« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

ガムランの音に魅せられて

ガムランとかバンブーで作った楽器とか、

とにかく バリの音楽には魅せられる私。

なんとなく 心が落ち着く。

初めてのバリ旅行の時には

知り合いのシルバー屋さんで

ガムランボールを大量に買い込み、

お土産用にストラップにしてもらったり 

自分用のピアス作ったり。

(注)実際ピアスは耳元でちょっと煩かったけど

 

今回 どうしても欲しかった物の一つがガムラン。

だけど いくら何でも大きすぎて持ち帰れない。

Amiがライブで使うかもと思い

マラカスとか よく判らないマラカスもどきとか

いろいろ小さな楽器は買ったんだけど・・・

うーーーん ガムラン欲しいよぉー。

(買っても弾けないと思うんだけどね

 

あっ!玩具みたいなガムラン売ってる!

もう何でもいいや~ガムランなら。

  Attachment00

あはっ 弾き方も知らないのに

こんなの買っちゃった。

みさ亭の宴会の遊び道具になりそうだなぁ

 

 

 

| | コメント (0)

資源活用しない国民性

バリには豊富な資源がいっぱい。

水・米・銀・スズ・海産物・それにこの気候。

この『気候』が問題なのかな・・・

なにしろ自然の中に食べ物は豊富にあり

ちょいと手を伸ばせば タダ同然で手に入る。

頑張って働かなくても大丈夫な島の人の気質。

どちらかというと女が働き

男たちは優しいばかりで怠け者風。

まあ男女いずれもノンビリしたスローペース。

 

ながい間 植民地だったバリだからなのか

この資源を使って何かをしよう!何かを学ぼう!

そういう積極性が殆どないらしい。

外国の企業はどんどん入り

大きなプロジェクトを立ち上げてる。

もったいないなぁ・・・とつい思ってしまう私。

しかし この国民性じゃ仕方ないのかも・・・

走ってるバリ人見たことないもん。

渋滞の道をヌラリクラリと横断するマイペースさ。

時々走ってる人影見れば・・・あら外国人だわ

みんなによく笑われる生き急ぎのこの私も

ここで暮らせばああなるかしら?

いや・・・無理だな・・・

やっぱりバカンスに来る町だね、ここは。

永住は 私にゃ到底無理そうですわ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

ジンバランビーチにて

サンセットディナー。

海岸線に立ち並ぶ沢山の店から

最高のロケーションとポジションを選び、

まだ日が高いうちから特等席を陣取った。

陽に焼けようがなんだろうが なんのその!

ラッキー!ラッキー!ラッキ~~~!

私は天下の晴れ女~~~

1月の前半は さすがに雨季だもんで大雨続き。

サヌールなんざ膝まで水がきて大洪水。

まったく歩けなかったそうな。

「晴れ女の威力だねぇ~」と

アグス君の奥さんトモミさんが驚く。

 P1030061

気っ持ちいい~~~

ほらほら・・・太陽が沈んでいきますよぉ~

  P1030069

なんかわからないけど・・・涙が出そう。

P1030078

      P1030089

私は思わず手を合わせる。

今日も一日ありがとう。

バリに来させてもらって家族の皆にありがとう。

至福の時間を 本当に本当にありがとう。

陽が沈み切り

美眉のような三日月と輝く星が現れる。

  P1030093

   やっぱり この島のこの景色が私は好き。

 

 

    

| | コメント (0)

国が違えば・・・

日本なら 長男が後を継ぐのが通常。

でも違うんだってさ、ここは。

麻子さんちは 女の子でひとりッ子。

村の人に言われるそうな・・・「男を産め!」

「お父さんの葬式は誰があげるんだ!」と。

基本的に 女性には何の権利もない。嫁でさえ。

末っ子の男子が親の面倒をみて

遺産は公平に兄弟のみで分ける。

したがって 何も貰えない女子は

いち早く夫をみつけ 

男の子を産むことにすべてを賭ける。

しかも一夫多妻制。

女性の自立なんてとんでもない。

発言権もないし

麻子さんのように村の中で自立してる女は

白い目で見られ続けるのだそう。

もう15年以上 村で暮らしてるのに

上から下までジワァ~と見てはコソコソ話の女達。

「あの日本の女は仕事なんかして 儲けてるのよ」

「男の子も産まないでどういうつもりだろうかね」と

聞こえよがしに言われるんだそうだ。

そういう女性は 一生村を出ずに 

手内職と子供を産むだけで人生を終るらしい。

そして それが普通なのだそうだ。

だから彼女は 村の女性を使って

石鹸づくりに励み、交流をはかってる。

やたらと行事やお祭りの多い村で

「全てのヒンズーの祭りには参加出来ない。

でも村には精一杯貢献する」

そう宣言して石鹸作りながら暮らしてる。

 

老後はバリ暮しなんて思ってたが

このスローペースと風習にはついて行けそうにない。

やっぱり・・・遊びに来る島なのかもなぁ。

 

 

| | コメント (0)

クリームバス

頭の中までグイグイ揉みこまれ軽~くなる。

行きの飛行機の中で覚えたはずの歌詞は

イカという娘の指技でどこかに流れちゃった感じ。

いやぁ~スッキリ!

カチコチだった頭皮が蘇えった?感覚。

それにしても バリでスパ体験すると

日本に帰ってからしばらくの間 行く気が失せる。

日本のエステやマッサージ高いんだもん・・・

街中のクリームバスはあまりなく

(水は豊富だが設備にお金かかるかららしい)

アロママッサージが平均800円のところ

クリームバスは2000円くらい。

それでも日本では考えられない値段でしょ

関ママもご満悦の表情。

 120126_170501

「あらぁ~~眠っちゃったわぁ~」って。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

バリ再現料理

バリで食べたナシゴレン&サモサ等々、

マーケットで買ってきたあの独特の調味料で

一応再現してみようかな・・・

ついでに市場で買った布をテーブルクロスにし

留守番してくれた次子さんとAmiのために

「さあ 召し上がれ~」。

あらぁ~~?こんなに辛かったかしら?ひぃ~

120131_181501

ふむ野菜スープの素は なかなか美味しい。

日本にある食材では この味は出ないかもな。

バリ料理 本日で終了!

漬物とご飯とみそ汁の献立の方がいいなぁ・・・

 

 

 

| | コメント (0)

穏やかというのか・・・(・・;)

バリ報告の途中ではありますが。。。

留守中 S・ステイに行ってくれてた次子さんが

私の一日遅れで ただいま帰宅いたしました。

これで いよいよ超~~日常が戻ってきます

バリの洗濯のあとは

一週間強のS・ステイの物の洗濯。

これもまた 山のようですなぁ・・・

でも・・・ちょっと哀しいのです。

「楽しかった?」「話の合う人が居たんだってね」

癒されたばかりの私は少しばかり優しい口調で。

「・・・?・・・??」

「私 どこに行ってたんだっけ?デイ?」

「いつから行ってた?」「さっき送ってきた人は誰?」

 

バリの御土産を渡したら

「ん?あんた何処かに行ってたんだっけ?」

凹みます・・・かなり・・・凹みます。

あとちょうどひと月で 次子さんはG・ホームに。

認知症が進んでる時には刺激を与えない方がよいと

医者は言いました。

毎日を穏やかに暮らすS・ステイは善いだろうと。

だけど・・・

穏やか過ぎたのか 何なのか・・・

なんとなくボォ~っとしてる次子さんを見て

ショックを隠せません、私。

 

今夜 三人でワイワイごはん食べたら

また少しは元の次子さんになるかしら?

バリ話と S・ステイ話をしながら

今夜は バリで食べた料理を再現してみましょう。

 

 

 

| | コメント (0)

バリの食

今回はファーストフードの話。

もちろんあるんですよ、ケンタッキーにマクドナルド。

それがね・・・

「パンじゃないんですよ~ ご飯!ご飯!」と

 アグス君の愛妻トモミさんが言うのです。

「パンじゃない?ご飯?何それ?」

リサーチのため入ってみました、ケンタッキー。

  P1030043

パンにサンドされた いわゆるチキンバーガーも

もちろん存在するのです。

でも 普通にセットを頼むと 普通にこうして米付き。

ほわっと丸くしたオニギリ風がアルミに包まって

これが定番。そして超人気メニュー。

ホカ弁屋さんにあるような形態の

ケンタッキー定食弁当ってのもありました。

バリではちょっと贅沢なメニューなんだって、コレ。

 

なんせ一年中こんな気候だから

田んぼは四期作。米どんどん作っちゃう。

この島の人がちょっと怠け者っぽいのは

一年中 米と果物がその辺にあるからなんだそう。

米と その辺の果物を勝手に採って暮せば

なんと5000円もあればひと月暮らせるんだって。

はぁ~ しかし国が違うとファーストフードも

こんなに違う商品になるのね・・・

でもね 日本も本来はお米の国。

腹もちもいいし、パンより太らないし、

日本のケンタッキーも導入したらいいのに

と思う私なのでした。

 

 

 

| | コメント (0)

GAZEBO

GAZEBOというのはスペイン語らしい。

日本なら 鼓櫓とう意味か?

ちょっと京都の川床を思い出させる作りの店。

クタで町スパをしたので

そこから遠くない《BALE UDANG》という店で夕飯。

ジャワ出身のガイドのアグス君によれば

「バリ料理よりジャワが美味しいねぇ~~」と。

うん!確かに美味しい。

P1030011

         P1030013

淡水魚の揚げ物は美味。

全部 右手だけで食べる。いやこりゃ難しい

水辺の風が心地よく ゆったり気分の晩御飯。

一日だけ付き合ってくれた麻子さんと

いっぱいお喋りして 今日も楽しく暮れていきます。

  P1030007

 

 

 

| | コメント (0)

変わっていく町

4年半ぶりのバリの町を車で走れば・・・

なんとまあ 車の数が多くなったこと

言っちゃ悪いがオンボロ車ばかりだったのに

しばらく来ないうちに日本車がい~っぱい。

しかも 数が増えてない?

「クレジットが緩くなったから皆ローンで買うの」

あっそう・・・

車はきれいになったけど

相変わらず 車道も歩道もガッタガタの凄い道。

驚いちゃうのはバイクの多さ

しかも まったく交通ルールなんてもんは無視。

大渋滞の道を好き勝手に走りまくっててヒャッとする。

  P1020998  P1020995

お巡りさんの言うことなど無視!無視!

一応 形ばかりに交通整理に出てるお巡りさんは

無視して通り抜けるバイクのニイチャンの頭を

ゲンコツでゴツンと叩いた。あらビックリ

どういうワケか小学生みたいな子まで

普通の顔してバイクに跨り 

私たちの車の隙間をぬってギリギリを走り抜ける。

「免許証なんてほとんど誰も持ってない」

「五百円くらいで買えちゃうの、免許証」

私 絶対この町を走行などできません

 

しかし この渋滞のおかげで予定は色々変更に。

「天気はイマイチ。サンセットディナーは明日かぁ」

「ケチャを観にウルワツ寺院に行くには間に合わん」

さて・・・山のような買い物と軽くなった財布を持って

今宵はどこでご飯しましょうかね~

 

 

| | コメント (0)

バリ 3

どうしてもどうしても まだ体が日常モード。

今朝もトッとと目が覚めちゃったワケだけど

おぉ~昨日より暑そうだなぁ・・・

でも海からの風が木々をぬけて吹いてくる。

あぁ~ 今朝も気持ちのいい朝だこと

昨今の日本の夏を思えば 全然過ごしやすい。

朝食9時半。麻子さんが11時に来てくれる。

わぁ~い 4年半ぶりの再会だぁ~

しかしなぁ・・・家に居たら朝食抜きは普通なのに

旅に出るとお腹がすく。モリモリッ

 

ケチャダンスも興味をそそられるが

お天気がもってくれれば

何たってあのサンセットざんしょ!

さて・・・今日は何をしよっかなぁ~。

まずはホテルの中を散歩しましょうかね・・・

 P1020978

         P1020985

家の事も 仕事の事も忘れてリラックスの二人

    P1020979

おっ!そうこうしてるうちに麻子さん到着!

「ヤッホォー 久しぶり~

  P1020992

今回は 前回とは違う相方を連れてやってきた。

麻子さんは 急に日本への輸出の件で忙しくなり、

明日からはその相方アグスと日本人の奥さんが

私たちをエスコートしてくれる。

あら麻子さん、今日一日とは残念だが・・・

でも 麻子さんが何年もかけて開発したあの石鹸、

ついに軌道にのり 輸出してるんですかぁ~

よかったねぇ~~~

苦労したもんねぇ・・・麻子さん。

この島で日本人女性が生きて行くのは

そりゃもう 並大抵じゃないそうで・・・

いろいろあるお国事情などは

また別の日に書きましょうかね。

 

 

 

| | コメント (0)

バリ日記 2

1月25日 バリ島二日目

あらら・・・

体内時計は私をゆっくり寝かせてくれない。

まだ おもては真っ暗じゃないの・・・

いったい何時なの?

ホテルの部屋にはわざとなのか時計がない。

もう一度頑張って寝よう!

それでも6時にはどうしたって目が覚めてしもた。

南の島独特の鳥の声に誘われ ポーチに出る。

はぁ~こういう時間

この何とも言えない瞬間をを待ち望んでました。

島の人の気質と同じなのか 

人懐っこい鳥たちが集まってきてしばらくお喋り。

  P1020968

 

「相変わらず早いねぇ~」と起きてきた関ママと

ポーチで優雅なコーヒータイムを過ごし

今日のスケジュールを楽しく検討。

デンパザールの市場やスミニャッックで買い物?

夕方は お天気よければ

ジンバランの海辺で 夕日を見ながらごはん?

キャッキャッ!

熟女というか 

パジャマのままのオバサン二人は大はしゃぎ~

 P1020990 P1020988

 

  

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月30日 (月)

バリ日記 1

1月24日 成田発

昨夜からの大雪で予約してたバスは危険

間に合わなかったら最悪だし・・・というんで

急遽 荷物かかえ成田エクスプレスに乗るべく

まだ辺りが真っ暗なうちに自宅を出発

 

なんだ~ぁこんな日に限って この雪景色。

  P1020953

搭乗を待つ間 すっかり開放された私たちは

まず成田にてと和菓子で乾杯。

    P1020958  P1020959_2

 

朝っぱらから私・・・いいのかしら・・・?

 

7時間半の空の旅で 到着したバリ島ーーー!

   P1020972

暑ッ 数時間前に寒さで震えてたの嘘みたい。

今夜はとにかくゆっくり過ごそう。

まだ一人歩きの怖いビビリの私は

(初日から町の食堂で腹痛起こしたらいかん

高いといっても日本の半分にも満たないから

バリハイアットの中の海辺のイタリアンで夕食。

P1020965 P1020966

            P1020962

明日からは きっとバリ料理になっちゃうからねぇ。

ここのイタリアンは美味しいし リーズナブル。

でも 調子にのって頼みすぎた・・・

ふぅ~~~お腹が破裂するぅ~。

ひと泳ぎしたいとこだけれど

ワイン飲んじゃったしなぁ・・・

今夜はおとなしく部屋で過ごそう。

明日はゆっくり鳥のさえずりを聴きながら

ぼぉ~~っと目覚めるとするか。

 

潮の香りと 波の音 風の優しさ・・・

あぁ~ 幸せ

  

 

 

 

 

| | コメント (1)

ただいま帰国!

五泊七日の癒しの旅。

バリに行くたびに「今度こそ恋人と」と思うのに

あはは。。。またもや恋人などと色っぽい香りなく

同世代の女友達 関ママとの 熟女?二人旅。

  P1030002

買い物三昧、散策三昧、食べ放題

そして毎度嬉しいスパ三昧のリーズナブルさ

初バリの関ママは目を真ん丸にして

「ちょっとぉ~ いいのぉ~この値段でぇ~

 

写真は買い物三昧の2日目

BRASCOというアウトレットの前で。

 

少しずつ 写真をアップしていきましょう。

なんせ 携帯もパソコンも持たずに出た旅。

毎日 昔懐かしいアナログ気分で

鉛筆片手に日記を綴っていました。

ぼちぼちと 順を追って書いていきま~す。

 

 

| | コメント (3)

2012年1月24日 (火)

南の島に抱かれよう

どこまでも続く青い海を見つめよう。

広い空を見上げ、南国の風に吹かれよう。

ゆったり流れるバリの時間を感じよう。

携帯電話もパソコンも、

しがらみや 不安や 悩みや・・・ 

その何もかもを この部屋に置いて行こう。

行ってきます。

開設以来 初のブログ更新休み。

いつも遊びに来てくれるみなさん・・・ごめん。

帰国したら たっぷり書かせてもらいましょう、

熟女ふたり?のバリ旅行記。

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

いい加減な旅支度

明日からバリだなんて全く実感なし

ようやくスーツケースを出してとにかく詰める。

あんまり寒い日本列島なもんで

夏服なんか出しても なんだかピンとこない。

   120123_153001

スーツケースの中身の半分は

御土産というには憚られるが・・・古着。

「古着は喜ばれますからぁ~」という

麻子さんのアドバイスに従って圧縮袋にギュッ!

バリは暑いばかりじゃなく

乾季には麻子さんの住む村など

意外にも冷え込む日があるらしい。

小樽生まれの彼女のお母さんは冬服送るとか。

 

さて 明日は早起きして成田へ

昼前の便に乗ったら 夕刻には到着。

日没に間に合えばジンバランのビーチで夕食?

今回の旅のテーマは

《ひたすらゆっくり ひたすらノンビリ》です。

 

 

| | コメント (1)

2012年1月22日 (日)

7年越しの恋が実り♡

甥っこの結婚式にAmiと二人で。

久しぶりの和装に気分はシャン!

娘は「いくらなんでもこれが最後の振袖

いやいや いいんですよぉ~

一応まだ嫁入り前なんざんすから

母が呉服屋をやってたから

箪笥の中には着物がいっぱい。

でも私にゃさっぱり判らん何を着ていいのやら

結局 母が作って殆ど袖を通してない訪問着を。

「いくらなんでも地味でしょう~~」と思ったら、

あらまっ・・・私も知らぬ間に齢をとってたのね・・・

なかなか良いもんだねぇ~着物って~のも。

 Cid_f5341756feda2e24e8d6e5f9eadc8cb

      Cid_f5341756feda2e24e8d6e5f9eadc8_2 Cid_f5341756feda2e24e8d6e5f9eadc8_3

我が家の娘のほうが年上だけど・・・

あはは従兄弟に先を越されちゃいましたね。

久しぶりに二人の甥っ子と

  Cid_f5341756feda2e24e8d6e5f9eadc8_5

            Cid_f5341756feda2e24e8d6e5f9eadc8_6

知らぬ間に みんな大人の男になりました。

「悠ちゃん りなちゃん おめでとう

「俊ちゃん 早く可愛い嫁さん見つけてね~

 

 

 

  

| | コメント (1)

2012年1月21日 (土)

楽しい仲間達

都会のマンション生活って

「隣に誰が住んでるか知らない」って感じの

結構 孤独なもんです。

でも!私の住んでるマンションは何か違う

まあマンションですから

自治会や管理組合やらある訳で。

私もかつて楽しく自治会役員経験しました。

で!おかげで仲間が増えました。

このマンションをこよなく愛する人々、

または このマンションを

より住みやすくしようと努力する人々の会ありまして。

で、今宵はちょっと遅いその新年会。

120121_221001 空になりました、今年の樽も。

毎度おなじみの日本海、いやぁ~旨いです。

最後の一滴も逃すまいと飲みましたよぉ~。

旨いッ!樽の木の香りと枡の香り。

今年も仲良く日本海イエィ!

そして 楽しい仲間達!ありがとう!

 

 

 

| | コメント (0)

G・H見学

グループホームの見学に行ってきた。

同じように見学にいらしてた数組の家族の方達。

認知症で病院に入ってるご主人を抱える奥様。

毎日暴言を吐き続けるご主人に

ご自分のほうが具合が悪くなってしまい

耐えられなくなって入院させたんだそう。

「随分 あちこちを探して歩いてるんです」

「見舞いに行ってもベッドの上で怒鳴りちらされて

もう 怖くて怖くて・・・1か月間行けてない。

可哀想だとは思うのだけど・・・」

ご自身のほうが病気みたいに凹んでらして気の毒。

見学会というより 

介護相談のような お悩み相談室のような

本日の見学会。

みんな それぞれに大変なんだな・・・

私なんか まだ全然マシかも。

 

入居してみなければ 

どんな生活で どんな方達との共同生活になるか

全く分からないという不安はあるけれど、

このまま今の状態を続けていくのは無理なわけで

なんとか 新しい生活を楽しんでくれる事を

祈るよりほかにない。

3月1日入居という事で 準備が始まる。

次子さんが少しでも快適な生活できるように

来月は家具やカーテンを揃えなきゃ

昔からの友人知人が集い

《次子さんを励ます会》も開催することになってる。

なんだか 急に慌ただしくなってきた。

 

  

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

初雪です~

カラッカラに乾いてた毎日。

あらぁ~~ それがまあ

今朝は雪ふってますよ

結構 大きな塊りが風に舞ってる

積もる事はなさそうだけど・・・

今日に限って都内に出なきゃならないの~私。

今度エンロンでご一緒する 

市ちゃんと香寿さんの舞台観に行くのです。

同期生の丈史も出てる《ラカージュ》。

前から観てみたかった舞台なんで楽しみです

電車が止まるほどの雪にはならないだろうけど・・・

同じ寒さでも あのカラッカラの寒さより

こういう風景 わたし好きだけど・・・

出来たら家でノンビリの一日なら嬉しかったなぁ。

部屋をポカポカにして 空を見あげて

舞ってる雪のダンスみるのは最高なんだけど。

 

 

 

| | コメント (1)

2012年1月19日 (木)

生まれた町でライブ♪

このブログのコメントや 福岡の知り合いから

小倉のライブコンサートの問い合わせを

思いがけずたくさん頂いちゃったので・・・

一応 詳細を書かせてもらっとこうかと。

 

HAPPY 40th ANNIVERSARY CONCERT

 日時 2月18日 土曜日

   1ステージ目  13時会場 13時半開演

   2ステージ目  16時半会場 17時開演

場所 北九州市 小倉北区 京町3-15-15

      辰巳ビル2F K&C

ライブチャージ 4000円 ワンドリンク付き

一部は ポップスやミュージカルナンバー中心。

二部は シャンソンを歌います。

 

小倉、そして福岡県 または近県のみなさま!

もし お申込み下さるようでしたら

下記のアドレスに お願いいたします。

※「小倉ライブ」と明記下さいませ。

 misa.ticket@gmail.com

  お待ちしておりまぁ~~す♪

 

 

    

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

脅し文句はNG!

この方法しかないと思うから決断した。

みんなが 自分らしく生きるために、

自分の人生を力いっぱい生きるために、

この方法が最善だと思ったから決めた。

ホームに入ることを 

諸手を挙げて喜んでるワケじゃない。でも限界。

今 このチャンスを逃したら

近い将来 寝たきりの痴呆状態のままの母を、

私は300人の順番の列に並んびつつ

間違いなく自宅介護しなきゃならなくなる。

今なら まだ 母だって

人の輪の中で元気を取り戻せるかも知れない。

その高齢化の進んだ社会の現状や

こちらの想いは伝わらない。

そして 唐突に言われた・・・

「もう自分で命をたつ。死ぬからいい」

その脅し文句はルール違反だ。

 

戦争勃発。

暗い顔をして「死ぬからいい」を繰り返す母。

「じゃあ手伝おうか?」と喉まで出かかる私。

30分後の夕食は どんなに嫌な空気だろう・・・

と思ったのは・・・間違い。

すっかり忘れてるのか?自分の発言。

テレビを見て大笑いし ビールを飲み 

食卓のものをスッカリたいらげ

「あんた 食べないの?具合悪いの?」

 

あぁこうして苦しんでるのはきっと私だけじゃない。

頑張ろう!頑張ろう!頑張ろう!

きっと 必ず いい方向に道は開ける!

 

 

 

| | コメント (2)

2012年1月17日 (火)

近づいてくる新たな時間

入居申し込みのための健康診断に行ってきた。

担当の医師が

「半年前からみると随分進んでしまいましたねぇ」と

冷静な目をして私にささやく。

「G・H入居のあなたの決断は間違ってませんよ」

「この時期を逃したらなかなか受け入れ先ないから」

  

ようやく決断した私にも多少の後ろめたさがある。

「まだまだ次子さん元気じゃないのー」

「たった一人のお母さんなのに面倒みないの?」

「美沙緒さん もう少し頑張れるんじゃない?」

「仕事も大事だろうけど・・・気の毒よ、次子さんが」

他人様は いろいろと勝手な事を仰る。

だから・・・

担当医の言葉にホッとして涙が出そうに

正式に決まれば 入居まで あとひと月ちょっと・・・

出来るだけ傍に居てあげよう、優しくしよう・・・と

そう思うんだけど・・・

コレがなかなか出来ないという未熟者の娘

「もう二度とこの家には帰ってこれないのね

「なんでよッ。

正月とか、私の暇な時とか帰ればいいでしょッ

そんな事ないよ~ いつでも帰れるよぉ~

嘘でもいいから優しくにこやかにすりゃいいのに・・・

一日中 ウダウダ言われ 

じっとり見つめられ 涙ぐまれると

溜まったストレスからか私はブチッとキレそうになる。

 

母が居なくなったら

私は当分 ごはんもいい加減、掃除もいい加減な、

怠け者になるだろうな・・・

自分の仕事や将来の事だけを考える時間なんて

多分ひどく久しぶりだ。

 

人間 生まれる時も天国に行く時も所詮は一人。

与えられた自分の時間や人生をどう生きるかは

誰もが平等に考え 歩いて行っていいと思う。

苦しい事も哀しい事もあっただろうが

楽しい時間や幸せに満ちた自分の時間だって

母にも沢山あったはず。

「あんたの為に 自分は犠牲になるよ」なんて

私は齢をとっても絶対言わないと娘たちに約束しよう。

 

 

 

| | コメント (4)

2012年1月16日 (月)

早起きしてしもた

どういうわけか まだ空が暗いうちから目覚め

ふたたび眠るのが面倒になり

静まり返った家のなかで一仕事。

エンロン東京公演の挨拶文を書いたり

花の水をやったり 朝食の支度したり・・・

あたりが静かな早朝にやれることは限られる。

「あぁ~~退屈」と珈琲など飲んでたら・・・

そろそろ家人が起きてきた様子。

さぁ!今日も一日始まるぞッ!

病院に電話してG・Hに提出する診断書の相談。

D・M用のお客様への宛名書き。

母のショートステイの準備。

旅行会社との最後の打ち合わせ。

そろそろ自分の旅の支度もしなきゃ・・・だ。

夏服出さなきゃ

「お土産なにがいい?」バリの麻子さんにメールしたら

「お土産なんかいいよ。また古着あったらヨロシク」と。

そういえば 以前も大量の古着を送ったっけ。

そんなに需要があるのか・・・と思いながら準備し、

自分は日頃こんなに無駄をしてるのね・・・と反省。

荷造りしてる鞄の中はほとんどがご要望の古着。

まっいいか・・・あっちは真夏。

自分の着るものなんて要らないか

パソコンも持っていかない事にしよう。

自然のなかに身をおいて 日常から離れよう。

母の引越し、小倉のライブ、エンロンの稽古・・・

その前に 十分なエネルギーの補充だわッ

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

飛んでるッ!?

この数日 止まらぬクシャミに悩まされてる。

風邪と 慌てて葛根湯を飲んだ。

が・・・どうも違うみたい

ひょっとして もう飛んでる杉花粉

ただでさえ乾燥してる毎日で 乾ききった肌。

そこへもって 鼻ばかりかむんで

私の鼻の下はカッサカサのまっかっか

あぁ~ 参った 

早いとこ南の島に脱出しなきゃ。

 

3度目のバリ行きはあと9日後に

またもや恋人との旅ではなく女友達と二人旅

ただひたすらノンビリするのが目的の1週間。

ビーチを散歩して スパ三昧して ダラァ~ン旅。

あそこにゃ杉花粉は飛んでないよっしゃッ!

 

さて その癒しの時間を満喫するためには

今週 やらねばならない事やりきっとかなきゃです。

小倉のライブでどうしても歌いたい新しい曲があり

それも含めてガッツリ覚えなきゃならないし、

入居予定のグループホームの手続きもしなきゃ

それから それから・・・

まったく旅の準備そっちのけで

何だかいつもに増して忙しい今週。

まっ 楽あれば苦ありざんすね

 

  

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

☆読売演劇大賞☆

昨日 私の敬愛する小川絵梨子さんが

読売演劇大賞の演出家部門にノミネートされた。

本当に本当に嬉しい! 

あれだけ苦労した《12人》の翻訳や演出を

高く評価されたことは もう嬉し過ぎる。

そして 死にそうになりながらも

けして諦めず 全身全霊をかけた《来訪者》も。

寝食忘れて・・・とは まさに絵梨ちゃんの事。

さすがに慣れたけれど

日常生活は全くと言っていい程トンチンカンな人。

でも 彼女の脳や心のなかには 

常にその時の作品の事しかないから

もうそりゃ仕方ない・・・と誰もが思ってしまう。 

そして私は 自分の娘と変わらぬ絵梨ちゃんの

その老成しきった精神年齢に

いまだビックリさせられる。

執拗なまでに作品、演出、役者のトライの仕方に

そのすべてを捧げるあの演劇人の姿勢

毎回 完全に脱帽。小川絵梨子恐るべし!

 

今回ノミネートされた作品の二本に参加出来た事

あらためて 有難く思う次第。

絵梨ちゃん おめでとう。

そして 同じ時間を共有させてくれたこと、

本当にありがとう。

 

 

 

| | コメント (3)

大阪エンロン

名古屋の詳細はあるのに

大阪の公演の詳細は ブログにないままよ

関西の知人からメールでお叱りが

大変 申し訳ない!すっかり書いたつもりに

あわてて 詳細を記します。

日時 5月12日(土) 13時~

    5月13日(日) 13時~ 

会場 シアターBRAVA

 全席指定 9000円

※劇場会員先行予約  1月25日より

※プレイガイド発売   2月上旬より

 

私がすっかり勘違いをしてしまってたため

慌ただしくなってしまいますが・・・

劇場会員先行予約である25日前なら

よいお席が確保されます。 

大阪公演も

下記のアドレスでご予約をお願いします。

  misa.ticket@gmail.com

関西方面のみなさま!

遅くなりましたが どうぞよろしく!

あっ・・・「大阪エンロン」と明記してくださいね。

 

 

 

 

 

 

      

| | コメント (2)

2012年1月13日 (金)

エンロン名古屋公演

3月に稽古をひかえている《エンロン》

東京 銀河劇場のあと

5月には 大阪シアターBRAVA。

そして 続けて名古屋でもやる事になりました。

本日 情報解禁というので ブログにアップします。

日時  5月16日 (水) 13:30~  18:30~

会場  名鉄ホール

  全席指定  9800円

発売  2月18日(土)10時~ 各プレイガイド

 

先行予約は1月30日締め切りで

下記のアドレスでお受けできます。

名古屋方面のみなさ~ん!

ぜひ劇場へお出かけくださいませ~

お待ちしてま~~す

 misa.ticket@gmail.com

 ※お申込みの際には「名古屋エンロン」と

   明記いただきますよう よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

リサイクルしましょ

十数年前の母の体重は86キロもあった。

身体をこわし 食生活改善などに励んだ結果

今は58キロくらいに。

齢をとれば当たり前だが 背も縮んだ。

もともと呉服屋を自営していたので

高価そうな着物を山のように持っていて

いまやすっかり箪笥のこやし。

残念だが 出歩く事もなくなった母には無用の物に。

仕立てかえれば私も着たいとこだが

直す手間賃や これから先 着るかどうか考えると

こりゃ着物好きの友人の元へ行く方が着物も喜ぶ。

いい具合に ちょっと太めの着物好きの友人。

喜んでもらってくれた。

すっかり余裕の桐の箪笥。

3本の箪笥のうち 1本は空になった。

中身の次は この古い箪笥をどうするか

かなりガタがきてる方を処分しよう。

で、今日 リサイクル屋さんが登場する。

一番奥の部屋の 一番奥の箪笥・・・

こりゃ運び出すのは大変だぁー

朝から細々した邪魔なものを別の部屋に移動させ

重い引き出しを玄関先に積み上げる。

これでスムーズに事が運ぶでしょう。

 

家の中ってどうしてこうも要らない物が増えてるのか、

もう アレコレ買うのはやめようっと。

着物も箪笥も どこかで役に立ってくれるなら嬉しい。

でも とにかく 欲望のままに買い物するのは

一番いかん事だな・・・と反省しつつ

リサイクル屋さんの登場を待ってる。

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

寒く冷たい朝

今朝は寒いです。

気温も3℃から なかなかあがりません。

おぉーー寒ッ!

今日は 次子さん病院検査めぐりと

ケアマネさんの訪問&ショートステイの面談。

それが終わったら

入居予定のグループホームの見学・・・

よぉーく話して ようやく納得してくれたと思ったけど

やっぱり 甘かったなぁ・・・

「死んだほうがいいのよね、もう」

「一生閉じ込められるんだね、あたしは

「あんたも いつかこうして娘に捨てられるんだから」

もう・・・勘弁してくださいよ

私にどうしろって言うの?

舞台も仕事もみんな投げ打って傍に居ろってか

 

もう 無視してどんどん進めてる私。

泣かれても 文句や嫌味や恨みごとを言われても!

あたしゃ 絶対に決行しますッ

申し訳ないけど

ここまできたら もう自分の人生が大事です

 

 

 

| | コメント (5)

「洗濯ものはこのままに~~~!」

と・・・私が手紙を書いておくには理由がある。

次子さんとしては何とか役に立とうとしてくれる、

その気持ちは有難いし 分るけど・・・

生乾きの洗濯物をたたんで

しかも 行方の分からぬ処へ片付けられる

この私の身にもなってくれ・・・

私の服もアミの服も所在がわからん・・・

数日したら どこからか出てくるのだけど、

短気な私は

誰もいない部屋の壁に向かって悪態つきまくる

「だからッわざわざ手紙書いてたろう

「生乾きで臭くなって また洗い直しかいッ

「夜中になってまで私を怒らせないでくれーッ

  

他人に「そのくらい辛抱しろ」と言われても、

「あんたは好きな事してるんだろ?」と言われても、

「そんな細かいこと言うな」と言われても、

イヤなもんはイヤでござるッ

私の下着は?私の靴下は?アミの服は?

なんで次子さん 自分の箪笥に仕舞い込むかな・・・

しかも奥の奥~~~のほうへ湿ったまんまのモノ。

台所へ行けば・・・

なんで 鍋のなかに箸がいっぱい入ってるかなぁ。

なんで ちゃんとご飯食べてないかなぁ。

割ってしまったグラス なんで隠してしまうかなぁ。

「寂しくご飯食べました」ってその手紙は何ーーっ

ずっと一緒になんかいられないよぉーー私!

ずっと看てられないよーーー仕事あるんだからッ!

 

憎しみに近いものが湧いてくる自分が怖い。

コレって絶対限界だと思う。

 

 

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

おぉ~やばいッ!

あと数分で今日が終わるじゃないかっ!

大変ッ

なんだかんだとしてたら 一日終ってしもた

ブログの更新さえ忘れてた

いかん!いかん!

とりあえず・・・というのも変だけど

更新

とりあえず・・・

意味わからないけど ともかくとりあえず更新。

何をそんなに追いつめられてるのやら・・・私

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

元気がでるコーラス隊

朝から 玄米酵素の新年研修会でした。

毎年 この研修会のあとの懇親会で

玄米酵素の老若男女

いやいや美男美女たちがコーラスを披露します。

当初はみんな蚊の鳴くような声だったのに、

4年目に入る最近では

ビックリしちゃうほどの上達ぶり

「この記号はなに?」「ハーモニーなんて無理ー!」

そんな事を言ってた皆さんが

今や堂々とステージの上で楽しそ~に歌います

「歌って気持ちが晴れ晴れするわぁ」

「声を出すと腹から元気が湧いてくるぞッ」と

いかにも玄米酵素の方々らしい発言。

そして ついに あるマネージャーさんからオファー。

「夏の横浜の公演に参加してくれませんか?」

あっらぁ~~~ 皆さんスゴイじゃないですかぁ~

 

さあ 私も負けずに頑張らなきゃッ!です。

 

  

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

仕事初め

世の中 この連休が明けないと 

何となく まだお正月モードみたいな感じですね。

というわけで 本日は 成人の日。

「成人なさった皆様

 本日はおめでとうございます。」

人生永いです。でも短くもあります。

自分らしく 生き生きと 前進して行って下さいね。

 

さてさて

私の方は 本日より 完全仕事モードに。

実は 今年の初仕事、 2月18日に

生まれ故郷の小倉でのライブコンサートとなります。

ピアノを弾いてくれるのも 小倉出身の松川君。

毎度 ライブでは力強い相方として居てくれます。

実は 譜面も読めない私 

歌うという事に ものすごいプレッシャーを感じます。

でも 歌というのは 音譜の羅列でも記号でもなく、

大事なのは 言葉や心なのかな・・・と最近思います。

昨年末 ピアフを観に来て下さった方の主催で

このライブコンサートやらせていただく事になり、

この世界に入ってちょうど40年目にあたる年の初め、

故郷で歌うのもいいかな~と思っています。

 

ともかく今日中に選曲し、大まかな台本作りしなきゃ

明後日が第一回目のリハ

新しいジャンルの歌も唄ってみようかな・・・と

いろいろ楽しく考えてる最中なのですわ。

 

 

 

 

| | コメント (4)

2012年1月 8日 (日)

生きてるという事

次子さんの姉、長女一子伯母さんの見舞いに。

現在87歳。

58の時にくも膜下出血で倒れてからの入院生活。

本人はベッドの上でいたって幸せそうにしてる・・・

ただひたすらニコニコと。童女のような顔をして。

「お正月に来られなかったから」と

従妹の律子がお母さんに会いに来たので便乗。

こうして 数か月に一度やってくる律ちゃん。

「大変だねぇ」と言うと

本人は意外に「ついでに東京の友達とランチ」と

こちらも いたって普通に構えてる。

そりゃまあ 30年この暮しならそうなるか

「価値観も性格も真逆のような母子。

一緒に暮してたら大変な事になってたよ」と。

「結局 今は医学で生かされちゃうんだよね

そうそう・・・確かに。

誰も 親が死ねばいいとは思っちゃいないけど

ここまで長くなると・・・いいんだか、悪いんだか。

いずれにせよ こういうチャンスがないと

次子さんも実の姉に会うことも難しくなるだろうし

そう思って 連れて行った。

  

お互い理解しないままに延々続く会話の嵐。

いや・・・実際は会話と言えるのかどうか怪しいけど。

ベッドの上と脇で自分の言いたい事喋ってる(?)

でも ここまで判らなくなってる叔母は幸せかも。

時々 話の筋が通ってる返事に驚くが

 

小倉の妹にも会わせたし、

長女とも久方ぶりのご対面。

グループホームに入ったら

そう簡単には対面できなくなる姉妹たち。

とにかく 老女たちはそれなりに頑張って生きてる。

あっぱれ!

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2012年1月 7日 (土)

MISOKA

職人さんが 一本一本手作業で作るそうな。

結構 話題になってるものらしいが、

私はそういう情報に全く疎くて・・・

  120106_195301 歯ブラシです。

その名も《MISOKA》一本千円ちょいする

大阪発の優れものです。

新年会のプレゼント交換で当たったのぉ~

コレ歯磨き粉なしの水だけでのブラッシングです。

さっそく使ってみたら「あら!ビックリ!

ツルンツルンになるから あらまあ不思議

一日中気持ち良~く ツルンツルンよぉ~

 

それからコレも頂き物。

最近ハマってるヨナヨナビールが限定で出してる

       120106_194901_3

         

《ハレの日仙人》 超熟成ビールとか。

ワインのように チビリチビリと飲むらしい。

いつ開けようかなぁ~~~

未知のものに出会う時は 

一緒に楽しんでくれる仲間と

チビリチビリがいいもんもんです。

 

 

 

 

 

       

| | コメント (1)

2012年1月 6日 (金)

笑いごとではないけれど・・・

子供のとき よく見てたテレビに

シャボン玉ホリデーという番組があった。

今は亡きハナ肇さんの有名なコントに

「いつもすまないねぇ~」と言う寝たきり老人。

志村けんさんにも この手のコントがある。

「ヨシコさんやぁ~お昼はまだかい?」

「お義母さん いま食べたばかりでしょッ!」

昔はアハハと笑ってみていたけど・・・

もう笑えなくなってる 

コントのような我が家の現実

 

こんなに急速に退化していくものか、人間って。

あぁ~恐ろしい。あぁ~哀しい。

子供に還るというか・・・

認知症といっても 大人には自我があるだけに 

かなり対応が難しい母のこの頃。

「迷惑かけるから入院しようかしら・・・」

(入院というのはどうやらショートステイの事らしい)

《迷惑》という単語を使ってほしくない・・・

確かに私にとっては自由はきかないし

仕事にも支障をきたしてる。

でも 誰が親のことを《迷惑》だなんて思う?

ロングステイと称して 

グループホームに入居をさせようと考えてるのだが

気配を察してか 

「島流しになる位なら死んだほうがいい」と言い出す。

《島流し》ってなに・・・

除け者にしてるわけじゃない。 

誰もが齢をとっていくのだし

いずれは こういう対処方法しかなくなる時が。

私だって いずれはそうなると覚悟してる。

まだ寝たきりとかにならないうちに

最後の、残された人生を、

何かの役に立つことだって可能なはず。

現に あんなに嫌がってたデイに行けば

「みんなに頼りにされて人生相談にのってるの」と

嬉しそうに話すではないか。

お得意の《瞼の母》を振りつきで歌い

やんややんやの喝采あび楽しそうではないか。

齢をとり、自由がきかなくなり、哀しいだろうが、

後ろ向きにばかり物事を捉えないで生きる方法は

あるはずじゃないか。

すべて自分次第じゃないか。はぁ~わかってくれ~。

 

2月に うちの近くに出来るグループホーム。

今あるとこはどこも満床でなかなか空きが出ない。

「新規なら可能性大です。この機会を逃さないで」

ケアマネさんが 見るに見かねて そう言った。

経験者に聞けば「逆にいい親子関係になれるよ」

「うちの母は 正月さえこっちがいい!と言って

帰って来やしないの」・・・等々。

かも知れないなぁ・・・

本当の母娘だから 遠慮もなく言い合う毎日。

ホームに行けば プロが優しく対応してくれるだろう。

そして そのたびに傷ついた顔する母。

もう勘弁してください。

今度こそ 本気で入居手続きを考えてる私。

 

 

 

| | コメント (2)

2012年1月 5日 (木)

今年も響こう!

響人関係者、

および いつも変わらず応援してくれ 

時に厳しい意見を述べてくれるゲストの皆様

ようこそいらっしゃいました!

今宵 みさ亭《新年会》でございます。

料理の方はあまり変わり映えいたしませぬが

心をこめ安い会費ですむように知恵をしぼり

今宵のテーブルはこんな感じになりました。

   120105_164801

  

もちろん人数が人数なので

このようなバイキング形式でございます。

        Img_0838

そして宴もたけなわ響人新年お祝いケーキ登場

  120105_194601

代表広瀬と光夫と卓爾がナイフを入れて・・・

「いっただきまぁ~す!」

でも 実はケーキにあまり興味のない私・・・

光夫のオヤジが届けてくれた

大好きな《甕雫》に舌鼓 「旨いッ!」

(コレなかなか手には入りませぇ~ん)

久しぶりにお目にかかったわぁ~ん甕雫

リビングはギューギュー詰め状態で

芝居の話やら 今年の演目の話に

夜も更けてるのに盛り上がっております。

今年の響人公演は

参加出来るとしたら(出る幕があったらですが)

エンロンが重なってる春は残念ですが断念、

秋の公演だけですねぇ・・・私は。

でも どこに行ってもどんな舞台に立っても

心から舞台を愛する響人の精神を忘れず

この仲間や絵梨子さんから得たものを生かし

劇場に来て下さるお客様に響く芝居を創ります!

 

今宵 新年みさ亭バイキングと芝居話に

どうぞみなさま 

心ゆくまで 花を咲かせてくださいませ。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2012年1月 4日 (水)

腸整しましょ

暮れからお正月にかけては

やっぱり どうしたって食べ過ぎ呑みすぎに。

明日は 夕方から《響人関係者新年会》あり。

また 気づけばしっかり呑みしっかり食べそう

今夜くらい 胃腸を休めて整えなきゃですなぁ。

明日の食材を仕入れにスーパーに行けば

ほぉ~七草粥セット売ってます。

「すずな・すずしろ・せり・なずな・・・

子供の頃 唄うみたいにして覚えた記憶が。

でも あとの三つ忘れちゃった

無病息災を祈って七日の朝に食べるんだっけ?

いずれにしても 暴飲暴食したこの時期は

皆 こういう優しいごはん食べたくなりますよね。

さすが日本人!昔の人はよく考えてますよねぇ。

  

というわけだから・・・

ちょっと 早いけど 今夜の献立は 七草粥です。

 

 

| | コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

365分の3

なんとなく人の出入りも多く

あっちで新年会 こっちで宴会

お正月モードはまだまだ満載だけれど、

思えばすでに1年の365分の3になってるワケで。

そんなに生き急がなくても・・・と言われそうだが

初夢も 夜ごと見る夢にでてくるものも

仕事のことばかり

「えっその日にそんなスケジュール入れてたッ

夜中に焦って目を覚まし スケジュール表開いたり

慌てて 楽譜をひろげたり・・・

そんなに売れっ子なワケじゃないのに

なんだって こんな夢ばかり

そして メジャー思考?の私は考える・・・

「そっかこりゃ今年は忙しくなるという暗示だな」

 

よくよく考え 数えてみれば

なんと私は 今年で演劇生活40周年目。

へぇ~そっかぁ・・・そんなにやってるのかぁ・・・

基盤を作ってくれた四季時代も有難かったが

この数年の新しい出会いは

仕事量こそ少ないけれど充実していたな

そんな風に振り返りながら思う事は、

この節目にこそ 

後半の私の演劇人生を充実させるために

今年は絶対に踏ん張らないといかん!という事。

 

ワケあって去年いっぱいで辞めた事務所のあと

今年からどんな形で進めて行くべきか、

本当にやりたい仕事はどういうものなのか、

そのための 信頼関係が築ける相方は誰なのか、

私のやり方や 仕事に対する考えを理解してくれ

共に歩いてくれる有能なマネージャーはどこに?

とまあ・・・いろいろ考えるワケです。

一匹狼でこの世界を渡り歩くのは なかなか困難。

今夕 遊びに来る元マネージャー真樹子に

しっかり相談してみようかなと思ってる次第。

去年 久方ぶりに飲んだ元同期生の鹿賀さんが

「この仕事 我が身をすべて任せられるくらい

信頼関係のあるマネージャーこそ大事!」と

私に示唆してくれました。

だからこそ相方はかなり大事なポイントなのです。

 

明日から 母のデイ通いも通常になり

私もやらなきゃならない事が山積み。

心引き締めて やりますぞー!40周年!

そして 何がなんでも

50周年くらいまでは頑張らなきゃ!です。

これぞ 私の生きる道ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2012年1月 2日 (月)

今年もまた・・・

総持寺へ初詣に。

だいたい「年の初めから人混みはイヤ!」と

まったく初詣とは縁のなかった私。

去年「ここは空いてるのぉ~」の

敬ちゃんの一言に誘われ出かけた総持寺。

  120102_101301 少ないです人。

   新年を祝うかのような紅白の椿・・・

        120102_101901

   座禅を組むための長~い廊下・・・

     120102_101501

見てるだけだけど

ちょっと荘厳な気分になれるかも・・・です。

お参りして おみくじ買ったら

今年は 大吉でございましたぁ

そして〆は参道に並ぶ屋台が楽しみなのねぇ~

実くんのやってるダーツやって

  2012010210100000

ワンピースの手提げ袋GET。

「また来年ねぇ~実くん」と別れたあとは・・・

      120102_105201 これですよぉ~

今年はメンバーがひとり増えて

 上釜リーダー&敬ちゃん&近松っあん&私。

勤め人の三人にとっては

この正月というのは 唯一心からノンビリできる

大事な時間なのだそうです。

「来年は うまくやると9連休だ!」なんて

早くも はしゃいでましたから

風は強いけど 陽射しの暖かい今年の初詣

 

 

 

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

元旦の朝

毎年恒例 敬子ちゃん作《おせち》

なんとまあ 豪華なこと

私にゃあ こんな繊細なワザございません・・・

   120101_105001

元旦の朝です。

あらためまして・・・

みなさま おめでとうございます。

昨年は 震災という悲しい出来事もあり

日本中 大変な経験をしました。

我が家も それとは比べ物にはなりませんし、

家族という 小規模ではありながらですが、

《それなりに激動の2011年》でございました 

でも!新しい年明けです!

たぶん 親子三代

こうして 元旦の朝を祝うのは

今年が最後になるだろうと思われます。

春にオープンするグループホームの入居めざし

実は 暮れからケアマネさんと動いていました。

車で10分位の処だから 度々会いに行けるし、

怒ったり 怒られたり

苛立ったり 絶望したりの暮しより、

距離をおいて別々に居るほうがお互いに善い。

そう思って入居申し込みを決断しました。

これから 次子さんを説得するのは 

至難の業、これまた苦しい戦いではありますが

と、いうわけで これが母娘三代で迎える

最後のお正月になるでしょう。

 

さあさあ それにしても 正月だからって 

お屠蘇気分ではいかんのです・・・

まだ 年賀状書きあがってないのだから

   120101_105301

その上 暮れからの疲れが妙に残ってるらしい

今日は残りの年賀状書きながら

ノンビリ 静かに暮しましょうかね。

みなさんは 楽しく春を迎えていますか?

 

 

 

| | コメント (2)

謹賀新年!

ボォ~ンボォ~ン 0時になりました。

新しい年です。2012年。

あけまして おめでとう♪

みなさんにとって この2012年は

どんな年になるのでしょう

貴方の一年が 幸多く 心弾みますように。

私も 思いっきり仕事をして

思いっきり楽しい~といえる年にしましょう。

我が家は 大晦日だからといって

紅白を見てるワケでもなく

何か特別なこともしてないのだけど

ともかく家族がみんな元気で笑ってられる

これが一番の幸福かも知れませんね。

 

今年もどうぞよろしくお願いします!

  

いい出会いが欲しい!いい作品に巡り合いたい!

どれだけ残ってるか判らないこの人生を

思いっきり 力いっぱい羽ばたきたーーい!

今年は 目いっぱい舞台にエネルギー注ぐぞッ!

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »