« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

本日サイドショーへ

稽古が早く終わった。

明日は稽古が休みという事で

帰りに 我が同志広瀬さんと渋谷で一献。

で、ふたりで芝居の話をしまくってたら・・・

おっといかん!午前様ではないか

あわてて電車に飛び乗り夜中の帰宅。

稽古はなくても 通常の朝は来るわけで

次子さんを送り出し、家事をすませ、

DM発送やら 支払いに走るやら

はぁ~~ くたびれた。

歳のせいか(?)寝不足は堪えるわぁー

 

今夜は サイドショーのGPを見学に行く。

光夫は また新しい役に挑戦してるし

タムこと田村雄一の舞台も久しぶりに拝見。

あっ・・・シモも出てるなぁ・・・

みんな あっちこっちで頑張ってる。

何よりかにより 嬉しいこっちゃッ

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

秋の気配

昨日は 夜になっても気温が20度以上あって、

ここんとこの冷え込みから ちょっと解放。

でも 空気も風も そして風景も

確実に秋色に染まりつつありますね

稽古場にむかう都内の緑地を流れる川辺には

真っ赤な彼岸花が咲き

赤とんぼたちは 楽しそうに遊んでました。

 110928_134501  110928_134402

おぉ~ 完璧な秋だわ

  

どうやら週末には 低気圧の影響で雨が降り

そこから グッと寒くなってくるらしく・・・ぶるっ

みなさん 風邪などひかぬよう

しっかり 体調管理いたしましょうね~お互いに。

 

さて!テキストレイジも順調に進み

たぶん 今日の稽古で

絵里子さんの考える《夜の来訪者》という作品の

全体像が見えてくることでしょう。

おぉ~いよいよシゴキの季節が始まるぞぉ~

 

  

 

 

 

| | コメント (1)

2011年9月28日 (水)

相手変われど・・・

子育ての時期、

「遅刻するよーッ 早く起きなさーーいッ!」

「ほら!またコレ忘れてるッ!忘れ物!忘れ物!」

「何べん言ったら分るの?早く早くッ!」

そういう台詞の連続だった

朝 登校までの時間は、

きっと何処の家庭でもそうだったろうが

とにかく 毎日勃発する小さな戦争みたいだった。

中学生になってからは

「もう知らない。自分の事は自分で!」と宣言し、

『あぁ~ あと数年したらガミガミ言わずにすむ』と

子供たちが成長して自立する日を楽しみにしてた。

 

が、ここにきてまた同じような毎日になるとは

ただし この戦いはいつ終わるとも分らない・・・

母が気を利かせたつもりの片付けも

帰ってからの私の仕事が増える一方

「何故 ここにコレが入ってる

およそ台所と関係ない物があっちこっちから出てくる。

「あぁ~~なんで泥だらけなの?ここ」

やりっぱなしのベランダはグチャグチャ

見ないようにすれば済む!とは・・・思えない状態に。

台所も箪笥も 私の探し物は増えるばかり・・・

それでも この数日の私、少し安定してる。

何故ならば・・・

母と過ごす時間が劇的に減っているから。

朝の慌ただしい二時間を何とか頑張れば

私が稽古を終えて帰宅した時にはすでに夢の中

申し訳ないが 正直 ホッとしてる私・・・

台本もひろげられる。音楽も聴ける。

そして心静かに過ごせる。

何よりガミガミ言わなくてすむ

私とて好きでガミガミ言ってるわけじゃないんだから。

 

今日の稽古は二時から。

よし!デイに送り出した今のうちにやってしまおう!

絶対に不必要なものの処分

ただし・・・

帰宅した母は またそのゴミの山を掘り起し、

自分の部屋に持ち込んでいってしまうのだろうが

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

チラシ出来ましたわ~

ほんっとに急に寒くなってきた。

日中は晴れてくるらしいけれど

いまはまだ 小雨が降ってて 一層寒~い感じ。

本気で衣替えしなきゃなぁ・・・

タオルケットや薄手の毛布では もう朝晩が寒いし。

 

今日は 昼中NGのメンバーが多く、

稽古は夕方6時から。

ぽっかり空いた昼間の時間がもったいないが

衣替えには適してないしなぁ・・・

なんだか 身体が重いから

まずは久々にジムへ行って一汗流して来ようか。

出来上がってきた夜の来訪者のチラシも発送しよう。

 これ、出来立てのチラシでござ~い

       110927_082401

真夜中に訪れる怪しげなこいつは いったい「何者

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

ハイテンション稽古

「いやぁ~~いよいよ始まったねぇ~~

まだ冒頭の数ページ読んだだけなのに、

なんだか みんなウキウキ

どんな稽古が始まるんだろう?

どんな舞台になるんだろう?

芝居が好きでたまらないメンバーと絵梨ちゃんは、

久しぶりの響人公演に ちょっとハイテンション

今回は合宿稽古まで予定されちゃってる。

政治的な背景やら 作家の言いたかったことは

沢山あるのではあるけれど・・・

もちろん それも踏まえての作品ではあるけれど・・・

でも ある意味 家族の話だからね・・・基本。

山籠もりしての 家族稽古もまた面白そう。

と言いつつ・・・浮かれてるのは今のうち?

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本格稽古開始!

まだ別の公演を抱えている人も居るが

とにかく 今日から本格的な稽古がスタートする。

いろいろ考えすぎて

「こういうキャラクター」とか「こうでなければ」と

勝手にハマってしまわないように要注意

私は どうも最初に固めてしまい 

後半になって抜け出せずアワアワする性質

あの苦しかった経験を肝に命じて取り掛かろう。

ひとりで居ない事。

必ず相手から貰えると信じる事。

まだまだ時間はあるのだから、

とにかく焦って形を創らない事。

久しぶりに夫婦を演じる広瀬さんも居るし

色んな事をアドバイスしてくれる光夫も居る

芹とは ほとんど初共演だけれど

話をしているとなかなか興味深い男

卓爾とさやかは 信頼できる仲間のふたり

ある意味 かなり安心しきってのスタートです。

絵梨ちゃん!

またたっぷり芝居づくりの醍醐味を味あわせてね~

行ってきま~す

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

食べられる~♪

種から植えたバジル

なかなか大きくならないのは何故~?

110806_121902 詰め過ぎだってばぁ~

間引きをして プランター増やして・・・と

スーパーで買えばよさそうなものを

なかば意地になって育てましたのぉ~

      110925_141601

ようやく食べられそうなサイズになったぞぉ~

     Illust136_thumb

| | コメント (1)

2011年9月24日 (土)

静かな時間にホッ・・・

秋の風が爽やかに吹き

空は高く 気持ちのいい朝。

いろんなことを手早く片付け

原本となる《夜の来訪者》のページをめくる。

連休のせいか 今日は表に子供の声も聞こえず、

静かなこの独りの時間に

心がふわぁ~っと柔らかくなっていく感じ。

散歩したら気持ちがいいだろうな・・・

台本もって出掛けてみようかな・・・

 

《夜の来訪者》が日本で翻訳されたのは1951年。

その時代設定はいまから百年前もまえの1912年。

映画は なんと私が生まれた1954年に作製。

旧いっちゃ旧いなぁ・・・

これをこのままやるのかなぁ・・・

どんな舞台になるのかなぁ・・・

なんだか見当がつかなかったのだけれど、

昨日の顔合わせで絵梨子さんのコンセプトを聞き

「さすがじゃね~絵梨ちゃん」と思う。

まだ何も始まってはいないが

少しずつイメージも膨らみ、なんか楽しみ

 

 

 

| | コメント (0)

母からの手紙

ひとりなれど

美味しく夕食をありがとうさんです。

手紙 読みました。

ハンセイしたり フンフンと考えたりしますが

それ程 こたえてるとは思ひませんでした。

あなたと一緒に過ごすのが嬉しくて

少しくらい叱られても

少し引っ込んでも

すぐに元に戻り

毎日を楽しんでいました。

ゆっくりした時に話しましょう。おやすみ。

                  次子

 

稽古に行く前に食事と共に置くメモとは別に

この数週間堪りにたまった想いを

水色の便箋に手紙にして置いて出た。

 

「私は人間が出来ていないからガミガミ言うけれど、

それは憎くて言うのじゃないし、

けしてイジワルで言ってるのじゃないよ。

家が好きで 死ぬまでここで家族と過ごしたいという

その気持ちは解かるから、

だからこそ、ホームに行かなければならない時期を

何とか遅らせようと 煩い娘で居るだけ。

自我を通して 人の話も聞かないことや、

メモをしなさい、歩きなさい、のアドバイスも無視して

ただ屁理屈を並べて知らぬふりをするから、

一番嫌だと思ってるホームへの道は 

どんどん近くなってる。

私も正直 限界が近いです。」・・・等々・・・。

そんな手紙への返事がこれでありました。

 

帰宅したら 鉛筆書きの返事が置いてあり・・・

思わずグッときてしまう。

 

齢をとるという事は誰にもあることで

彼女の責任ではない言動や行動は致し方ないこと。

それでも 生きてる私、まだまだ生きなきゃならん私、

この場合 自分の人生を優先するのは間違いか?

私と一緒に居たいという切ない願いを

どういう状態になっても受け入れるべきなのか。

 

たぶん 明日の朝には 

私の手紙も 自分が書いた返事も覚えちゃいない。

それが すごく切ない。すごく哀しい。すごく虚しい。

あぁ・・・一年前にもこんな事あったっけ・・・

結局 何も変わらなかったっけな・・・

今 私が気の毒に感じ 感傷的になってる分、 

また同じ繰り返しに苛立ち 声を荒げ

「もう騙されるもんか!」と

ひどく腹立たしく思う朝になるだろうと思われます。

 

 

 

| | コメント (4)

2011年9月23日 (金)

心にもらった中村語録

「うちのお父さん いっつもくたびれてる。

僕と話なんか ちっともしてくれない・・・

でも 大人は大変なんですよね、きっと。

僕、大人になりたくない・・・」といった小学生。

こりゃマズイ!あたしら大人は大変かもだけど、

生き生きして楽しげに暮してなきゃ 

それを見てる 未来の大人は増々やばい!

 

私の友人の子供がある日冷めた口調で言った

「大人になりたくない」というあの声が蘇える

 

中村文昭さんの講演に「ふむ」と思う。

常識では不可能と思われる事も絶対あきらめず、

乗り越えるのに必要なのは《思い》しかないと。

「よく ライフワークと言うけれど

このライフワークを持ってる人は輝いている人。

お金のためだけに働いて疲れきってしまう人のは

ライスワークと言うんですよ」と笑う。

なるほど・・・確かに

(そういえばCFYにも出てくるな・・・

「お金のために働く人。名誉ばかりを欲しがる人。

そんな人生つまらない。若い時は二度と来ない~」

あの曲は ナイスワークだったっけ・・・)

夢がないと嘆くより 「人を喜ばせ続ける事です」

例えば就職を考える時

「給料は?会社の将来性は?世間体は?」

そんな事を考える人が大半かも知れない。

そして 勤め始めてみたものの 

生きがいや やりたい事が見つからず

結局 ライスワークになってしまう事も多かろう。

確かに 誰もが最初から

夢や目標をもってるとは限らない。むしろ少ない。

日々 ライスワークに追われながら暮してるかも。

でも!そこで 疲れた大人にならないためには

損得など考えず 「人を喜ばせ続ける事です」と。

「お金儲けは 入口じゃなく出口が大事。」

なるほどね 確かに。

目先の事に捉われちゃいかんのですな、人間は。

 

そこで ふと考えてみた・・・

よい作品に巡り合った時、

それが小さな小屋であろうと、

まったくお金にならない持ち出しの舞台だろうと、

お客様が「いい舞台だったね」と喜んでくれる事は

私にとって 何にも代えがたい幸福。歓び。

有名になってお金持ちになる事より、

本当にやりたいことをやり続ける事しか出来ない。

  

中村さんが 師匠と仰ぐ事になった方と

初めて会ったときの面白い問答が・・・。

「あなたの仕事はなんですか?」

「八百屋です」

「いえ、職業じゃなくて《仕事》はなんですか?」

「だからぁ~野菜や果物を売ってます」

「はい。それは職業です。あなたの仕事は?」

「・・・・・・?」

美味しい新鮮な野菜を皆さんに提供して

沢山の方が元気になって 喜んでもらうことが

《仕事》というんだそうです。

そう考えてみると 少し自分の道が見えてきそう。

相手に喜んでもらい続ける事こそ

生きがいに繋がるんだな、ライフワークというんだな。

 

さて 長々しく書いてしまいましたが、

いよいよ本日から《夜の来訪者》の稽古スタート。

これが私のライフワークです!と胸をはって

お客様が歓んでくれる舞台づくりに励みます!

 

 

 

| | コメント (3)

中村文昭講演(*^^)v

① 返事は0.2秒で!

 あなたに対してNOはない!素直な心0.2秒の返事で

 相手の心を掴め!

② 頼まれごとは 試され事!

 人から頼まれ事をされたら 

 試されてると思って 相手の予測を上回れ!

③ 出来ない理由を言わない!

 大抵の事は出来なかったのではなく 

 やらなかった結果!

④ そのうちと言わず いま出来る事を探して動け!

 「そのうちやる」は永遠にやらない。

 まず 動くこと!

  

以上、 その中村さんの

《師匠からの直伝 4つの鉄板ルール》だそう。

  

思えば、何かを聞かれたり、頼まれた時に

「ハイッ!」と0.2で応える人はまず皆無。

私だって「えっと・・・それって出来るかな?」と考え

「それって なんで私がするの?」と思ったり。

この中村文昭さんによれば

「考える間(ま)は 

自分にとって損か得かと考えてる間」

人は あなたに出来ることしか頼んではこない。

例えば僕に「十億貸して」という人は居ない。

でも「五十万貸して」という人は居るかも。

五十万だって簡単に貸せる金額ではないけど

やってやれない事ではないかも知れないし、

そのお金は その人にとって絶対必要で

それが その人の人生を大きく変える物かも。

人という字は 支えあって出来ている。

「自分が幸せならいいという人が増えている」

「だから だんだん日本という国はダメになってきた」

「『私にやれる事があったら何でも言って』という、

人のためにやらせてもらった事というのは

必ず我が身に返ってきて助けてもらえるんです」と。

 

とても興味深い中村文昭さんの講演会での一部。

こうやって文章にすると 何でもないみたいな話だが、

非常に心洗われる 感動的な講演会でした。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

食養生

数年前まで通っていた料理教室。

たかが ひと月に一回とはいえ、

なかなか調整がし難くなってきて二年で終了。

実は 私が本当にやりたかったのは、

料理の種類や作り方ではなくて、 

病気を食べ物で治す《食養生》なるものだった。

 

健康維持のために玄米酵素を食べる人もいるが

もともとの持病を抱えていたり、 

病気が発症した人からの質問がだんだん増え、

とてもじゃないが私の手には負えなくなってきた。

芝居とこの相談箱の両立はかなり苦しい。

大事な体の関わる事を簡単に判断できない。

専門家じゃない私が いい加減な事は答えられない。

『困ったな・・・』と思っていたところに善き情報

インターネットで《ケアごはん》を検索すると・・・

「あった!この前聞かれた○○さんへの答えが

 

人間の身体は日々食するもので作られる。

医療費ばかり増えて大変な事になってるこの国

食育という言葉が聞かれるようになり、

正しい食の意識が高まっている人もいるけれど、

知り合いのお母さんが作る子供のお弁当は

いまだに「チン」の冷凍おかず弁当。

子供のときこそ基本の身体作りが大事なのに

忙しいのは分るけれど・・・いかんでしょう

病気になってからでは遅いと思うんだけどな

誰もが 食に対する意識を高めたら

この日本の現状も変わると思うのですよ。

 

と、なんか偉そうに書きましたが・・・

食に興味のある方、最近不調だなと感じるお方、

《ケアごはん》をのぞいてみて下さいな。

お料理レシピも相談コーナーもあり便利ですぞ

 

 

| | コメント (3)

2011年9月21日 (水)

行ったかな?

ようやく風も治まり 雨も止んだようです。

いやぁ~ すごかったです

ベランダの鉢植えなんか可哀想でした・・・

出来るだけ ひどい風を受けないように

片付けはしましたが・・・グッタリしてます

私も ずぶ濡れになりながらの格闘にグッタリ

でも駅には電車に乗れない人々があふれ、

メリーポピンズのように傘もって飛んでる人も

それに さっきから救急車のサイレンが鳴り続け、

歩いてた人が怪我したんじゃなかろうかとか。

とにかく ホントに心配です・・・

関東でさえこんなに酷い事になってるのに、

愛知県や和歌山県はとんでもない事になってる。

心配で あっちこっちの友達にメールしました。

  

今は 安心したように虫たちがチンチロと鳴き、

開けた窓からは 

嘘みたいに気持ちのいい秋風が吹いてます。

ふぅ~ 明日はベランダ掃除からですかね・・・

でも この程度で済んでることを感謝しなきゃね。

なんだか疲れちゃったから・・・寝ま~す

また明日

 

 

 

| | コメント (0)

交通手段

夕方ごろから本格的な暴風雨とか

さて どういうルートで帰るのがベストかな?

行きも横浜から乗ろうとした東海道は乱れてた。

ふと外を見れば《羽田行リムジン》あるじゃないか。

よしよし!羽田空港経由でバス乗り継いだら、

最寄りの駅に濡れずに着くぞ

荷物も多いし、駅の階段を上ったり下りたりなし!

電車が止まるとか 遅れるとかの心配もなし!

案の定一足先にホテルを出た仲間からのメールに

「東海道線止まっちゃった・・・」と。

ふ~む 私なかなか先見の明があったわん

 

とにかく スゴイ風が吹いてます~

雨も横殴りで 傘は役に立たない

いま研修会のレポート書いてる部屋の窓の外も

ゴォーゴォーと木々が揺れ すごい音

そろそろ次子さんが帰宅する時間です。

湯船にお湯をはり 帰宅を待ちましょう。

「結構楽しかった~」と言ってくれる事を祈りつつ。

 

 

 

| | コメント (0)

台風直前のお台場の夜

東京とか横浜とかに住んでいると

わざわざは出かけて行くことの少ないお台場。

今回の研修会場が 

たまたまこのお台場の一泊研修だった。

明日はいよいよ台風直撃だね

同室の仲間と話しながら夜景をパチリ

すでに雲が低く垂れこめて こんな感じ

   3

東京タワーもレインボーブリッジも

いまひとつ霞がかかって・・・不思議な夜景。

研修も懇親会も終了したところで

久しぶりに ひとりBAR

   ホテル日航 キャプテンズバー

 Photo  110920_225501

最近 いいBARに巡り合わないから、

なんだかホッとしつつ 美味しいシングルモルト

いただきましたぁ~~

 

 

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

急に涼しい朝です

あ・・・まだ雨はそうひどくはなさそうですね・・・

夜中に シャラシャラという雨音で目覚め、

ひどい雨なら明日の会議は長靴スタイル?と

ボンヤリ夢の中で考えてましたが

しかしまあ 昨日とは打って変わった涼しい朝。

予報では気温だけは高いって言ってたけどな

これから 暑くなるのかな?

今年の台風、 なんだかねぇ・・・

スピードが遅く 大雨が長く続くから

あっちこっちでダムが大変な事になったり

避難しなきゃならない人達が大勢いるようです

自分や家族が大きな被害にあってない事に

感謝しなきゃです。

そして 今回の台風で大変な目にあってる方の

ご無事を祈ります。

今日の研修会も全国から集まるわけで、

どうぞ皆さん お元気な顔を見せてくださいね。

 

さてさて。ただいま6時30分。

急いで家事をすませ、次子さんを送り出し、

私も大きな傘を持って出かけるといたしましょう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

台風接近のその前に!

妙にゆっくり進んでた台風も

少しスピードをあげて いよいよ北上中?

ならば今日のうちに大洗濯大会だッ!

シーツにクッションカバーにタオルケットに

欲張り過ぎたせいで ベランダに干しきれない~

簡易の干し場を作って 朝から大汗かいた

 

明日は都内で玄米酵素の一泊研修会。

たった一泊ではあるけれど 

次子さんにはショートステイに行ってもらう。

本人は「入院したら出てこれない事ないよね?」と。

入院? いったい何を勘違いしているのか・・・

「どこも悪くない人が入院のワケないでしょ?」

「いつものデイのお泊りつきみたいなものだよ」

なんとか安心させ 前向きになってほしいのに、

この期に及んでも「やっぱり行きたくない」・・・

でも この先の事を考えると

ショートステイにだって慣れてもらわにゃ困るのね。

小さな鞄に 必要なもの詰め込んで・・・と

あっ・・・『全部名前を書け』って書いてるわ

ふぅ~ 一晩なのに 結構な荷物になりますな

 

というわけで・・・

今日は一日中 家事と雑用に追われて終わりそう。

蒸し暑いなかをバタバタするもんで汗まみれ

こりゃ 何度シャワーを浴びても意味ないなぁ・・・

そうだッ! 夕方 AMIが帰宅したら

次子さんも連れて 健康ランドに行こうっかなぁ~

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

気持ちを切り替えて!

今年の夏は最後になって 根性あるなぁ・・・

暑いッ!暑すぎるッ!

朝から30℃を超してますよ。

でも 連休で どこかにお出かけの方は

お天気でよかったですよねホントに。

台風の影響がでるのは 連休明けらしいから

いっぱいいっぱい楽しんで下さいませ。

  

私のほうは いよいよ来週から稽古に入ります。

ここんとこ観客モードや遊びモードになってたから

きっちり気持ちを入れ替えて取り掛からなきゃ

なかなか面白い本です《夜の来訪者》。

絵梨子さんが この本をどう料理するのか楽しみ

そして 料理される私は・・・ドキドキ

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

恐るべき85歳

今日は 次子さんの85回目の誕生日。

いやいや 元気で迎えられて何よりです。

相変わらず いい呑みっぷりいい食べっぷり

これが 元気の素なのでしょうねぇ。

ご近所さんが集まっての誕生会に

次子さん上機嫌の今宵です

 

みんなからの贈り物は 新しいステッキと花束。

   110917_150701

来年も 楽しい宴が叶うように

赤いステッキ片手に

  せっせと自分の足で歩きましょうぞッ!

頑張れ!次子ッ!

 110917_194402

 

 

 

    

 

  

  

| | コメント (2)

2011年9月16日 (金)

娘とランチ♪ベトナム料理

 

ベトナム焼き パインセオというんだそう。

  Photo

パリッとした薄焼きたまごみたいな中に具あり。

適当に縦にきったものを野菜に巻いて食す

ちょっと香辛料きいたピリッとしたソースつけて。

ふむ・・・なかなかヘルシー

      110915_122201 「いっただきま~す!」

ふたりで芝居観に行くまえの腹ごしらえのランチ。

「普段 自分では作らないものがいいんじゃない?」

  メグが私に言う。

「マネージャ-に怒られないヘルシー系がいいよ」

  私はメグに言う。

食べながら最近見て歩いた舞台の情報交換してたら

アッと言う間に開演時間じゃないかぁーーー

お腹がこなれないまま 走って劇場へ

  

いやいや~ 昨日の舞台も面白かった!

《キネマの天地》 憧れの栗山さんの演出。

本も面白い演出は栗山さん役者は揃ってる

ホンっトに面白かったぁ~。

徳川駒子役の三田和代さんは四季時代の大先輩。

私より☆歳年上だから・・・「えっ!☆歳!?」

なんとエネルギッシュに なんと楽しそうに

なんと生き生きと演じておられる事か

  

しかし、思うのだけれど・・・

入口で渡される数々の公演案内チラシね・・・

こんなに沢山の大小取り混ぜての公演案内

「こんなに やってるんだぁ~」と感心してしまう。

「あっ・・・○○さんが出る」「こっち△△君出るよ」

仲間達が あっちこっちで頑張ってる

よしッ!私も来週からは観る人から演る人!

充電期間に舞台からもらったエネルギー、

今度の舞台に 存分生かしましょうぞ

 

 

 

| | コメント (1)

2011年9月15日 (木)

高齢社会

確かに医者が言うように

急速に進んできた次子さんの認知症。

日時が判らないのは結構つらい・・・

朝一番の 一番忙しい時間に

何度も何度も「今日は○月○日○曜日」を

繰り返し教える私の声は すでにガラガラ

自分の都合で「なんでデイは迎えに来ない」と

休みの木曜日だというのに 今朝は文句言い続け、

こんなに暑いのに「冬空はきれいだね」と

上着を着込んで 空を見上げてご満悦。

脳のなかはどうなってるんだろう?

体感温度ってものはマヒしちゃってるんだろうか?

着たのか着てないのか判明しない下着が

部屋のあっちこっちから出てくると

情けなくて泣けてくる「子供じゃないんだから」。

が、介護中の友人が「子供より性質が悪い!」と

怒りまくってたよな・・・ん よく解かる

 

「今日はデイの日だ」と言い張り すでに準備完了

仕方ないから 無理にお願いしての急な参加。

いま送り届けてきたところです・・・

 

全国で100歳を超える人は4万人以上もいるとか。

そのうちの8割が なんと女性だそうで・・・

50年前と比べたら 312倍なんだそうですよ

土曜日にはめでたく85歳を迎える次子さんも

たぶん この先 見事に殿堂入りするんだろうな

でも・・・それって本当に幸せなことなのかなぁ・・・

そう思ってしまう私なのでした。

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2011年9月14日 (水)

父が燃える日

久しぶりに 青年座劇場に向かう。

《父が燃える日》の初日。

箱庭円舞曲の古川貴義さんの描き下ろし。

ちょっと遠い知り合い?が出ているんで、

真樹子さんと待ち合わせて観劇。

しかし~本当に久しぶりだなぁ青年座。

昔はよく観に行ったもんです。

西田敏行さんが

まだ紅顔の美少年?だったころは

よく青年座の舞台観させてもらいました。

 

今週は 今日は青年座、明日はこまつ座と、

観劇ウイークです。

今の私にはこのチケット代の出費はキツイけど

これもそれも 日々勉強なり!ですな

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

雲が割れた!

見て見てぇ~ この写真。

昨日 出かけようと駐車場まで行き

ジリジリ照りつける空を ふと見上げたら・・・

変でしょ?この雲

見事に 真横一直線にぶった切られてる

 110913_142202

真っ白い大きな入道雲がふたつ浮かんでて、

そこに見えるものに

「ん?これナニ?」と目を疑う 妙な光景。

よぉ~くよぉ~く目を凝らして見ると・・・

白い雲の前に黒い雨雲が真横に寝そべってる図。

マジにちょっとビックリしたのでした・・・

「いやだッ!不吉な予感!」。

ホント画に描いたようなバッサリ寸断の入道雲。

約束の時間に遅れそうなのに

思わず立ち止まって写真とった私でした

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

優しいアコーディオン弾き♪

選曲はほぼ決まったものの、

これがまた 私の歌った事のないものが多く

しかも 訳詞の作業はまだまだ続く。

チャリティーという事もあり、

節電ってワケでもないのだけれど、

機械音なしで 生声生演奏という方向で・・・と。

一回こっきりならまだしも・・・んー

三日で六回となると、やっぱり声が不安かな

今日 伴奏とのバランス等をみるためのリハ。

んー・・・やっぱり 薄くPAしたほうが安全?

今回は ピアノではなく

アコーディオンとギターで。

普段あまり聴きなれないアコーディオンの音、

なかなかいい感じ

30年以上にわたる友人クマちゃんの演奏が

唄う事への不安がいっぱいの私

心強く 優しく サポートしてくれる。

 

 

 

| | コメント (1)

2011年9月12日 (月)

今宵 中秋の名月

帰り道 夜空を見上げれば・・・

おぉ~ なんと美しい月

今夜は中秋の名月かぁ・・・ほぉ~~っ

まだまだビックリするくらい暑い毎日。

でも この月を見上げれば

確実に秋が来とるぞ・・・と

 

先日 親友のSちゃんの母上が亡くなった。

「母さん・・・もうお月さまに着いたかなぁ」

そちらから見た地球は 

いろいろ大変な事になってるのだろうが・・・

やっぱり美しく見えてるんだろか。

  110912_231101

いろんなことあってもさ・・・

蒼く 美しく 見えてるといいなぁ・・・

 

 

 

 

  

 

  

| | コメント (2)

目覚めスッキリ「おっはよぉ~」

睡眠というのは 本当に体を蘇えらせてくれる。

12時前の就寝は大事だと言われていても、

これが なかなかそうはいかない日常。

でも 昨日はさすがに「こりゃマズイ!」と思い

早めに就寝 

いあや~ 今朝はおかげで気持ちがいい

昨日ダラダラした分を取り返せそうな

スッキリくっきりの爽やかな目覚め。

エネルギーがある時って何でもトットと片付くねぇ

掃除 洗濯 大量のゴミ捨て 夕食の仕込み・・・

ぜ~~んぶ終わっちゃったぁ~

 

今週もまずまずのスタート

12月のチャリティライブの音合わせや、

まだまだ続く訳詞との格闘やら、

コーラスの稽古やら、

やっと納得してくれた

 次子さんのショートステイの面談やら・・・

何気に忙しくはあるけれど

合間をぬって稽古スタートの準備をせにゃならん

そして 週末は 次子さん85歳の誕生日

今年のプレゼントは 新しい杖かなぁ~

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月11日 (日)

夜の来訪者

公演のご案内させていただきます。

  響人 第五回公演

 《夜の来訪者》 J.Bプリーストリー作

2011年 11月5日~13日。

   上野ストアハウス

演出 小川絵梨子

出演 広瀬彰勇/末次美沙緒/遠山さやか/高橋卓爾

    芹沢秀明/吉原光夫

チケットはこちらでもご予約いただけます。

 https://okepi.net/torioki-m/booking_form.aspx?said=ea14cb01-976b-497d-b6f2-026d7be2a921

 これから 小川絵梨子の容赦のない稽古が始動

 楽しみのような 恐ろしいような・・・

 きゃっほぉぉぉ~~~~

 

 

 

| | コメント (5)

ぐだぐだ日曜日

徹夜はもう絶対に無理。

半徹でも かなり堪える歳になったようね

空が白々と明ける少し前にベッドに潜りこみ

そのまま 昼まで爆睡してた・・・

頭がボォーっとしてる。身体もグニャン

昨夜の宴の片付けと 洗濯&掃除をすませ、

熱いシャワーを浴びてようやく復活

特に予定のない日曜日でよかったぁ

もういいかっ・・・どうせスタートから

ぐだぐだの日曜日になっちゃってるし。

こういう日もたまにはあるさ

 

 陪審員をお迎えする会議ならぬ宴のテーブル。

     110910_200101

 続々と集まるもと陪審員のみなさま。

  なんについて討議いたしましょうかね・・・

       110910_202101

またのおこしをお待ちしております。

 でも・・・・今度は 半徹やめようね~~

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

秋の夜長に・・・

ヒグラシが鳴き、それに混じって虫の声も。

あぁ・・・夏と秋の狭間だな~って空を見る。

暑い一日だった昨日の夕方の空は「きれ~ぃ」。

ブルーとピンクとオレンジ色が混ざった夕空に、

思わずうっとりして長い間ベランダに立つ。

   110909_181002

 少し 日が短くなった気がする。

 この秋から暮れにかけては

 少々忙しくなりそう・・・

 ええこっちゃ 楽しく頑張ろう

 

 さて今宵は《12人の宴》

 仕事や ニュージーランドに帰ってる人や 

 珍しく「熱発しちゃったぁー」と

 急遽参加出来なくなった人も居るが、

 12人中3名の欠席なら 

 「ほぼ再演できるぞ、我が家で」なんちゃって。

 台所から 角煮や五目煮こみなんぞのいい香り。

 今宵は 夜を徹しての芝居話が楽しみだ。

 

 

| | コメント (1)

2011年9月 9日 (金)

タロットが教えてくれる事

私には 聞きたいことが三つあった。

①母と私は これからどうなる?

 私がこの先を想定して

 やろうとしてる事は人間として間違ってる?

②事務所を辞め、新たに挑戦する道は

 ○?×? 今の方向に間違いはない?

③で・・・時間あるなら聞いておくかな、てへっ

  私の愛する男との未来は どうなっちゃう?

 

①に関しては

 「そうなのか・・・最後はやっぱりそうなるか」

 私の舞台を心の底では楽しみにしている

 母の生きるこれからの道。

 当分 長生きはするものの

 暴れる?ことなく、 意外に?素直に

 「娘の生き方に納得。仕方ない。諦める」と。

 その時期は そう遠くはなく

 理屈で納得するというより 彼女の感性が

 そうしたほうがいいんだと理解するそうで。

 『あぁ~そうなってくれたら有難い!』

  

②は これまでの生き方が投影される時期と。

 「無駄ではなかったですね、この数年」と

 彼女に言われた時には不覚にも涙でそう・・・。

 忙しく 沢山の仕事をこなしてきた時代より

 役者として 花が咲くのは実はこれから。

 「面白い舞台や人と巡り合いますよ」と。

 で・・・③ ついでに聞いた彼氏の事。

 「はぁ~~~っ そうですかぁ~~~なるほど」。

  

詳しくはこっ恥ずかしくて ここには書けない。

「フムフムなるほどね」・・・

タロットカードが語ってる未来は

「彼に予言した私の言葉と同じじゃないの

私 意外に予言者?と思えてしまう。

10年後が なんにしても楽しみになってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2011年9月 8日 (木)

あぁ!早すぎた!

ホント!もっとゆっくり寝たいのに・・・

齢のせいですかねぇ?めっちゃ早起きになった。

一度目が覚めると もうどうやっても眠れない私。

家人はまだ全員夢のなか・・・

ガタガタと 掃除や台所するワケにもいかず

珈琲だけ入れて ベランダの花の水やりして、

洗濯機だけまわして・・・と・・・

もう やれる事なくなっちゃった

早く みんな起きてこないかなぁ。

 

今日は 月に一度のケアマネさん訪問日。

例のショートステイの話がでるだろうから

また 言い争いの嫌な予感がしまする

夕方からは ちょっと興味深いお方と会います。

占い師ではないのだけど・・・何か見える人らしい。

こういうの意外に好きなんですね、私。

AMIも興味津々で「私も合流するッ!」と。

全面的に占いとかを信用するワケでもないけど、

何かを感じるこういう人からは

ヒントを得られる事がよくあります。

 

あっ・・・次子さんが起きてきた。

ご飯の支度しよぉ~っと

占いの結果報告はまた後ほど

 

 

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

本日は曇天なり・・・

この数か月の状態を話せば

「年齢的な事や発症した時期を考えれば

そろそろ山場の頃なんですね」との説明を受ける。

「施設や入院という方法を考えて」とも仰る。

そう言われると『次子さんそこまで酷いのか?』と、

認知症の平均?状態というもんが判らない私は

迷ったり不安になったり何だか後ろめたくなったり

どこか体の具合でも悪ければ入院も致し方ないが、

どこをとっても 一応健康体。

第一 次子さんは「イヤダァー」と暴れまくるだろう。

精神科に入院なんてことになれば

一気に認知症も進んでしまうような気がするし、

同じ拒否をされるなら 圧倒的に施設の方がいい。

人と交わらないほど 

次子さんにとっての苦痛はないだろうから。

家で最後を迎えられないにしても、

入院して 病人扱いされるなど 

彼女のプライドが許さないだろうし 可哀想すぎる。

 

それにしてもなぁ・・・

「入院ってお幾らくらいかかります?」と聞いてみた。

「だいたい一か月二十万くらいですかね」

ひゃぁ~~~

グループホームにしろ、病院にしろ、

とにかく人間って 死ぬまでお金かかるんだぁ

とてもじゃないけど毎月二十万なんて払えないよぉ

年金だけで暮らすお年寄りはどうしろって言うの?

 

しかし、真剣に考えておかなきゃならない。

このままの状態では 私 仕事できないし・・・

仕事しなきゃ どこにも入れられないし・・・

入れるためには仕事いっぱいしなきゃだし・・・

とにかく何か手を打たなきゃこっちが倒れそうだし

おぉー 悪循環

だんだんと「長生きなんてアタシャ絶対したくない!」

そういう気分にさせられる本日

空は久々の晴天だが

   心は《本日曇天なり》

 

 

| | コメント (1)

死ぬまで女・・・

二か月に一度のメンタルクリニック日。

といっても 母の状況を説明し薬を貰うだけ。

認知症用の薬は 医者と相談してすでに中止、

いまは 軽い抗鬱剤だけを調合してもらってる。

効果があるのかどうかよく解からない・・・

医者は「もともと躁鬱の傾向にあった人」と。

本来は激しい気性の人だし

あの波乱万丈なこれまでの人生を考えれば

「まぁ そうかも知れない・・・」とは思う。

こちら素人だから「これを呑んで」と言われれば

まあ従うしかないんだが・・・

自然のままが一番いいとは思うが

今の状態が薬で緩和されてるものであるなら、

家族で生活してくためには呑んでもらうしかない。

高血圧も然り・・・

「降下剤は認知症に悪い影響を与える」と聞き、

中断も考えたが、こっちの医者も「呑んで」と。

 

というわけで

今朝は早くから二軒の医者をハシゴする。

病院混んでるからなぁ・・・

半日仕事になるだろうなぁ

 

そして 母が起きてきて言う

「どこ行くの?病院?誰の?なんで?私は?」

おぉ~ 朝から質問攻めかいな・・・

「歯が痛いの、ついでに歯医者にも行きたい」

それ毎朝聞いてます、そして答えてます・・・

「痛い人はそんなにバクバク食えない。

この前 定期健診したばかり。

歯医者もやることなくて困ってる。

どうしてもって言うなら 総入れ歯しか手はない」

「・・・そんな総入れ歯なんてカッコ悪いからイヤ」

なら・・・医者の指示に従ってくれ~~

「今日のデイのお迎えは藤川君だと思うよ」

突如 母の態度が変わる

「あらそうなの?」

お迎えが男性となると 豹変してしまう母。

入れ歯の件と言い お迎えの件といい、

女を捨ててない母を羨ましくも感じ、疎ましくも思う。

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

痩せない悩み

友達の友達が「努力してるのに痩せない」と。

ある日 その彼女が友達んちに遊びに来たとさ・・・

ふたりで 美味しいケーキを食べたあと

(いや・・・ケーキがまずいんだが

私の友人はおもむろに玄米酵素をパクッと

「それなぁ~に?」という彼女に食べさせたら

数日後「体重に変化あり!あれ食べたいッ!」と

電話がかかってきたそうな・・・。

たぶん その時期がダイエットの途中で起こる

いわゆる停滞期だったのだろうと思う。

それと重なって効果を感じられたのかも

それでも「健康的に痩せるならトライする!」と

その彼女が言ってるそうなんで

《彼女のためのレシピ》を考え 今朝レポート作成。

作りながら 我が家の食卓を思い描く・・・

いかん!うちはどう考えても食べ過ぎだろーー

人の心配してるどころじゃないぞぉー

 

もともとアレルギー体質改善のために

四年前に玄米酵素と献立を組み合わせてスタート。

動物たんぱくを摂らないこと三ヶ月。

肉派の私にはちょっと苦しかったけれど

その甲斐あって 半年後には変化が

翌年の春には 花粉症にも悩まされず

「毎日の食事がいかに大切か」を学んだ私。

そこには 嬉しいオマケもついてきた

体重が5キロ、体脂肪は19%まで落ちてた

そのやり方を 悩める女性たちに伝授して

「ありがとぉ~~」と喜ばれていたのに・・・

なんてこと 今の自分は何じゃらホイ

これじゃいかん!絶対いかん!

今更モデル体型になるこたぁないが(そりゃ無理

健康を維持するためには 再度見直ししなきゃ

人の心配してるどころじゃないぞッ

 

ってんで

今日から少し小食志向にになろう。

副食減らそう。主食を中心に、和食で行こう。

今夜は めざしと納豆と具だくさんの味噌汁か?

胃腸の丈夫な次子さんが

「肉食べたーーーい!」と文句を言うだろうなぁ

 

 

 

| | コメント (1)

yasenai

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

グッタリ気味

こちら横浜は 台風の影響はさほどなく・・・

が、今日もなんとなく鬱陶しい空です。

晴れ間が見えたかと思えば 突然降り出す雨。

さっきから 洗濯物を入れたり出したり

ん~どうしよ~落ち着いて出かけられやしない。

 

今週の観劇は・・・と

広瀬が奮闘しているクレージー覘いて来ようか

観に行かなきゃならない舞台もあれこれありだな。

自分の稽古の準備もそろそろ本腰いれなきゃだし。

 

週末は 12人の共演者たちがみさ亭に結集。

どういう話の流れだか

すっかり夜を徹してやる気満々のメンバーたち。

「パンツ持ってくる

どうやら 泊りがけの予定のようですな

そうだ!

この前の年季の入った?洋酒片付けてもらおう

棚が落ちるまえに・・・ よしよし良いタイミングだ。

  

 

はぁ~ッ気圧のせいなのか、はたまた夏の疲れか、

なんとなくグッタリ気味の本日ですが・・・

いかん!いかん! こういう時は身体を動かそう!

なかなか行かれず 払ってばかりのジムの月謝、

こりゃ いかにも もったいない

よっしゃ 気合入れて 汗流しに行ってくるかッ!

 

 

 

| | コメント (3)

2011年9月 4日 (日)

Mig wetch

百年もまえに書かれた戯曲とは思えない、

岸田國士の美しい言葉が

そして あの時代が

またまた あの小川絵梨子の手で蘇える。

《Mig wetch》ミーグウィッチ。

《屋上庭園》は完全なる台詞劇。

そして もう一本《職業》は

今でいうインプロみたいに見える芝居。

職業は 男優と女優。なんとも身につまされる

ちゃんと台詞として書かれたものを

あたかも 今即興で演じているように魅せるのは

役者にとっては 至難の業だろう。

クックックッと笑える。暗くないのがいいなぁ。

休憩中には

「お好きな飲み物をそのままお席に」と、

私には しごく嬉しいBARカウンターあり。

後半は 音楽とショートストーリーで楽しむ。

笠置しずことか、あの時代の歌が

「あら・・・ヤダ。私みんな知ってる この曲」

もちろん私は大正の人じゃないのだけれど、

どれもこれも 子供の時に母が教えてくれた歌。

久しぶりに 栗や麻衣や縄田くんに会い、

彼等がコツコツ芝居を続けていることに

嬉しい~~」って思う今日の舞台。

  

チラシやチケットの画は 

若くして亡くなった仲間 米澤くんだった。

きっと彼も天国からこの舞台観てるだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

ゴォー!の音に目覚めて・・・

台風夜中に大雨になるのだろうと予想して

暑いのを我慢して窓を閉め切る。

おぉー 蒸し暑いよぉー

寝苦しいよぉー

で、今朝 蝉の声と風の音で目が覚めた・・・

「あれ?蝉ないてる?大雨じゃなかったっけ?」

6時の天気予報を見れば「夕方からマーク」

どんだけ ゆっくり進む台風なの?

しかし、風はとてつもなく強い台風の風。

森の木々は揺れベランダの花は強風に耐えてる。

 

四国地方 中国地方は暴風雨で大変そうです

雨は広い範囲にわたってるようで

東北や北海道も大雨・・・

自然の猛威には逆らえないけど

ことに復興中の東北地方が心配ですね・・・

どうか みなさまご無事でいらして下さいませ。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2011年9月 2日 (金)

笑う角には福来る♪

小劇場での芝居に参加させてもらうようになり、

最近では 演るだけではなく観る舞台も

何気に小劇場のものが多くなった。

昔むかし、私が若かったころの小劇場といえば

どちらかというとアングラ系のものが多く、

実は これらはどうも私の生理にハマらなかった。

いまでも いわゆるアングラ系は得意じゃない。

芝居には 数も種類も いろいろある。

壮大なテーマをもとにしたのもあれば、

家庭劇みたいなの、様式的なもの・・・いろいろ。

 

昨日 サンモールで観た《ランディおじさん》。

これは どういう範疇に入るのか判らないが、

「とにかく芝居というのは面白くなきゃ!」と

思ってる私には大満足の一夜だった。

「こんなにくだらないのに こんなに面白い

(これはパンフに書いてあったままの一節です)

確かに その一節がすべてを語ってる気がする。

久しぶりにお腹をかかえて笑った。

役者たちはのびのびと楽しそうに演ってる。

笑いのツボ、間合いが実にうまい。

12人で共演したうちの3人が

あの演目の時とはガラリと違った役作り。

ハッキリ言って 本当にお金にならない小劇場。

でも 彼らをみているとそんな事はお構いなし

心底芝居が大好きな仲間達が 神々しく見えた。

 

まだ5日までやってます。

席はまだありそうです。

お暇な方、笑い転げたい方、ちょっと覗かれては?

この世の憂さを晴らしてくれるかも

 

  

| | コメント (2)

2011年9月 1日 (木)

作戦変更!

前日を引きずらない!というのが指針だが・・・

やっぱり 朝から苛立たせてくれる次子さん。

けど、今日からはシカとする方法に切り替え!

「今日は何日?ねぇ何曜日?」

「まず携帯を見る。日時が出てる。

 次に 昨日時間かけて作ったカレンダー見る」

「デイはなかったんだっけ?」

出掛ける準備してしまった次子さん。

私はわざと知らんぷり。

(だって一人で居たら尋ねる相手は居ないんだよ)

それでも「ねぇデイはないの?迎えが来ない」

「だから、カレンダー見なさい。書いてある」

(断固として教えない。自力でやってみなさい)

 

「なんでも一人で出来る!一週間くらい。」

そう豪語・宣言したのだから 

本気でやってもらおうじゃないか 

私は知らない。私は自分のやるべき事だけやる。

次子さんを中心に生きていたら

経済も 私の本来の仕事も 時間も 人生も!

何もかも パーになってしまう。

酷い娘だ、親不孝だ・・・誰に言われようと構わん!

 

夕食の支度だけして 私は予定通り出掛ける。

「どこに行くの?ねぇ どこに行くの?」

「もう何度も答えました。10回以上は答えません」

応えを待つ哀しそうな顔にはもう動揺しないッ。

だいたい間違ってたアタシ。

なんでも 面倒みすぎた。優しくし過ぎた。

《家が好き、美沙緒が好き、だから何所にも行かん》

ならば 《家はつまらない、美沙緒は冷たい・・・》

その方向でいってみる事にする。

かなり 強烈な方法だが、もう手がない。

 

さぁ!気分を切り替えよう。

みさ亭市場を 介護日記なんかにしたくない。

今夜はシアターサンモール・Sで《ランディおじさん》

12人で共演した仲間たちが3人出てる。

行ってきます!

 

 

 

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »