« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

薬がなぁーーーい!

そろそろ無くなるからと思って

先週もらってきてた高血圧の薬

一週間分の小分けケースに入れようとしたら

「ないッ!袋ごとないッ!」。

勘違いかも知れないと思って家探しすれど・・・

「・・・ない」 一体どこへーーー

薬袋は触っちゃいかん!と言ってある次子さんに

「病院からもらった薬袋、知らない?

絶対に触ってない?持ち出してない?」。

が、ほとんど意味の分からない返答。

疲れ果て 次子さんの部屋を捜索すれば・・・

なぜか あってはならない薬のバラが鏡台に。

「知らない。誰かが勝手に持ってきたんじゃない?」

ンなワケないだろぉぉぉぉーーー

オオモトの薬袋はどこよぉぉぉーー

引き出しから箪笥から あれこれ捜索すれど

出てくるのはゴミの山。

なんで こんなとこにゴミ入れとくの

まったく関係のない事にまで腹が立つ。

とにかく困った・・・

血圧の薬 今後も飲ませなきゃいかんもんかなぁ?

薬のおかげかもだが 血圧は安定してる現在。

もういいよ!薬なんてもう止めさせよう、

探すのやめて床にへたり込んで思ってしまう。

薬を鍵つき金庫に入れろってか?はぁーっ

血圧降下剤とインシュリンは

始めたら一生止められないと聞いたけど、

もう 正直 腹がたって「薬なんかやめちまえー

アタシは疲れ果てている。

今朝連れて行った歯医者にも

「お嬢さん、歯も磨いてあげて下さい」と。

冗談じゃないよぉぉぉぉーーー

ずっとくっついて、ずっと見張ってなきゃいかんなら、

もうアタシにはお手上げです、この日々は。

親に対して言うことじゃないけど・・・

子育てと違って先が見えない介護とは、

あんなに尊敬し愛した日々さえ 

心の中で完全削除されてしまうらしい。

 

 

 

 

| | コメント (1)

芝居談義に花が咲く

「なんとも落ち着かない毎日ね~

「ホント ホント・・・たまにはランチでもする?」

「しよう!しよう!たまには美味しいもの食べて

思いっきり芝居の話とかしちゃう?

「賛成~~~」・・・ってワケで

話がまとまり 久しぶりに佳美ちゃんとランチ。

世のお父さん達が汗水たらして働いてる最中に

そのフレンチレストランは奥様グループだらけ

何も知らずに働くお父さん連には

いや真に申し訳ないこってすが・・・

「旨かった」。

110330_130701 イタリー語で

《西の英雄》という意味を持つあざみ野にある店。

  まずは前菜。産地にこだわる魚介や野菜たち。

  Photo_9

  私がチョイスしたパスタは 牡蠣と春菊ソース。

                 Photo_10

  肉はマンガリッツアポークのソテー。

Photo_11

  デザートはバニラのジェラード&苺。

                      110330_140601

     「はぁ~~お腹いっぱい」

そして 何より楽しかったのは花咲く芝居談義。

演出家小川絵梨子さんのおかげで

芝居へのトライの仕方に目覚めた私たち、

最近観た舞台の話やワークショップの話で

大いに盛り上がり「また一緒に舞台やろう!」

アッと言う間の2時間ランチタイム。

「次回はミツオのバルジャン見物だね!」と

尽きぬ芝居談義を終わらせ、

それぞれ 子供のお迎えや母のお出迎えに

超特急で帰宅いたしましたのでしたぁ~

 

 

 

  

     

  

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

86歳の誕生日

末次博文 享年68歳

生きていれば 今日が86歳の誕生日だ。

私の人生の師というか、カウンセラーというか・・・

独立して実家を出たあとも、

大きな壁にぶつかったり

人生のターニングポイントには必ず登場してた人。

頭脳明晰なうえに 愛情深い父親だった。

たぶん 世の中の男のなかで 

もっとも私を理解し 深く深く愛してくれた人。

的確なアドバイスがあまりにも的確過ぎて

「わかってるよッ!」と逆ぎれしたりもしたっけ。

私が落ち込んでるときは いつも二人でBARへ。

お酒の強い人で「よし!今夜はとことん飲め!」と。

若かった私も負けてはならじとこのオヤジと競争、

いつも完敗だったけど・・・

孫たちによく英語で話かけていたっけ・・・

若いころの仕事の関係で語学に長けていたため

時々寝言までもが英語だったりする不思議な人。

私が子供の頃にも

「これからは最低でも英語は出来なきゃいかん」と

孫たちにそうしていたように ペラペラと話してくる。

英語が苦手だった私はそれが嫌で逃げ惑う。

今 思えばちゃんと教えてもらっときゃ良かった

で、私の代わりに孫である娘たちに再び英語教育。

彼女たちも口を揃えて言う

「素直に聞いとけば今頃バイリンガル」。

 

「孝行したいときに親はなし」と言うが

本当にそう・・・

もっと何か出来たんじゃないかと考えてしまう。

ただ 今 85歳になろうとする母親をみていると

あの父が同じようにいわゆる認知症になってたら

きっと自ら自分の人生にピリオドを打ってただろう。

仕事ができ、頭脳明晰で、信頼にあつく、

そしてちょっと見栄っ張りな男は、

自分が呆けて行くことを許さなかった気がする。

九州男児のくせに(?)

そのくらい ひどくデリケートな人だったから。

68歳という まだ逝くには早すぎる年齢だったけど

父にとっては凝縮された

善い人生だったと今は思う。

 

毎朝仏壇に上げる大好きだった珈琲に

今日は これまた大好物だった塩豆大福をプラス。

夜はビールと煙草と、次子直伝ポテトサラダを。

「ポテトサラダだけはまだママを超えてないな」

またそう言われてしまいそうだけど

 

お誕生日おめでとう。パパ。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

開花宣言

今年の桜はまだかいな・・・

昨日 東京地方はようやく開花宣言。

去年より6日遅いらしいけど

それでも これが例年通りなんだそうだ。

気持ちのせいか いつまでも寒い、咲かない、

気候も変なの?と思っていたが

ちゃんと季節はめぐってくる。

被災地に住む方からのコメントに

「道端に水仙や見上げれば梅の花が咲いてる」と。

自然がもたらしてくれるものは大きい。

「なりを潜めていた鳥たちの声も聞こえる」そうだ。 

気分が落ち込んだり 心が荒んだ時も

大きく晴れ渡った空や 道端の草花に心癒される。

大自然がもたらしたこの天災も

また この自然の力が

人々に生きる力や勇気をきっと与えてくれるだろう。

北国の町に一日も早く本当の春が訪れますように。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

節電がもたらした事

ちょっと高すぎる毎月の電気料金。

ところが・・・!今月の請求額見てビックリ

な!なんと!一万円近く安いじゃないか

あぁー 

いままで何というムダ遣いをしてたんだろうか。

計画停電に入っていない我が家のある地域。

うちは申し訳ないくらいに 普通に暮らしてる。

でも今回の地震騒動で日々の暮らしの在り方に

「これではいかんのだな」と反省した。

なんでも気楽に使ってたけれど

野放図にダラダラ使いまくってちゃいかんのだ。

資源には限りがあるのだという事も学ぶ。

(こうならんと分らないからダメね、アタシ

確かに「節電!」といって心がけはしたが

そんなに ひどく困ってしまうとか

気分まで暗くなるほどの毎日じゃなかった。

なのに 電気料金マイナス一万円?

もちろん電気料金が安くなったことも嬉しいが、

特に不自由したわけでもなく

普通に暮らせてたこの数週間を振り返り

何より大いに反省しまくってるアタシです。

この経験 忘れまいッ

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

一歩ずつ春

今日は朝から暖かい日差しがいっぱい。

う~~ん気持ちいい~~

今年はなかなか暖かくならず・・・ 

は来るのかしら?桜は咲くのかしら?と。

毎日 報道される被災地の様子や、

原発のこと、スーパーの行列etc・・・

なんとも心が切なくなる毎日の上、

おまけに いつまでも寒い今年。

ダウンジャケットはまだ出番があるって

本当にもうすぐ4月??

だから 嬉しくなって久しぶりにコートを脱ぎ

優しい日差しのなかを歩く。

はぁ~ あわただしくて気づかなかったけど

ほらほら 

この間まで固い蕾をつけてたこぶしの花

こんなに咲き始めてる

春は確実に一歩ずつ近づいてるんだね

  110328_120901

部屋の窓からちょうど見えるの、この樹。

もう少ししたら もっといっぱい花を咲かせて

アタシをほっこり気分にしてくれます。

 

 

| | コメント (2)

2011年3月27日 (日)

備えあれば憂いなし、だけど・・・

計画停電はまだまだ続くようだし

世の中の店という店、そして自販機にも、

放射能汚染の影響で 水は全く売ってない。

水だけに限らない。

一時は紙類やら何やらも店頭から消え

何を求めてか 開店前のスーパーには

いまだにお客さんの行列を見るという毎日。

情報が一転二転したりで確かに慌てるのだが

その時に備えて紙を買い占めても

いざとなったら ほとんど意味なんかあるかな?

必要最低限のものは 

地震が起きてすでに2週間たつ今も

リュックに入れたまま玄関に置いてある。

リビングのテーブルには 

懐中電灯・蝋燭・手動式のラジオ兼充電器。

 Photo と 110327_155601

これじゃ足りないの?備えって。

 

 

| | コメント (2)

2011年3月26日 (土)

寡黙な男の対処の仕方

自分がどちらかと言うとオシャベリなもんで

ついつい寡黙な人に心惹かれる事多し。

《ないものねだり》ってやつですかねぇ・・・

しかし 寡黙な人っていうのは少々面倒です。

アタシには何を考えてるのか分りゃしない

「人間だけなんだからさ、言葉を持ってるのは」

時々そう言って応えを引き出そうとするんだけど

「話を聞いてるほうが性分にあってる」と

いつも逃げられてしまう

今回の乳がん事件も 不安を払拭するべく

何か言ってほしいと願ってるのに

まるで知らん顔の黙ったまんまの寡黙男。

「冷たすぎる

「アタシの病気なんてどうでもいいんかい」

何も言ってくれない寡黙男に腹が立ち

「もうお終いだな・・・もう無理」と思いしたら

「だって絶対に大丈夫だって信じてたから」と

言葉少なに笑ってオシマイ。チャンチャン

もう随分とながい付き合いなのに

このノリに未だついていけないアタシ。

考えてる事が摘まめないまんまのアタシ。

一人で空回りしてるアタシはズッコケっ放し

いろんな友達いるけど

ここまで寡黙な人は滅多にいない。

それでもまた 喋るアタシと聞く専門の寡黙人は

歯車をガタガタいわせながら

友情を育んでいくんだろうな・・・

自分にないもの持ってる人に興味尽きないアタシ

人間そうそう変われるもんじゃないから

結局 対処の方法はなかろうな・・・

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月25日 (金)

食の見直し

まだまだ続く余震と停電。

昨日も超音波検査中にグラグラッと。

「ひぇ~~裸で飛び出したくないよぉ~」。

  

今日は 玄米菜食の料理教室の予定だった・・・

でも これも例によって中止に

すっかり予定があいちゃった本日は、

さてさて・・・何をしなきゃいかんのだっけ?

あぁそうだ 

次子さんの血圧の薬取りに行かなきゃ

糖も少しでているようで「相談するように」と

検査結果をみながら先生言ってたな・・・

この数値なら薬漬けにしないで

やっぱり食改善で乗り切らせたいところ。

晩酌をしたがる次子さんには

糖度カットので我慢してもらい、

隠れてこっそり食べてるらしいお菓子も撤収。

(見事にいろんな所に隠してあるのね、コレが

  

ほぉ~昨日に比べるとおもては温かそうだね

けど その分しっかり花粉が飛んでるとみえ、

朝から「くしゃんくしゃん」とくしゃみ連発。

次子さんのためにも自分のためにも

再度見直しの玄米菜食に切り替えるかな

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月24日 (木)

祝・セーフ

ながい一日だったぁ~

「もう一度超音波で検査します」から始まり

「違うと思うなぁ・・・大丈夫だと思いますが」

検査した先生は微笑みながらそうおっしゃる

ようやく順番が廻ってきたと思ったら

乳腺外科のエライ先生が

「いや マンモでこんなにハッキリ写ってる。

もう一度 超音波で再々検査を」と。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり

だんだん緊張が高まって身も心もガチガチに

 

結果は一応セーフ

《嚢胞性性腫瘤》ってやつだそうだ。

「3か月後に再診しましょう。変化なしならOK」と。

もう 検査終わった時はヘトヘトです。

安心したのか お腹もグゥ~と嬉し泣き?。

ひとりで「一応おめでとう!」とランチを食べ、

バリバリになった背中と肩のマッサージに

とにかくホッといたしました

ご心配下さった皆々様。ありがとう。

 

追伸。

帰り道にあるみずほ銀行で

この前買ったグリーンジャンボの当選調べたら

3000円が当たってました お初です

「命をありがとう」の気持ちを込めて

義援金にまわさせてもらいましたわ。

 

  

| | コメント (3)

無許可無申請!

最初にそれを発見したのは 確か45歳の時。

「どういう事ッ聞いてませんが、こんな事

黙って処理した。

この時点ではひとりでも処理しきれたのだ。

このフトドキ者、まだ私の手に負える数だった。

ところが!だ 

この数年、ことに今年に入ってから

もう手に負えないほどの多勢となり

私の手のつけられなモノになってきた。

その正体は・・・

         《しらが》

そりゃ この歳になりゃ当たり前なんだろうが

確実にストレスと並行しこいつ私の髪を繁殖中

どうせ襲ってくるなら一気に来るかぁー

こいつめーーーー

「若く見えますねぇ」の世辞で調子に乗ってたのに

こうも幅を利かせてくるともう誤魔化せな~い

チッムカつくなぁいよいよ白髪染めか

 

鏡の前で毛抜きを片手に

「クソッ!これストレスかぁ?」とブツブツ。

「あら、あんたにもストレスなんてあるの?」と

すまし顔の次子さん 笑いながら鏡越しに一言。

これでまたストレス 

あなたのおかげですよッと言いたいのを押さえ

「ほっといてくれーー」。

こういうやりとりあると 

絶対に元凶は次子さんだと決めつけてるアタシ。

今日も次子さんの担当医に言われてしまった・・・

「大丈夫ですか?自分が壊れちゃダメですよ」

「認知症というのはご本人より家族が苦しいもの」

 

服用してる認知症の薬に

どれだけの効果があるんだろう。

「検査の数字には出てなくても確実に進んでます。

もし多少の効果があるのだとしても

中途半端に 自分がボケていってると感じて悩む、

そのことで急に泣いたり怒ったり情緒不安定に。

それなら自然に任せたほうが幸せだと思うのです」

そう手紙に書いて渡しておいたら

「僕もそう思います、残念ですが・・・」と担当医。

薬は薬でありながら 時には毒にもなる。

ましてや 日付や曜日が不鮮明である次子さん、

知らぬ間に何度でも薬の服用という危険な事に。

「早く寝てくれ」「ひとりにしてくれ」「静かにして」と

顔を合わせるたびに思ってしまうその自分がイヤ。

この世に産んでくれ育ててくれた人なのに

「大嫌いだッ!」と心底感じる時の自分が。

 

はぁ。。。もう寝よう。

何も考えずに 反省なんてせずに 

頑張ってる自分を愛して・・・

明日は再検査。

 

 

| | コメント (2)

2011年3月23日 (水)

今年の舞台

今年最初の舞台です。

スペース早稲田演劇フェスティバル2011。

「何もあっちでもこっちでも《12人》やらんでも

そう言われそうですが・・・

こちらも演目は《12人》です

オフィースコットーネプロデュース

  《12人 ~奇跡の物語~》

ダウトで初めて作品作りを共にした

小川絵梨子さん演出です。

日本は今こういう状況であちこち公演中止に。

この12人の公演は6月19日~30日の予定。

状況は少し良くなってるかもしれませんが

まだ何が起こるか見当がつきません。

そして演劇界、

ことに小劇場はかなり厳しい時代でもあるよう。

でもやり続けなければなりません。

質の良い作品を丁寧に丁寧に創っていかねば。

私自身も やりたい芝居をやればやるほど

実は経済は困難になっていきます。

でも!いい作品をいい仲間達とやれるのは幸せ!

何より幸福な時間を過ごせます。

 

昨日 そのメンバーが絵梨子さんのもとに集まり

下稽古というか、ワークショップをやりました。

あいかわらずスタートからハード

かなりの体力と集中力ないとやりきれないぞって

帰宅した私の顔を見たAmiが

「キャハッ久々にゲッソリではないですかぁ~

と笑っていました。

いやいや・・・歌も踊りもないのに体力いりますなぁ。

健康な体と強靭な精神を持ってなきゃあ

とてもとても絵梨子さんには付いていけなさそう。

明日は例の再検査。

思い込みの激しい私は 不安を隠せませんが

ポジティブに!いい舞台を創る幸福に向かって!

病院に乗り込みましょうぞッ!

万全の態勢で今年初の舞台に挑むために。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月22日 (火)

グリコ

子供の頃 やった事ありませんか?

神社の境内なんかにある長い階段とかで。

グーで勝てばグ・リ・コ 三段進む。

チョキならチ・ヨ・コ・レ・イ・トで六段。

パーで勝てばパ・イ・ナ・ッ・プ・ルで六段。

面白い遊びだな・・・

けど 見ようによっては不公平な遊びかも・・・

読んでた小説の中に この遊びが出てきて

何となく 人の生き方とか性格が見えるな・・・と。

じゃんけんを10回やって五勝五敗だとしても

その勝ちが全部チョキやパーだった場合と、

全部グーだった場合では倍の差がついちゃう。

たとえグーだけで六勝四敗と勝ち越せても

その四敗が全部相手のチョキやパーなら、

相手の方が負け越しなのに先にゴールされる。

子供の時はそんな駆け引きなんか

何も考えちゃなかったけど、

自分が大人になってこの遊びやったら

どの手を使って勝ち進もうとするかなぁ

負けを恐れず早くゴールしたくて

パーやチョキで勝負を賭けるだろうか?

なんだか興味深い遊び。

 

これ、たとえ話としてはピンとこない例えだけど

「成績ダメ、運動ダメ、何をやってもダメなの」

「○○君はちゃんとやれるのに

ウチの子はドンくさくて置いてきぼり」と

子供の愚痴をこぼしてた知り合いのお母さん。

「グーだってイイじゃん!

じっくり ゆっくり行けばいいじゃん!

グーだって なんだって 

必ず階段の上に行ける日が来るんだからさ!

その子らしい その子にしか出来ない生き方

させてあげようよ」と、しばしお茶飲み話。

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2011年3月21日 (月)

OFF OFF BROADWAY JAPAN

NPO法人による舞台制作スタート。

本日拝見!《Tweive》

稽古状況を風の便りで聞けば・・・

なかなか苦戦している模様だったので

ちょっとドキドキしつつの観劇。

この作品、原作のというか、大昔映画で見てた私。

モノクロ時代に 主演はヘンリーフォンダだったか?

設定は現代の日本、キャラクターも映画とは違う。

なかなか面白かったです。

みんなスゲェー頑張ってます!

そりゃまだまだ改善点はあるでしょうが

観に行ってよかったホントに!

ほとんどの役者、四季出身俳優が演じていますが

私の知る限り、かつて《ミュージカル専門分野俳優》

たぶん ストレートプレイは初めての人達ぞくぞく。

「あれれ・・・なんだ芝居出来るんじゃん」と

なんとなく嬉しくなってしまう私。

お時間の許す方、ぜひ観に行ってやって下さい。

 110321_214701

写真は無料で配られるパンフレットと台本。

こんな豪華なお土産もらっていいの?ってか

お土産いらんから もう少しチケット安くしてって

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2011年3月20日 (日)

週末の都会

電車は各駅停車。

ホームも地下通路も薄暗い。

地上に上がれば 歩いてる人もまばら。

夜になっても店の看板やネオンは必要最低限。

土曜日の銀座はゴーストタウンのよう。

いつもは若者でにぎわう渋谷もおとなしい。

 

新しい小屋のこけら落としに行かねばならず

ビビりながら地盤の緩い日本橋へ行けば・・・

経験したことのない街の様子に驚く。

でもなぁ・・・この明るさで十分じゃないかと思う。

我こそは!と挙って、争って、

せっかくの夜空を別物にしなくてもいいと思う。

何も不自由などない。これだけの明るさあれば。

こんなにいろんな事が一気に起こってるのは

やっぱり 「いい加減にせ~よ!」

「勝手ばかりしてんじゃね~ぞ!」と

誰かが私たち人間に警鐘を送ってるとしか思えない。

 

「喉元過ぎればナントカ」で

そのうち こんな事態を忘れてまた無駄遣い・・・

『きっとそうなっちゃうんだろうな』って

人間の愚かさや身勝手さに

自分もふくめてガッカリしちゃう

自分で自分の首しめちゃうなんて・・・

ホントに馬鹿だよね、人間って。

 

 

 

| | コメント (2)

ワークショップ

生徒の立場はあるのですが・・・

教える側は初めてでして・・・・・

出来るのかいな?アタシなんぞに

四季時代の後輩がやってるスタジオは

最近 ダンスだけじゃなく歌や芝居のレッスンも。

歌は優秀なトレーナーがいるけど台詞が

彼女はいろいろ探してたらしいのだけど

たまたま暇なアタシに白羽の矢が。

台詞って、芝居って・・・

どうやって教えたらいいんだろ?

そもそもアタシごときが教えられるの?

けどまあ、引き受けてしまったからには

何とか頑張らなきゃです。はい。

「アタシに教えてくれてたみたいなのでOKです」

そうは言われても・・・正直自信なぁ~~い

何だかこっちが緊張してしまいそうだぁ。

さてさて どんな事になりますやら

ともかく行ってきますわ・・・

ファイトー!オォー!

 

  

 

 

 

| | コメント (3)

2011年3月19日 (土)

再検査(>_<)

人間ドックで「良好!」のお墨付きをもらい

ホッと安心してたら・・・

「乳がんの疑いがあるので再検査を」と

昨日 病院から電話があった。

昨日は友達の美和子姫の乳がんの手術。

「一日中祈ってるから!」と言ってた私も

他人事じゃなくなっちゃった

今朝 本人から「生きてるよ~」のメール。

本当に良かった。本当に

連休に入ったので乳腺外科とやらの予約取れず。

とにかく来週中には再検査しなくては。

早期発見の乳がんなら命までは取られないだろうが

不安ではないと言えば嘘になる。

マネージャーには心配かけたくないので

「万が一そういう事態になったら

今後グラビアの仕事入れないでね~」とメール。

(グラビアの仕事なんか元々ないくせに

そうか・・・そういえば「良好」のお墨付きは

脳と婦人科以外だったんだっけか・・・

脳のほうは大丈夫だったんだろうか?

我が家は家系的に言うと《癌系》と《脳系》の両方。

年齢を重ねれば色々不都合も出てくるというもの。

バタバタしても仕方がない。

とにかく早めに再検査しましょ

私が不死身でいなきゃ 次子さんが餓死しちゃう!

 

 

 

| | コメント (1)

どこでもドアが欲しい

各地の空いている市営住宅などに

バスで移動し始めた被災地の人達。

「この歳になって生まれた土地を離れたくないが」

お年寄りはとても辛そうです。

本当に哀しいだろうな・・・辛いだろうな・・・

でも せっかく生き延びられたのだから

また故郷の復興を祈り元気に暮らしてほしいです。

 

仙台で医療に携わっている友達が心配で

昨日メールをしてみました。

「もうすぐ食料は尽きます。

昼は病院から期限ぎれのレトルトの配給あります。

あとは梅干しとごはんの毎日。

肉や魚が食べたいけれど 

そんな贅沢は言ってられない。食べられるだけマシ」

彼は単身赴任状態で、健康状態も良くはないです。

医療に携わっていなければ

「早く何とかしてこっちに来て!」と言いたいところ。

本当はこの4月にいわき市に転勤でしたが

この状況なので5月に延期。

でも それもどうなるのか・・・

引っ越しやさんも嫌がるのだそう。

 

亡くなった方は神戸の大震災の時を超えたそう。

何も出来ないのがもどかしい毎日ですね。

普通にご飯を作って 普通に食べてる事に

涙が出てしまいます。

ドラえもんの《どこでもドア》があったらいいのに

 

  

| | コメント (1)

2011年3月18日 (金)

今日も大停電予測あり

本当に 出来ることは節電くらい。

朝一番で掃除機をかける日常はまだまだか。

そうだ100均で買っておいた箒があるっ! 

アレルギーのアタシは

掃除なしの毎日では無理そうだから、

箒とぬれ雑巾でパパッと掃除終了。

洗濯もとりやめ。

人間ホコリじゃ死なないし、

被災地の事思えば 

着るものなんて暖が取れればいい。

昨夜は近隣のマンションの窓も早くに消灯。

夜また地震があったから情報は欲しいが、

テレビつけてるのも何だかな・・・

いざとなったら どうにもならんのだし

ならば アタシも早めの就寝か・・・。

しかし なかなか寝付けない。

もしもの時のシュミレーションを頭の中で。

実際に事が動けば 役には立たんかもだけど

やらないよりマシというもんだ。

今日も寒い一日のようで避難してる人にはキツイ。

この大都会で今アタシに出来ることは節電くらいか。

昨日の二の舞いで 

夜になって大停電の大騒ぎにならないように

心引き締め、電力の大節約の日にしよう。

 

  

| | コメント (1)

2011年3月17日 (木)

緊急大停電だって・・・(>_<)

あの地震と、続く余震に恐怖の塊りになった

友達の御嬢さんの梓ちゃん・・・

実は この地震のおかげで

初日の幕が開かなかったマルグリットが

本日ようやくマチネー公演で実質的初日を迎える。

たまたまその17日のチケットを持っていた関親子。

でも 娘さんの梓ちゃん「いや~怖い~~」と

腰を上げそうにない。

困ったママが

「無駄になっちゃう誰か行かない?」。

いろいろ考えたけれど この状況では難しい

結局「親の責任として」と意味の分からん理由で

アタシが関ママと観劇することに。

この非常時、観劇なんて・・・とは思ったが

とりあえず開演するかどうか分らない赤坂アクトへ。

 

ところが・・・だ。

初日を無事終えて劇場を一歩出たら

「緊急大停電」との情報

Meguには会わずにすっ飛んで帰宅。

タクシーと新幹線、そしてまたまたタクシー

なんとも贅沢な、申し訳ないような一日。

(ガソリンが不足してるせいで車が少ないのです。

だからいつ動くか分らない電車より早いのでした

しかしですね・・・

情報がないので 夜の公演はどうなったのか?

電力が足りないとなれば 劇場は自粛か?

初日は開いたけど、また公演中止なのか?

まったく分りません

いやはや とにかく飛んでもなくバタバタした一日。

都内も、アタシの住む地域も停電の噂で混乱状態

夕方一人になってる次子さんが気になって

大慌てだったが・・・次子さん、どこ吹く風状態。

まぁ、変にパニくってしまうよりマシか

おちおち外にも出てられない今日この頃。

とにかく節電くらいしか協力出来ないので

今日のブログアップしたからパソコンOFFにします。

 

あぁ・・・どうかどうか一日も早く平穏な日々を。

関東地方にしてこの寒さ・・・

どうか被災地のみなさま、ご無事でいてください!

 

 

 

| | コメント (3)

2011年3月16日 (水)

揺れと大風と・・・

なんとなく身動きのとれない毎日。

停電にならないうちに いろんな事をすませ

サロンがキャンセル続きのAmiと自宅待機。

仕事にもならないのでジッとしてます。

身体はナマってきてしまってます。

情報は必要だけど ずっとテレビを見てると

気持ちがなんか変になってくるようです・・・

今朝予定されてた停電は解除されたので

思い切って徒歩でジムへ

そして

久々に汗を流して戻ってきてパソコン開けた途端

ひゃぁまた揺れだしました。

なんとも落ち着きません。

突如強い風が吹き出してる

不安を煽るような強風が窓の外で吹いてます

台風みたいな風ですなに?これ・・・

 110316_125601

空は青いのに 茶色い雲が押しかぶってきて

怖くてたまらないよぉーーー

なんなのよぉーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月15日 (火)

また眠れぬ夜か?

今日も無事であったことを感謝して眠りに・・・

と、思ったとたんの大きな揺れです。

結構ながく感じました。

今度の震源地は従妹がすんでいる静岡です。

「お姉ちゃん大丈夫?おばちゃんは?」と

つい数日前に心配してメールくれた従妹の処。

どうなってるんだろう この国は、この島は

いつ何が起きても対応できるように、

迅速に動けるようにしておかなきゃならないです。

日本中みんな不安な心を抱えての夜でしょうか。

怖い・・・怖いです。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

私に出来ること

大勢の人命が失われ いまだ行方不明の方も。

あの広い範囲、

あの状況ではかなり困難な作業だろうに、

今日のお天気は雨から雪になるらしい。

気温はマイナス。避難してる人達大丈夫だろうか。

首都圏も早朝から交通機関がストップしてる所が

多数あるようだ。

何も出来ることがない無力な今の私にやれるのは

少しでも電力の供給に協力すべく

節電対策くらいなのだろうか・・・。

私の住む地区は午前中いっぱいと、

夕方から夜にかけての停電の予定らしい。

どうしても外せない仕事が東京にあるとかで

栃木県の友人は 今夜車でこちらにやってくる。

ガソリンを数軒のスタンドで補充し走らせて。

車なら家族も連れて避難しなさいと連絡したが

ずっと停電で冷え切っていた家屋も

何とか電力が復活して暖をとれる様になったと。

房総の海辺に住んでる友人一家は

警報が出たとたんに高台に避難。

今は避難所に生活してるのだろうか・・・

小さい子供が居るので心配でたまらない。

地元の人は津波に慣れているらしく

「警報が出てもノンビリしていた」と驚いてた友人。

すべての状況に慣れてはいけないと感じてる。

電気もガスも水も「出て当たり前」と思ってはいけない。

昨日のブログへのコメントではお叱りを受けた。

ごもっともの意見に ちょっと反省。

私には全体像が見えてない。どこか他人事。

もちろん文句を言ってるつもりはないが

今はとにかく一日も早い復興と皆の無事を願おう。

で、私の出来る限りの事をやろう。

ひとりでも多くの人命が救助されますように。

助かって避難している方が 

どうか元気で居てくれますように。

さぁ 今日はパソコン閉じて 行動開始。

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2011年3月14日 (月)

計画たてたのなら・・・

結局 停電ありませんでした

《計画停電》というなら、電力が不足してるなら、

計画通り停電させて 

その電力溜めて足しにしてくれたらいいのに・・・

そう考えるのは素人だから?ですか?

初の試みだったとはいえ

「やると言った事」やってくれたらいいのに。

いろんな予定がたたないし、

二転三転の情報や 解かりにくい説明に

かえってストレスがたまっちゃいます

これ まだこの先も 続くことなワケでしょ?

やると言ったらやってくれ~~

んー・・・気のせいかなぁ?

なんとなく歯切れの悪い東京電力という会社。

原発のことは もっと最悪。もっと心配です。

こちらの説明もなんかあやふや。

不安を増幅させる中途半端さ。

記者の質問に「え~と・・・どこまで話していいか

そんなふうに 不安顔で言われたら 

まるで隠し事あるみたいでまずいでしょう

第一 被爆国である日本が

自ら作った放射能浴びちゃうなんて

本当にシャレにもならないです。

 

勝手気ままに生きてる人間を見て

神様みたいな人が怒ってるのかなぁ

昔観た《日本沈没》の映画を思い出してしまい、

本当に沈没してしまう前に

私にも出来る事はないのかと考えてしまいます。

 

 

 

| | コメント (6)

混乱する首都圏

こんな時に出かけようとする方が間違いだが

予定してた今日の人との待ち合わせは無理そう。

東京電力さんの 二転三転する情報に

朝から大変なことになってる首都圏。

動くはずの時間に動かなくなった電車

時間帯を記した電力会社のサイトも

よく分らない・・・何が正しいの?

お勤めの人は大変そう。

どうしても行かなきゃならん人も居るんだろうが

こうまでして行かなくても・・・と思ってしまう。

こうなると最初から徒歩覚悟か、

自転車で出たほうがいいのかもです。

お風呂の残り湯をトイレに配置し、

生活用水確保のため台所に並べた大鍋

冷凍庫や冷蔵庫が一番打撃だなぁ

家のほうは 午後3時過ぎから7時頃まで停電。

ご飯の支度は早めにしておかなきゃ

情報収集はテレビつかず、ラジオも持っておらず

確か手動で使えるナントカっていう携帯ラジオ

持ってたはずなんだけどなぁ・・・見つからん

街に出れば なんだか人が殺気だっており

電池もカップ麺も蝋燭も 

ガソリンだって並んでも手に入らぬ始末。

とにかく この非常時。おとなしくしていよう。

被災地の人の役に立つのなら

停電くらい仕方ないことです。

真っ暗闇でもご飯が食べられるだけ幸せってもの。

住むところがあって、寒さをしのげて・・・

なにしろこうして生きてる事に感謝しなきゃ。

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月13日 (日)

地震3日目の朝

こちら横浜は 警報が出るものの

身体に感じるほどの余震(地震?)ではない。

一日中テレビをつけて 

情報だけは聞き逃さないように気をつけてるが

東北や まだ停電のままという関東地方に住む

友達や知り合いのことが気になる。

避難所やヘリコプタで運ばれる映像を見るたび

自分が何も出来ないことにもどかしさを覚える。

命があった事を、無事だった事を

本当に本当に感謝しなくては、私たち。

しかし 東北と長野県の間にあるココだって

絶対に安全だという保障はないわけで・・・

とにかく いざという時の準備だけし、

何も手につかないまま テレビの前に居る私。

この状態はいったい いつまで続くんだろうか。

ひとりでも多くの命が助かってほしい。

避難生活の人たちに

なんとかこの窮地を乗り切ってほしい。

何も出来ないけど・・・祈るだけです、今は。

 

 

 

| | コメント (0)

集団避難?会

この地震、うちは二階だから被害は最少。

何故か帰宅した時に床に散らばってたものは

四季時代の写真が入った額のみだった

(選りによって何故この額だけか知らんが

高層階の友達の家はかなりの被害だったらしい。

戸棚から飛び出して割れたグラスや皿。

倒れた本棚と 散らばった本たち。

その片付けに追われるだろうから

週末恒例のごはん会はお流れか?と思いきや、

「どうせご飯は食べるんだし

それならいざという時に逃げやすい低層階で

で、またもや 週末のごはん会という名の飲み会。

口々にあの瞬間の模様を喋りまくる。

横浜中区はかなりの揺れだったらしく、

その中区にオフィスのあるダンディ近松や

関内にお勤めの敬子ちゃんは大変だったらしい。

高いビルの中での震度5強の揺れは

「もうダメ!ここで死んじゃうんだ」と

本気で思ったんだそうな。

あの辺りも川を埋め立てた地帯・・・

避難場所に指定されてる公園の真下は

もともと大きな川があったところ。

ディズニーランドもそうだけど

液化現象が起こっても不思議じゃないわけで

はぁ~・・・生きててくれてありがとう!

どなたさんも 会社やどこかの店で夜を明かし

早朝に戻ってきたらしい。

AMIも20キロ強を徒歩で帰宅したけど

さすがに「足がぁ~~~」とわめいていた。

みなさん 本当にご苦労さまでした

 

何かあった時に一人で死んじゃうのはイヤだなぁ。

「ワイワイやりながら 気づいたら天国だった

そういうのが最高ねッ!」と

昨夜も次子さんは 

地震の事はすっかり忘れていながら

次々にグラスをあけつつ

大いに気炎を吐いておりました。

  

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

妙なお昼寝

コンコン コンコン

『うるさいなぁ・・・今お昼寝中。』

コンコン コンコン

『誰~?どなたですかぁ~?眠いんだけど』

キンコンカンコン キンコン キンコン

『今度は何チャイム鳴らさないで~

ドッドッドッドッ

『ンもぉーー工事中ですかい?』

 

あれれ・・・アタシ何してんだっけ?

アッアタシいま脳ドック中MRIとやらの中

 

朝が早かったもんで すっかり爆睡

「ほぉー・・・眠れたんですかぁお疲れですね」と

検査技師のおっさんが呆れ顔

 

 

 

| | コメント (1)

2011年3月11日 (金)

備えあれば・・・です

昔の人は偉かったなぁと思いました。

普通に電気もガスも水道も完備された暮し。

当たり前のように思ってた毎日。

心もとない蝋燭の灯りのなかでご飯食べながら

「二宮金次郎は偉かった。この灯りで勉強かい

テレビもつかず、情報が入らないまま不安なもんで

次子さんと そんな話でもしてなきゃ怖くて堪らん!

蛍の光~窓の雪~ 文読む月日~・・・」などと

次子さんは歌い

「蛍のあかりで本なんて読めたはずないッ!」と

最後には 作詞者に文句をつけだす始末。

備えあれば憂いなしと言いますが

蝋燭といったって そう沢山あるワケじゃなし・・・

クリスマスにもらった大きなキャンドルが

今夜は大いに役に立ちましたが。

あっ・・・また揺れてる。

ブログなんか更新してる場合じゃないか?

途中だけど 失礼いたしまする

 

 

 

| | コメント (4)

初体験大地震・・・

真っ暗闇のこのままで朝を迎えるのかと、

こんな大きな地震を体験したこともなく

何の準備もしてなかった私は

正直 不安の塊りでした

「健康!」と病院でお墨付きをもらい

ウキウキして帰宅したとたんの出来事。

次子さんはデイに行ってたので

心配はしませんでしたけど、

水は出ない電気は止まるで焦りました。

リビングにろうそく立てて 

残りご飯のオニギリが夕食。

余震が続くのが不気味です・・・

都内の仕事だったAMIは只今徒歩で帰宅中。

MEGUはマルグリットの初日でしたが公演中止で

都内のホテルにまとまって宿泊とか。

 

玄関に 何かあったら飛び出せるように荷物。

懐中電灯を握りしめ 

今夜は リビングで半徹かな・・・

仙台の友達が心配です。

 

 

| | コメント (0)

ボディチェックデイ

人間ドックであります。

なかなか腰が重くて・・・検査というの苦手で

(前の晩 食事に規制がかかるのが・・・ねぇ

けど、やる時ゃ一気にやろぉー!と

腹をくくってあちこち検査。

さてさて 57歳になった私の身体は

一体全体どんな事になってるのでありましょうか

とにかく行ってきますッ!

あぁ~ お腹すいた

これだからイヤなんだよね ぐぅーっ

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月10日 (木)

この日が来るのを!

「この日が来るのを信じてたよっ!」

思わず 新装開店の八百屋の店先で叫ぶ。

いつも寄ってたブティックがなくなって

ガックリしてたんだが・・・

代りにお目見えしたのは

 町の八百屋さぁ~~ん!

   110310_1411010001

実はこの一年あまりで

徒歩で行けるスーパーが次々と閉店してしまい 

実に実に 困り果ててたところ。

しかも 野菜はわざわざ車を走らせて直売店へ

近くに安くて新鮮で安全な野菜はないのかいな

車ばかりの生活はいかん!と思い

出来るだけ歩くようにしてる最近の買い出し。

でもあまりに遠くてはやっぱり困る、

殊に重い野菜たちは ちょいとしんどいです。

空き家になった店の前を通り過ぎるたびに

「頼むから八百屋さん作って!」という願いが通じ

本日開店 しかも開店セ~~~ル

ばんざーい 

ボビーのラストの台詞も出ようというもの

今夜は 野菜づくしだぞぉ~~~

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

冬晴れですか?

晴れ渡って気持ちのいい朝ですが

こりゃ春というより 冬晴れって感じ?

風が冷たいです 

洗濯物を干す指が久しぶりにかじかんだ

真冬でも靴下嫌いで履かない靴下・・・

思わず引き出しをかき回して探し当て装着!

いくら寒いこんな日でも

風に舞う花粉は大暴れするんでしょうね

はっ・はっ・はぁーくしょんッ

勘弁してくれぇぇぇぇーーー

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

見送り方依頼

部屋を花でいっぱいにしてほしい。

これでもかッ!ってくらいのいっぱーいの花

必ず無宗派で。お経も何もなし。

型通りの葬儀でなくて構わない。

友人葬みたいなのがいい。

出来たら棺の周りにテーブルと椅子を並べ、

ワインやお酒を用意して

美味しい物もいっぱい並べて欲しい。

そして 生きていた間に縁のあった友達は

そのテーブルについたりウロウロしたり

みさ亭でやってたように居てほしい。

ワイワイ勝手に喋っていてほしい。

なんなら歌も唄ってくれていい。

絶対に泣かないでほしい。笑うだけ。

私の最後のベッドとなる棺は

私の人生で 深い縁のあった男たちに

四隅を担ぐという最後の仕事を任命する!

Kさん。もう一人のKさん。Iさん。

もう一人は・・・んー未だ思いつかない。

まだ出会ってないのかも・・・。

もし出会わないまま 私にその日が来たときは

角っこがひとつ残ってしまうから・・・

そしたら 色恋抜きの親友Hさんを任命しとこう。

4人で持ち上げるには 私は重くて大変だろうが

ぜひ頑張ってほしい。精一杯の男気を出して。

 

私の《大切な人に遺す自分ノート》に

昨日告別式から帰宅して私はすぐこう記した。

別にセンチメンタルになってるわけじゃない。

ただ・・・

人間って いつどうなるか分らないな・・・って

そう思ってしまったから。念のため

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2011年3月 8日 (火)

あの時間と体力を返して~

覚悟したのか、諦めたのか・・・

登校拒否の次子さん、

とにかく帰宅してみたら ディには出かけた様子。

「まったくぅーー!手のかかるバアチャンだ

だけど行ってくれたんなら お昼は食べれたな

4時半過ぎに機嫌よく次子さんご帰還。

「あぁ~ 楽しかったわぁ」

なんじゃ そりゃッ

「腰や歯の痛いのは大丈夫だったの?」と

ムカつくのを押さえつつ問うてみれば

「何が?何のことだっけ?」

オーマイゴッド すでにお忘れかいッ

今朝のあの騒ぎは、あのアタシの貴重な時間は、

いったい何だったんだよッ

「カラオケしたの~カラオケ~~

勝手にカラオケでもなんでも楽しくやってくれ。

頼むから明日の朝まで覚えてて・・・

カラオケが楽しかったことや 

仲間との弾んだお喋りタイムを。

 

 

| | コメント (1)

またまた登校拒否

毎朝の恒例となった《次子さん登校拒否発言》。

いい加減にしてくれ~!

腰が痛いのは家に居ても ディに行っても同じ!

家で一日ゴロゴロする習慣がついたら

もう 坂道を転がっていくのを止められないよッ!

一日休めば 明日も明後日もは目に見えてる。

私が留守にしてる間、どれだけ気を揉むかなんて

考えもしてない次子さん

出先で何度も携帯をのぞいたり

また台所で火を使ってないかと気に病んだり

いつかみたいに 帰宅したら転んで動けなくなって

大騒ぎになってたり・・・

そんな事は困るんです

今朝は出掛ける前の忙しい時間を 

じっくり向かい合って話し合い。

もう疲れた もう否だ

ガミガミ言う自分もいやだし、

この愚痴ばかり聞かされる毎日もいやだし、

心の底では母親を「鬱陶しい」と感じてる自分が。

 

7月に玄米酵素の代理店会議が福岡で開催。

「そこを目指そう!次子さん参加はみんな喜ぶよ!

帰りに小倉周りで叔母ちゃんにも会いに行こう!」

リアルに考えて 実妹に会わないまま

お互いに天国に行っちゃう可能性も

二人の年齢考えれば十分有り得るワケで・・・

だから 昨夜その提案をし

次子さんもスッカリその気になってたというのに。

この機会を逃したら 本当に会えないままかも

そりゃ なんぼ何でも切なすぎる

 

しかし 昨夜の話は忘却の彼方らしい・・・

「痛いんだもん!行ってもつまんないんだもん!」

あぁーーー!もう勝手にしてくれーぃ

今日 私はわざと昼ご飯を作っていかない

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 7日 (月)

涙・・・雪?

雨だと思ってたのに

ふと顔をあげて窓の外見れば・・・

へっ 雪

しかもぼたん雪・・・これ積もっちゃう?

昼間の予定をあわてて変更。

いや、車の運転は怖いし・・・困ったぞ。

「アトム~ あんたまた雪降らせてる?」

逝ってしまった時も 東京に雪が舞った。

お別れの会も雪ですか?

そんなにロマンチックな男とは

姉ちゃんはまったく知らなかったよ

 

 

 

| | コメント (0)

おかしな友達 パート2

年齢不詳の友達 美和子姫。

どうしたらこうも続け様にドジの連発できるのか?

一緒に居ると 自分がものすごく冷静な人間だと

錯覚してしまうほどの連続ワザ

よく無事に子育て出来たな・・・

私はいつも妙な感心をしてしまう。

専業主婦だけどスケジュール帳は私のそれより

埋まってるという忙しい女

知らぬ間に美味しいお店やスポットを把握してる。

昨日の鎌倉のごはん屋さんも美和子の紹介。

90を超えた御姑さん抱えながらの隙間技にも

いつも元気で明るく みんなを笑わせてくれる。

 

だけど 彼女ちょいと体調こわしてしまい

このたび入院することになっちゃった

それでも「鎌倉への遠足は大丈夫~」と

根明なメール・・・

早く元気になってもらわにゃ困るッ!

私が落ち込んだ時に腹から笑わせて貰うんだから

 

写真は本人の許可をもらってアップ。

上品かつ美味しいごはん屋さんのテーブルで

私のリクエストに応え ニッコリ一枚

料理に添えてあった桜の花を簪にしております。

(お店のご主人 お騒がせしてごめんなさい)

姫~ 頭の中までは 春にならないでよぉ~~

 

  110306_114902

私の元気の素 美和子姫であります。

ちなみに 大きな孫までいるのです。

やっぱり年齢不詳・・・だわ美和子さま。

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

涙雨かな・・・

昨日があんまり春全開の一日だったもんで

明け方早くに目覚めたアタシは

卦脱いで足元に丸まった毛布を洗濯機に

窓の外も天気予報も確認しないままの

大物洗濯をしちゃったけど・・・

あらまぁ 外は雨ですね、今朝は。

仕方ないとりあえずリビングのカウンターに。

乾くのだろうか?こんなんでねぇ・・・・

 

でもこうして一雨ごとに春が近づいてきますね。

昨日 一昨日と 悩まされた花粉症は

こういう雨模様なら幾分はラクでしょう、きっと。

 

今夜は アトムの通夜です。涙雨ですかね。

明日が告別式です。会えぬままのお別れです。

いまだに全然実感がわきません。

でも「沢山の人に見送ってほしい」と言ってた通り

本当に沢山の仲間が病室に駆け付けたのだそう。

いつものアトム節を炸裂させて

わっはっはと一緒に笑いあったとか。

短すぎる一生ですが、 

人づてに聞いた話では

亡くなったアトムのその顔は

まるで赤ん坊が眠っているようだったと。

きっとアトムは幸せな気持ちで旅立ったろうと、

私は思います。

人の一生って・・・様々です、本当に。

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

坂ノ下 田茂戸

《弥生の小懐石》でございます。

 まずは・・・《穴子揚酢取》

110306_114401 器に桜をあしらい

のびるや いんげんなどを酢味噌で

      《豌豆白玉》

      110306_115801

金目、椎茸、花びらに型どられた大根

 「この上品な出汁どうやって作るのかしら?」

汁ものじゃないのに

最後の一滴まで飲み干してしまった~。

 

《桜鯛昆布〆 筍&菜花巻き》

  110306_121201

 これ 作れそう かなり繊細だけど

  

      《パイ包み焼き》

      110306_123501

銀だらや こごみ 天豆 ユリ根をパイ生地で。

これまたソースが抜群!

 

 《富士高原地鶏と春キャベツ胡麻味噌ソース》

110306_125301

 なんという彩りの良さでしょうか~

 見てるだけで お腹も心もいっぱいに

 

〆に赤だしのみそ汁とご飯&漬物。

そして・・・デザートは

  《杏仁プリンと苺のムース》

 これまた 程よい甘さです~

  110306_133401_2

 

いやいや さすが職人!

あっぱれ!田中基哉さま!

目も口もお腹も心も すっかり幸せモードです。

ランチとはいえ、

あんなお値段でよかったんでしょうか?

ホント!御馳走様でした!またお邪魔します!

そして私も大皿料理ばかりじゃなく 

これからはひとつずつ 

小鉢料理にトライしてみますわぁ~

   110306_112502

 

 

 

 

 

 

 

    

| | コメント (0)

春の鎌倉探訪

考えてみれば 鎌倉なんてン十年ぶり。

あの江ノ電にも初めて乗った。

昔々この地を探訪した時は車だったから

すっかり乗った事があると思ってた江ノ電は

海岸線から見ただけだった・・・らしい。

なんだかいい感じだねぇ・・・長閑だねぇ

 

すっかり春の陽気で汗ばむくらいの日曜日。

薄いコートも脱ぎ捨ててランチの予約時間まで

湘南の海を眺めて過ごします。

ウインドサーフィンを楽しむ人達でいっぱい

あたしたちは眺めてるだけのオバサン軍団。

110306_111502  

             110306_111601

しっかし 気持ちのいい日曜日だなぁ~

久しぶりに潮風に吹かれ 香りを胸一杯吸って

すっかりリラックスしてしまいました。

 

110306_145801 長谷寺の万作の花。

        本当に春が来たんだね~

そして もう河津桜が咲いてました見事に。

    110306_145001

海辺も長谷寺もうっかり食べ物出すと

トンビが素早くかっさらって行くのには

ビックリ!いたしましたが

 

 

 

 

| | コメント (0)

同窓会

同窓会といっても

今日のは3年間通ったパソコン教室の。

女性ばかり、それぞれ違った仕事を持つ

年齢も様々と言う仲間達。

卒業してからも クリスマスだ新年会だと

何かというと集ってる。

たまには どこか遠足に出かける?って事で

鎌倉にある 美味しいレストランのランチに。

今日は気温も高いらしい。 

朝から空も晴れ渡ってるし

絶好の遠足日和になるかもねルンルン。

久しぶりに海を見られる~嬉しい!ルンルン。

夕飯になりそうな干物でもGETしてこようっと。

行ってきま~~す。

お料理の写真は帰宅したらアップいたしまする。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

妄想の収穫

妄想のおかげで?大掃除などしてしまい

一日の大半を使ってしまったけど、

思わぬものを見つけたりで 収穫あり

そのひとつが コレ↓

   110305_074901

随分と昔に 福岡公演の休みをつかって

能古島に渡ったときに買ったランプ。

一緒に行った仲間たちには

「何もそんな重い物買わんでも」と言われたが

どうしても欲しかった。安くはなかったけど

中に蝋燭を入れると 切込みから灯りが・・・

福岡生活に癒しグッズとして役だってくれてた。

私の寝室の片隅に放置されてたコレをきれいにし

昨夜は久しぶりに灯をともす。

おぉ~ 天井が夢のような光につつまれる。

光のプラネタリウムってとこ?

他にもザクザク出てきました・・・

無くしたと諦めていたピアスの片割れ

ネックレス 封筒に入れたままの三千円等々。

日頃管理が苦手な私には たまの大掃除必要ね

 

 

 

| | コメント (2)

2011年3月 4日 (金)

妄想する私

このマンションに越してきて4年。

母と娘と私の女三人暮らし。

男性が居ないというのは ある意味自由で、

その分どうも羞恥心のない暮らしになりがち。

いかんなぁ・・・女を捨ててはいかん!です。

そして・・・ふと妄想してる私・・・

ひとり暮らしってどんなだっけ

いつか母も娘も居なくなった時ってどんな暮し?

んー そうなったら

今の母の部屋は仕事部屋にしようかな。

いや!トレーニングルームってのも有りか?

娘の部屋は来客用のベッドと椅子だけ置いて

納戸になってる部屋も衣類が減れば片付くな

あふれる食器も整理して

ベランダは 花の世話までは無理だから

機能的にやりかえようか・・・ふむふむ

私の部屋も少し寛げるようにセットアップだなぁ

んーーーしかし、ひとり暮らしはちと寂しいかもな。

毎日パーティーやっちゃいそうだなぁ~

そうだ!それまでには

時々遊びに来てくれる恋人を作ろう!

面倒臭くない人がいいな~ 楽しい人がいい。

時にはロマンチックなのも悪くないうふふ

  

  妄想は果てしなく続くアホな私。

 

結局この妄想のおかげで 

自分の部屋の模様替え&大掃除始めちゃった

で、今日は一日過ぎてしまったのでした

でも模様替えは気分も変わり 何気にスッキリ

よっしゃッ!あとは いざという時のために

素敵な恋人作らなきゃだなッなんてね~。

 

 

 

 

  

| | コメント (0)

変化し続ける恐怖

例えばそれが死ぬほど愛おしい男でも

長年連れ添った夫だとしても

絶対に共有できないもの・・・《歯ブラシ》。

どうしても どうしても 厭だ。

最近とみに消費量の多い我が家の歯ブラシ。

ずいぶん前から洗面の「この棚が次子さん用」と

区分けしてるのにもかかわらず、

毎朝毎晩チェックしてないと好きなのを使用する。

親なんだからいいじゃないと言われそうだけど

歯ブラシの共有だけは許せない

どぉーーーーしても厭だ。

だから洗面所のゴミ箱には歯ブラシがいっぱい。

 

友達のおばあちゃんは家人が目を離した隙に

冷凍庫のひき肉をかじったり 生米を食べたり

この前は仏壇の鈴の下の小さな敷きものを

齧りまくってしまい 大騒動だったそうな・・・

(家の人は「ネズミが出たとあわてたらしい)

線香も 何と勘違いするのか食べてしまう。

一緒に暮す娘だけは認知できるけれど

たまに顔を出す孫(これがアタシの友達)には

「知らないおっさんが居る」と逃げて廻るらしい。

ある日突然 彼の存在を理解出来なくなった。

 

「それに比べたら大したことないですよ」と

我が家の実情を診断する彼。

お母さんは施設に入れるという考えは全くなし。

アタシと違ってなんと立派な娘さんと思うが、

先月仕事を退職してこれから24時間体制。

「ばあちゃんより母さんの心配した方がいいよ」

そう言うアタシに彼は言った・・・

「すでに半分鬱状態。米とぎながら《殺してやる》と

ブツブツ言うのを聞いてビックリした」と。

 

確かに比べれば我が家なんか大した事はない。

だけど日を追うごとに妙になっていく言動行動に

恐怖を感じてしまってるアタシ

自分が壊れないように しっかり自分ケアしなきゃ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

終わりの時は・・・

齢をとってもピンピン元気な人も居る。

若くても、元気そうにしていても、

ある日突然 身体に変調をきたす事もある。

アトムが逝ってしまった日、

私はもっと細かい検査しようと病院を予約した。

ついこの間 友達と話をしてて

「死ぬのは怖くないのよ。

 でも痛いのや、家族に迷惑かけるのは否」

そう偉そうに言ってたけど・・・

やっぱりお迎えに来られてはまだ困る。

まだやりたい事、やらなきゃならない事、

沢山ありすぎるもの。

娘たちの未来も見てみたいもの。

あまりに早く亡くなってしまう仲間や 

病気で苦しむ友達がここのところ多すぎたせいか

ひどくナーバスなってる私。

芝居が出来なくなったら もう終わってもいいけど

いやいや!晩年 また新しい何かに出会うかも

人生芝居ばかりじゃないよ・・・いや・・・そうかなぁ?

 

んー・・・いろいろ悩んでいても仕方がない。

今日という一日を悔いを残さず生きていたい!

本当に 本当にそう思う今日この頃。

「我が人生に悔いなしッ!」と

ニッコリ笑って終わりたいもんだ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

これは夢か?現実か?

3月に入ったけど

なんだかまだ寒いですねぇ・・・ブルッ

最近 何かやたらと夢を見ます。

困ってしまうのは この夢 ひどく具体的。

たとえば・・・・・

たくさん作った蕗味噌を小分けにしたものを

誰かに配ってる夢。

でも 相手先が遠い場所だったり忙しかったり 

「ついでの時に」なんて先延ばしにしていて

そのままにしてしまってる。

これ 半分は現実なんだけど

どこからかは完璧に夢なんです。

なのに 目が覚めたとたん「えっ

どこにしまったんだっけか?

生ものなのにどうしよう腐ってしまうぅー!

ひょっとしたら 車の中か?なんて 

ワケ分らず 焦って探しまくってしまう羽目に。

かと思えば 夢の中で待ち合わせをしており

それを現実だと思ってバタバタ出かけようと

はたと気づき「?夢か??」

焦って仕度して 結果、冬というのに汗びっしょり。

「アタシ 誰とどこで待ち合わせてるの?

あわてん坊と言ってしまえば まぁそうなんだけど

こう毎日 夢か現実か分らんもの見るのは

むちゃくちゃ疲れてしまいます

春も近いのだから

心もポカポカゆったり楽しい夢を見たいもんだ。

 

 

  

 

 

 

| | コメント (1)

2011年3月 1日 (火)

初めての病気?

「熱があるんです・・・」

「はい、じゃ検査しましょう。

   あらまっ・・・B型ですね」

「はい・・・私はずっとB型ですけど

「あっ・・・血液型じゃなくて インフルエンザ

 

もちろんアタシじゃないですよぉ~この会話。

子供の時分から病気と縁のなかったAMI。

もともと身体が丈夫に出来てる?のか、

世話になった病院といえば「外科」くらい

ターザンごっこで木から落ちたり、崖を転がったり、

パーマン2号と言って風呂敷肩に跳んでみたりの

お転婆娘でしたから・・・

が!ついに熱発しました~

しかも まぁお気の毒。インフルエンザでしたか~

「流行に敏感だねぇ~」とか「皇太子と同じだね」。

珍しく「ふぅ~ふぅ~」言ってるAMIは

周りのひとから 目一杯からかわれています。

全然休めなくて大変だったから

ちょうど良い休日だと思って たっぷり寝て下さい。

次子さんにうつらないように「隔離中」。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

登校拒否

毎週のように 必ずと言っていいほど

「腰が痛いから行かない」で始まるデイ拒否の朝。

今週は たまたま週頭にアタシが居なかった。

今日は火曜日。起きてきて一番にその台詞かい

「行っても横になってるだけ。家でテレビ見てたい。

あんたの顔見てるほうがいい」。

あんたの顔・・・って

アタシだって家でゆっくり出来るワケじゃない

在宅となればお昼ご飯から お茶の支度から

いろんな事して出かけなきゃならん。

「お昼は適当に作って食べる」と言うが

見事に何も家事ができない人になってる。

第一 台所で火なんて使われた時には

心配でどこへも行けやしない

デイという小さな社会にでも

家でじっとしているより得られるものは大きい。

家でテレビばかり見ていたら老化は進行する。

いくら説明しても 口を真一文字にして拒否。

朝ごはん食べながら次子さんが言う・・・

「今日行く処は折り紙やったり絵を画いたり

みんな いろんな事して上手なのよ 

明日の処のほうが 話が合うの」。

あれ?

明日の処は「田舎臭くてイヤ」じゃなかったの?

ははんなるほど。理解しました

基本的に主導権がとれない場所は避けてく人。

みんなが出来て自分に出来ないことがあると

そのプライドが許さなくなってしまう人。

齢をとっても その性格は変わってなかったか。

 

グズってるうちに時間がたちお迎えが

なんとか腰をあげさせて 今日はアタシが送迎

やれやれ・・・

今日は超特級で片付けなきゃ間に合わん

 

 

 

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »