庫の掃除のみ・・・

しかし、これが一番やっかいなのねぇ~

こういう日に限って 電話は鳴り続けるし

人の出入りも半端じゃない。

換気扇 お風呂場 リビング一応

自分の部屋は後回しだな・・・

雑巾がけして今日のところは終わろうか

年賀状書かなきゃいかんしな。

 

珈琲ブレイクと言いながらパソコンに向かう・・・

そういうアタシって やっぱり貧乏症。

でも! 元気になった証拠だいッ!!

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

効力!

役1年ぶりにマッサージに行った。

すごいッ!みるみる元気になってくアタシ

ダッシュで混み合う銀行や郵便局をまわり

ダッシュで今夜必要なものだけ買い物し

ごはん食べたあと 急に思いたって窓を磨く

寒いから今夜は内側だけ・・・

明日の朝一で表も拭くぞッ!

ついでに台所とリビングのガラスやドアも磨いた。

おぉー!気持ちが良いではないかぁ~~

 

年賀状の束が気になるけど

今夜はやめておこう・・・眠れなくなりそうだから。

お風呂にゆっく~~り浸かって

ほぐされた身体をストレッチして

早く寝よう~~~っと。

 

あぁ・・・今夜はクリスマスイヴかぁ

しかしイヴの過ごし方 色っぽくないなぁ、毎年。

 

 

 

| | コメント (0)

動くべきか、止まるべきか・・・

あるがまま、心身が求めるままに居ようか。

それとも 無理矢理にも自分を鼓舞して

山のような雑事に立ち向かおうか・・・

どうしよっかなぁ・・・いつもなら後者選択に。

しかし今回はちとワケが違うという程の疲労感。

ジムに行って鍛えるよりマッサージを選択したい。

絶対的にメンテナンスが必要になってるこの体

どうしてもやらなきゃならない次子さんの薬とか、

空っぽの冷蔵庫の補給とか、

もうそれ以外は 自分を許してやろうかな。

 

多動症と笑われるアタシもさすがにヤバイ

 

  

| | コメント (2)

ただいま弛緩中・・・

昨日は弛緩しっぱなしのアタシ。

とりあえず昼から洗濯と掃除はしたものの

(なんとか住めるように・・・くらいだけど)

日常と向き合わないで年の瀬という訳にいかん。

大掃除も年賀状書きも 本当はやらにゃならん。

が・・・まだその力は湧いてこない、どうやっても。

夕餉には 観に来てくれた友達が

クリスマス・イヴイヴ兼アタシのお疲れ様会を

企画してくれ、沢山の友達が集合。

ボォ~ッとした顔で出された料理を無心に食べ

かつ飲み・・・疲れたら人の家なのにソファで爆睡。

どうかなっちゃったのかと思うくらい

身体がずーんと勝手に沈んでいく感じ。

瞼は常に重く、口はポカァ~ン。

《ただいま美沙さん弛緩中~》と笑われながら

DOUBT話や何やらで盛り上がるのを

とろとろと夢のなかで聞いてたアタシ。

この状態、戻るんだろうか・・・

やること満載のこの師走。大丈夫かいな。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

抜け殻・・・

あの夢はもう見なかった。

この場面は何 アタシはどうすりゃいいの

こんな台詞知らないよぉぉぉーー

連続7日間見続けてたあの夢・・・さよならぁ~。

頭のなかで消しゴムが一気に働いたとみえる、

今朝はまったく出てこないアロイシスの言葉。

鏡のなかの顔つきが変わってる。

どうも打ち上げの時すでに変わってたらしいが

楽屋の撤収。道具のバラシと搬出。

頭を使わず ひたすら身体を使ってるうちに

アロイシスはアタシから去って行った。

本来のアタシが戻ってきた・・・。

「美沙さんが笑ってる~」と仲間に言われた

 

舞台の千秋楽で泣いたのは初めてだ。

でも実は感動とか 達成感とかじゃない。

カーテンコールの拍手が鳴り終えて楽屋に入ったら

ミツオのでかい身体に飛び込んで泣いてた・・・

「もうヤダ。もうやりたくない。やっと終わったよぉ」。

 

抜け殻のようになってます、今朝のアタシ。

 

 

 

| | コメント (1)

終わり・・・

今夜は久しぶりに・・・

ゆっくり夢も見ず寝ます。

あぁ しんどっ・・・

おやすみなさいませ。

 

 

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

千秋楽!

いよいよとい言うか、ついに千秋楽。

しかし、まったく実感がわいてこない。

始まったという感覚もなかった代わりに

ついに千秋楽という実感もなしの今朝。

昨日の舞台は何とも集中力に欠けた舞台で、

終演後落ち込み激しく・・・

しかし えりこさん「こういう事も必ずあります」。

言い間違えようが 台詞をかもうが

そんなの日常みんなやってるじゃないの!

捨てる!捨てる!その瞬間は終わった!

私たちは 今その瞬間を生きるだけ!

「あっ!」と思ったら引ずらない。

押しまくらないで、一回引いて、40%でやる。

集中を再び相手に戻す!

大丈夫です!ここまで落とし込んだものは

そう簡単には崩れなーい!行けーーー!!

本当にお世話になりました。

本当にありがとう。

ともかくDOUBT千秋楽「行って参ります!」

 

 

 

| | コメント (2)

2010年12月21日 (火)

実感・体感

《アロイシスの日常を想像する》

これ数日前から続いてる宿題。

いつも厳格で厳しい顔つきの彼女も

どうやら園芸はそこそこに好きらしい。

(と、アタシは勝手に思ってる)

思ってるだけじゃダメかな。。。体感しようか。

少し寒いけど、次子さん担当のベランダの花、

慣れない手つきでちょっといじってみる。

あぁ・・・不器用なアタシ 

でもアロイシスも器用ではないな、きっと。

だけど 規律だらけの多忙な日々のなか

花を愛でている瞬間は少しゆったりした心だろう。

そしてまた 今日の空は最終幕にピッタリ。

コートとマフラーで重装備して公園に・・・

空の色、肌に感じる空気、足もとの土、枯葉。

鉄の女アロイシスも戦いを終え 時を経て

何を感じるのだろうか・・・「ふぅ~・・・」。

実感。そして体感。

直接 舞台とは関係ないようではあるけれど

「役を演じるのではなく そこに人物が存在する」

えりこさんの求めているものが

少~し見えてくるのかも。

 

 

 

| | コメント (0)

ようやくです・・・

「はぁーい!掴みましたねぇー!」

「本日ベストランだと思いますーー」

あぁ・・・ようやくかありがと、えりこさん。

今アタシが持てる力の全てはこんなとこかも。

正直これ以上は無理かも・・・です。

本当にまあ、濃い道のりございました。

それでも明日の課題と宿題は出ています。

しかし、またもや今夜は寝ます。

今夜はしっかりご飯も食べました。

本物のシスターじゃあるまいし

ちょっとあまりと言えばあまりの哀しい食生活。

友達と念願の焼肉を食べて帰宅。

なんかエネルギー補給されたっぽい

ぐっすり眠って 明日に備えます。

えりこさんの本日のお言葉は

「もう安心して。でも慢心しないで下さいねぇ~」。

はいっ!もちろん!慢心するほど才能ないし

しかし。。。それにしてもあと2回か。

寂しいなんて言ってる余裕もなしのアタシですが。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2010年12月20日 (月)

ぼぉ~~~

10時半まで爆睡。

世俗的なことは全部省いてのめり込み

身体はクタクタ。神経も休まりにくい。

みんな出かけてガランとなった部屋で

珈琲のみながら ぼやぁ~んと思う・・・

「アロイシスの日常」「アロイシスが笑う瞬間」

「アロイシスの捨ててきたもの」・・・・

そして、午後は昨日の課題にとりかかろう。

 

初日が開いたという感覚もなく続く毎日も

気づけばもう明後日で千秋楽ではないか。

おかげさまで チケットは楽の日の数枚を残し

立ち見も完売してしまってる様子。

有難いことだ。

この時代にこんなにお客様にきてもらえるなんて。

終わったら 抜け殻になりそうな感じだが

本当にこの作品、仲間、

そしてえりこさんに出会えたことはアタシの宝だ。

DOUBT あと3回。

 

 

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

出たッ!

まだまだ出るぞー えりこさんのダメだし。

2回公演が2日続こうが

こっちがヘタばっていようが「関係なぁーーーい」。

終演後、楽屋の退館時間ギリギリまで

出るぞ出るぞ~~ 新たな課題。

しかし、なんと耳のいい(と言うか五感が鋭い!)

しつこく追求する演出家でありましょうか・・・

宿題は《今日出したノートをクリアにすること》

そして《ボォ~っとその人物を想像すること》。

「明日は遅い入りにしますから必ず身体を休めて」。

いやいや。。。そうは仰いますが

そんなに器用な人間じゃございません。

今夜はもう寝ますが(寝ないと死にそうなんで

せめて半分でも出された課題をクリアにするべく

明日もまた戦いまするッ!

 

広瀬さん曰く

「幸せそうだねぇ~その苦しみ方」

はい・・・まあそうです。

今夜はともかく「おやすみなさぁ~い」

 

 

 

| | コメント (0)

一歩でも前に!

ここ数週間、夜中にハッと目覚める。

「えっ?これどこの場面?こんな台詞あった?」

ボンヤリした頭の中で

「夢だ夢だ、これは夢だ」と思う。

だってこんな場面ないし、台詞もない。

だけど完璧にリアルに出てくるアタシの夢。

もう半分やったのに、まだ悪夢の連続かい。

あぁこりゃDOUBT病だ・・・

 

昨日でちょうど半分終了。

もちろん朝から稽古ありの2回公演。

だけど・・・まだ届いていない、

えりこさんの考えるダウトに。

そしてアロイシスに。

いろんなトライの仕方を示唆してくれる。

同時に「美沙さんは素晴らしい!」と勇気も。

本当に涙が出そう。

あと5回。少しでも前に進みたい。

すこしでも良い舞台創りたい。

苦しいし、逃げたくなることもあるけど、

でも これがアタシの仕事。

 

 

 

| | コメント (7)

2010年12月18日 (土)

今日の宿題

最終場から読んでみてください。

劇の着地点から読んでみると発見が。

何か見えてきます。

 

今夜 終演後に出たえりこさんからの宿題。

はい。読んでみました、9場から。

発見があったかどうかは・・・頭ではわからない

でもたぶん 明日の舞台の糧にはなるでしょう。

物語の冒頭、導入部は確かに難しい。

劇には起承転結があります。

が、この話の場合 まだ決定的事件は起きてない。

「なんだか気がかり」「なんだかモヤモヤ」

それと同時に 人物の関係性。

それと同時に アロイシスの考え方人生観。

絶対的な核となるもの。

ひゃぁ~ やっぱり難しい

お客様に早く解けてほしいけど

あまりに近い客席と舞台。

こちらも緊張するが あちらも大変だろうな・・・

そのうえ アタシは怖ーいシスター。

ますます客席との距離が出来る感じ。

でもなぁ・・・もっと頭は日常会話として始めたい。

これ アタシが悪いんだよな・・・何かが足りない。

んんんんんーーー 

幕が開いてるのにまだ悩みは続く。

終わりのない旅って感じです。

 

明日と明後日は2回公演だから休んでください!

えりこさん・・・そりゃ無理だ

ただでさえ 寝苦しい毎日なのに

アタシの旅は延々続いてるんですから。

 

 

 

| | コメント (1)

2010年12月17日 (金)

二日目落ち?

幕が開くと いわゆる二日目落ちというのが

通常 どんな舞台にもよくあること。

初日が開いた安堵感やら何やらだろうが・・・

今回はその《二日目落ち》と言われるもの、

たぶん。。。 見当たらない。

というか、あたしたち四人の出演者は

初日が開いたという実感や解放感なしで

「初日も二日目もな~んにも関係ない」モード。

今日の開演前もながーいミーティングと稽古。

しかし、だからこそ良かったように思える。

誰も安心はしていない。

誰もぬか喜びなどしていない。

たとえお客様の反応や評価が良かろうが

(もちろん「はっ?」と思ってるお客様も居ようが)

「まだ目指したものはもっと先にある」の

えりこさんの元、あたしたちは走り続ける。

確かにしんどい。かなりの疲労感。

でも、せっかく見つけかかってるこの何か!

絶対!絶対!自分のものに、

これからの力に、アタシはしていきたいのだ。

たぶん この毎日の稽古&本番

千秋楽までつづく事だろう。

役者としては幸福なことだと思う。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2010年12月16日 (木)

幕は開いた

が・・・

どんな出来上がりになってるのかは

全く分らない。

終演後 演出家小川えりこは憮然とした表情。

一応開幕したことの安堵感なのか、

ぜんぜん思ったようにいってないというお怒りか。

彼女の表情は読み取りにくい。

「明日 開演前にノート出しまーす」と一言

幕が開いても稽古は続く、

より完成度の高い舞台を求めて。

 

小劇場初体験のアタシは

今夜 客席の様子も分らず舞台に出て行った・・・

「うそっ・・・」ってなくらいのすぐ傍にお客様。

4つ目の壁を感じよう、お客様は味方、

そうえりこさんは言って開演前の客席の壁を

アタシたちに丁寧に触れさせた。

絶対的にお客が近いのは物凄いプレッシャー。

でも確実に彼らはアタシの校長室に共に存在。

正義を振りかざし神父を攻め立てる時

お客様の力を感じた。この人達はアタシの味方。

 

勝手に初日が開いたお祝いと

久しぶりにビールを飲んだ。

眠い・・・ゆっくり寝よう、今夜くらい。

おやすみなさい。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月15日 (水)

本日初日

しかし

けして気負う事なく

この数か月に注いできた持てるもの全てと

演劇への愛と祈りだけを胸に

平常心でのぞもう。

DOUBT 疑いをめぐる寓話

行って参ります。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2010年12月14日 (火)

さよならエクステ~

世俗的なものは全て置いてきた女は

まつ毛がクルリンとしていてはマズイ。

お客の前で恐怖のスッピンをさらすんだ。

だから まつ毛のエクステも無理やり抜いた。

さよならエクステ さよなら7300円。

構うものか!こうなりゃ何でもやってやるッ!

どうせもう嫁に行くわけじゃなし

正義を心に強く持ち、何もかもを捧げた女に

私は今あるものの全てを捧げよう。

 

怖い!怖い!怖い!

怖くてブルブルしてる。

でも もう逃げられない。進むしかない。

どうぞ神様!(こんな時だけスイマセン)

私に勇気を与えて!

 

 

 

| | コメント (1)

2010年12月13日 (月)

怖がらないで!

貸し稽古場での稽古は終わった。

今日から小屋の仕込み。

役者は それぞれがまだまだ取り残した事を

自分のものにしてから夕方IN。

あの小さな空間、

慣れ親しんでいるはずの校長室の壁や棚、

もっとも私が安心できるデスクや椅子の感触、

中庭の風景、窓から見える子供たちの姿・・・

そういうものを体感し、実感し、落とし込む。

大劇場に慣れてる私には

すぐ目の前、すぐ足元にお客様が居る事を

全く意識せずに いかに自意識を捨てるか、

これもまた大きな大きな課題だ。

《四つ目の壁》というのだそうだ。

校長室にいるのだから四方を囲まれてて当然。

咳払いが聞こえようが携帯が鳴ろうが

それは壁の向こうで起こってること。

ただひたすら 相手を信じ相手に集中しなくては。

 

「私の考えるアロイシスが居たよ!」と

最終稽古ダメだしでえりこさんが言ってくれた。

えりこさんは 新しいトライの仕方と

そしてなにより 信じる力や自分を許す力、

それから勇気を与えてくれた。

かなり辛い時間であったけど本当に有難かった。

残った課題を徐々にクリアにして

いよいよ舞台稽古に入る。

| | コメント (5)

2010年12月11日 (土)

集中ーーーー!

役者と演出家の脳はまったく違うのか?

客観性がないのが役者?

物事を、書かれた言葉の底をキャッチする、

そして客観的な視点で役者を動かし

劇を構築していくのが演出家?

人生こんなにながく生きているのに

書かれた台詞の奥底を読み取る事ができない。

そういう自分が情けくなる事しばしば。

かつて 劇団の演出家にも

「なんで読めないんだ!?」と指摘されたっけ。

役者と演出家は見ている視点が違うのだろうな。

アタシは思い込みが激しい。

新しい視点に立って考える、客観性を持つ。

そういう事が出来なくなるほど

まるで斜眼帯をされた馬のようになってしまう・・・。

今回 えりこさんとの出会いのおかげで

役者として必要な何かをもらえた気がする。

 

あと5日。

やるべきことは、今アタシの出来る限りの事は、

やってきたと思う。

集中だ。とにかく集中。

そして 仲間を信じ、自分を信じ、作品を信じ、

一歩でも前に進もう。

小返しのあと 夕方から3回目の通し稽古。

行ってきます!

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

ひゃぁ・・・

ブログどころじゃなくなりました正直。

でも「死んじゃった?」と思われるといかんので

一応 開いてみました。

昨日は 夜中まで稽古。

で、えりこさんの気づかいで今日は2時から。

稽古場より 自分で考えたり等々やること山積み。

一時たりとも 時間を無駄にできません。

朝も次子さんに自立してもらい

もうこの舞台の事以外はすべて勘弁状態です。

行ってきます!

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

寝た!寝た!寝た!

今日は夕方から2回目の通し稽古。

午後イチは アタシのシーンじゃないので

気合を入れて?寝坊してみた。

おぉー久しぶりの7時間睡眠 寝たぁー

 

通常の稽古なら

開演を目前にまだ通し稽古が2回目なんて

まず、あり得ないのだけど

えりこさんのやり方は いつもこうらしい。

流れでやってないことは正直不安ではあるけど

たぶん ワンシーンごとのきめ細かい作業の

この積み上げが作品を色濃いものにするだろう。

言ってみれば DOUBTはただの会話劇・・・

(新聞記者がそうおっしゃったそうな・・・)。

それをどれだけ一人一人の成長や変化として

客席に届けられるか・・・楽しみだ。

いや。

アタシ自身は楽しみなんて言ってる余裕なんて

まったくないんだけど

 

さて!十分な睡眠をとった頭と体で

通し稽古に挑んでこよう。

ただし、力まず。平常心で。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

情けなぁーーーい(涙)

いやいや稽古も大詰めとなり

まったく余裕なしのアタシ。

我が体力と、集中力の持続の低下に

かなりショックを受けています。

「あったりまえぇ~!休んで休んで!」

「一日九時間の稽古は本当は無理なんですぅ」

えりこさんは言いますが・・・

とてもじゃないが不安で不安で

おちおち休んでなんかいられない

ブログなんか書いてる暇はないと言えばないか?

でも 毎日つけてた日記の習慣みたいなもん、

それから ちょっと一瞬のリラックスタイム・・・か?

今日は 出番の半分の場面を小返し稽古。

細かく細かく、丁寧に積み上げていく。

ホントにまあ、難しい作品、難しい役です

明日の猛烈稽古に備え、早く寝ようっと!

・・・って・・・なかなか寝付かれないんだが

 

 

 

| | コメント (1)

2010年12月 6日 (月)

どっぷり生活

「げっ今日は5日家賃振り込んだっけ

「あっそうだヤバいアタシも

昨日の日曜日の稽古場での休憩中の会話。

頭の中はみんなダウトでいっぱいいっぱい。

「世俗的なことは全部おいてきました」という

アロイシスの台詞じゃないけど、

すっかり日常的にやらなきゃならない事を

み~んな置きざりにしちゃってる

まあ、芝居も世俗的といえば世俗的だが・・・

とにかく寝食を忘れるほど

この世界に没頭しちゃってるアタシたち。

今日は 初の立ち通し稽古。

なんかスゴイことになっちゃいそうな・・・予感

神様!我らをどうかお守りくださーーーい!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2010年12月 5日 (日)

自分を褒めてあげよう!

そういうつもりは全然ないのに・・・

出てしまう いわゆる《芝居声》。

50人だけの小さな空間に

嘘っぽい声が 妙に響き渡るのは

アタシだっていやだよぉーーー

大きな舞台では いわゆる台詞術を使っても

そこまでウソっぽくはならないのだろうけど、

この空間ではひどく違和感があるはず。

なにより 自分のなかに生まれたこの違和感。

感じているのだから一歩成長したと思おう

「どこが悪かったかじゃなくて、

今日の自分のいいところ探してあげて。

そして ほめてあげよう!」とえりこさん。

うん、うん、褒めてあげよう。

あと1週間で舞台稽古。

もう休みなしで本番に突入だな・・・

こんなに舞台のこと考え続け 集中してるのは

もしかしたら 生まれて初めてかも。

さて!行ってきますぞッ!

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

正解はないッ!進めー!

どちらかというと「器用な人」と言われる。

自分でも「そうかなぁ・・・」と思っていたが

でも、実は全然そうじゃないみたい

稽古場で初めてチャレンジすることには

臆病というか・・・単にへたくそというか・・・

とにかく パニくってほとんど見動きがとれない。

「頭で考えなぁーい」とえりこさんに言われるが

身体も心もすっかり柔軟性を失って

何を求められているのかを探ってる自分。

「なるほどね」と言って 果敢にやってみるミツオ

実に羨ましい。

「ある意味、美沙さんが長いことやってきた真逆を

求められてるんだから一朝一夕にはいかないよ」と

帰り道に広瀬に言われた。

そうだな・・・と本当に思う。

でも しんどくても夜中に台本ひろげた時に

「あっ・・・!」と発見できる瞬間の歓び。

そっか、そっか・・・これを言いたかったのかぁ。

えりこさんの言葉や アロイシスの心が見えてくる。

正しい解釈かどうかはわからない。

でも いいんだ!えりこさん曰く「正解はないッ」。

稽古場で恥をかくのなら怖くはない。

あと10日ほどで幕は上がるが

失敗を恐れずに 「やっちゃえ~」精神で進もう。

昨夜 沸々と湧いてきたものを試すのが

今日の楽しみに思える晴天の朝。

 

 

 

| | コメント (2)

2010年12月 3日 (金)

巨大な耳

ものすごく耳がいい。

一言だって、一瞬だって聞き逃さない。

ちょっと芝居モードになった時、

ちょっとその役や、言葉に流された時。

えりこさんは 敏感で巨大な耳を持っている。

「全然ちがぁぁぁぁーーーう!判るね?」

 

通常 人は相手の発する言葉を

「聞こう」としてるわけじゃない。

ただ「聞いてる」だけ。自然に耳に入ってくるだけ。

人に自分の意思を「伝えよう」とはしない。

ただ「伝えてる」だけ。

そして そこには コネクションというものが。

コネクションなしには何も成立しない。

台本に書かれている文章は確かに存在する。

でも そこに居て、そこで私が聞いて、私が応える。

簡単なことのように思えるのに・・・出来ない。

「頭で考えなぁぁぁーーい!」「はい・・・」。

解かっているつもりでも何かが私の中で構える。

耳は開いているようで 実は開いてないのかも。

いや・・・体で聞いてないのかも。

普段やっていることなのに・・・

それがなぜ出来ないんだろう・・・

何故 こんなに自由になれないんだろう。

「自分発信にならなぁぁぁぁーーい!」と

昨日もえりこさんの声。

自分発信で創っていたのがいかに楽だったかと

思い知っているアタシ。

この山を全力で越えよう。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月 2日 (木)

環境悪し・・・

みつおの場面から始めるから午後から。

しかし、家に居ても落ち着かない。

次子さんが ここぞとばかりに

べったりアタシに寄り添う。

話しかける。喋るか、鼻歌歌ってる。

寂しいのというオーラを出しまくる。

アタシは何にもできないし、イライラする。

次子さんに責任はないけど

ふんふんふん~という鼻歌が気にさわる。

「今の状況がわかってないだろうし、

この仕事のことも理解はしてないだろうけど、

それから いつも怒った顔してて悪いけど、

頼むから放っといて。

質問禁止。台本読んでる時の鼻歌禁止。

考え事としてる時に横でじぃーっと見てないッ!」。

ちょっとシュンとして、でもまたすぐ再開される

 

やっぱり もう出かけよう。

どこか 静かな店にでも入って復習だ・・・・

 

 

 

| | コメント (0)

今日のえりこ語録

ポコポコっ・・・シュワシュワぁ~

1個目。

ボコボコっ!・・・シュワシュワァァァ~!

2個目。

11時半帰宅。案の定ボォ~っとしたまま1時間。

いかんいかん!とりあえず風呂に入ろう

バブ10個くらい入れてはいりたーーーい。

2個じゃ足りなぁぁぁぁーい

踊ってもいないのに 身体がガチガチ。

湯船につかって 今日の稽古の事思い出す・・・

あれ?なんにも思い出せない

アタシ頭おかしくなってる

毎晩 こんな繰り返し。夜はもう絶望的。

いいやッ!明日明日!!

 

今日のえりこ語録のみがモワァ~と・・・

「自分で居られるって幸せですよぉ~~」

「セリフなんてなぁ~い!

相手の言った事が心に落ちて

美沙さんが応えてるだけぇ~」。

今日もえりこ語録炸裂。これもまた魔法。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2010年12月 1日 (水)

不安×不安×・・・

あり得ない

この時点でまだ台詞が完全に入ってない

たぶん 生涯で2番目くらいに台詞の量多し

おまけに 年々遅くなる記憶力。

あと2週間で幕が開くというのにぃーーー

いいんかいッ いや マズイだろっ

ここからの集中稽古の段階で、

覚えた台詞を羅列するんじゃなく

自由に存在し 相手からもらったものに応える。

そう・・・それが正しいことは重々承知してるが

わぁぁぁぁぁーーー

どうにも この不安拭えない。

夜中まで台本と格闘したが朦朧としてきて挫折。

今朝は5時に目が覚めて

昨夜の続きにとりかかる。

もう 掃除も次子さんのご飯も考えられん

どうでもいいッ!とにかく全精力を使って

この2週間を生きなければッ

間に合ってくれぇぇぇぇぇーーー

 

 

 

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »