« 日暮れどきの祭典 | トップページ | 演出家の仕事 »

2012年8月21日 (火)

慣れず 固めず

今日の稽古は夕方からです。

小返し→小返し→通し→通し→通し

初日に向かって そんな日々が始まります。

なんせ 上演時間は1時間に満たない作品。

1日3~5回くらいは通せるな!というワケで

そのくらいやれば いくら台詞覚えの遅い私も

なんとか間に合うでしょう

が、繰り返す事によって出てくる好くない現象も。

いかに役を固めず 毎回自由で居られるか・・・

どれだけ相手に委ねられるか・・・

時間が足りなくて急いで台詞を入れようとすると

私の場合 必ず妙な所にハマってしまいます。

今回は ギリギリまで台詞にこだわらず

ひのさんの言う「美沙さん自身で」を模索。

実は まだ色んな意味でシックリいってません。

「もう時間がない」じゃなく

「まだまだ~時間たっぷりあるよ~ん」と

腹をすえて 執拗に作品に挑みましょう。

 

 

 

|

« 日暮れどきの祭典 | トップページ | 演出家の仕事 »

コメント

師匠、お疲れさま!
先日は名指しでありがとう! (なんかマブダチ)

暑いね~っ!毎日パンツまでビッショリだよ
師匠も汗かいて、いい劇を作ってね

そのうち女房とガキ連れて見に行くよ!

投稿: カッツ | 2012年8月21日 (火) 19時22分

待ってるよぉ~~ん。

投稿: Misa | 2012年8月21日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日暮れどきの祭典 | トップページ | 演出家の仕事 »