« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

生きてるってだけで素晴らしい☆

おぉ~なんと 明日から六月ですかぁ~

大した事やってないのに・・・早い早いっ

七月には舞台が始まるから

六月中に 色んなこと全部片付けてしまわないと

大変なことになる

公演の案内も 早く投函しなきゃッ!

玄米酵素のお客様のフォローも!

自治会でやらにゃならん事、全部片付いたっけ?

ポカンとしてるとすぐ一日が終わってしまうのよー

煙の台本も読み直さなきゃな・・・

九月の新作の稽古は 七月公演終わったらすぐ

ひとつずつ片付けていかなきゃダメと解かりつつ・・・

あっちも気になりこっちも気になりでは

『あぁーーーいかん!』

そう思いつつ・・・

何もかも中途半端になる事も解りつつ・・・

何故か またもやアタフタしている私

生きてるって。。。忙しいですねぇ

でも。。。生かされてるって 素敵ですね

 

では 本日は。。。

その七月の公演案内を。

場所は斎場。

私の夫の浩介さん、死んじゃった

泣いてる暇はないのです、こういう時って。

『私が しっかりしなきゃッッ!』

東京の大学に行った息子とは連絡とれないし

娘は娘で 何を考えてるのか分らない。

お婆ちゃんは この頃ボケが入ってきたし

親戚連中にも気を使わにゃならん。

だいたい何さッ!なんで突然死んじゃうのさッ!

浩介の馬鹿野郎!。。。てな本心は言えないし。

ともかく 無事に見送る事が今日の私の役目です。

 

  だるまちっくシアター《煙が目にしみる》 

原案 鈴置洋孝  作 堤泰之  演出 菊地一浩

2016年7月13日~21日 於・アトリエだるま座

出演  

剣持直明 末次美沙緒 塚本一郎 中嶋ベン 他

  チケットご希望の方は下記のアドレスより

  御願い申し上げます。

 チケット受付開始  6月6日より。

http://ticket.corich.jp/apply/73445/004/

 

★ご来場 お待ち申し上げております<(_ _)>★

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月30日 (月)

私の先生っ♡

昨夜 ひょいとみさ亭に現れた恵ちゃんが

食後の洗い物を手伝ってくれながら言った。

「美沙さんって 昔からお料理上手なの?」

いや、お料理上手でもなんでもない、

ただ好きなだけ。ただ食いしん坊なだけ。

ただ ムシャムシャ食べる皆の笑顔が見たいだけ。

考えてみれば、結婚した当初は何も出来なかった

結婚祝いに ある料理人が下さった《料理の絵本》。

なんとも楽しいこの本と首っぴきで

昼前から夕飯の支度に取りかかってた毎日

かつては何も出来ない新米奥さん 『とほほ

 

この料理の絵本ってのがホントに楽しい料理本で、

《小公女》 大きなお家の あったかそうな夕食

《家なき子》 ミリガン夫人の素敵なディナー

《ドン・キホーテ》 サンチョおっかあの仔牛の煮込み

《ピノキオ》 とうもろこしじじいの自慢料理・・・

子供の頃 読んでもらった記憶の断片が浮かび

つい 調理の手を止めて読みふけってしまう代物。

今でも 大切に本棚にしまってあり

時々 想いだしては この本を参考に料理する事も。

 Photo

あらぁ~~ 思えばこの本、もう40年近く前から

私の本棚にあるワケね・・・ お世話になりました。

 

で、本題。

昨夜 作ってみたのが《スコップコロッケ》

もう一品の新作は《薄切り肉の角煮》

このコロッケ 「おぉ~~なかなか良いねぇ

油は使わないし、手は汚れないし、簡単簡単

角煮の方は、ばら肉で卵に浸した高野豆腐を巻き

角煮と同じような味付けで 煮汁を絡めるだけ。

『角煮?いや、ちょっと角煮とは違うけど・・・』

でも 召しあがった方は「コレ旨いじゃ~ん」とお喜び。

高血圧気味の近松さんに ぜひ食べて欲しかったが

『豆腐は好きなくせに 高野豆腐は苦手だっけか

(無理矢理 使用食材は内緒で一個食べさせたが

 

この二品のレシピは すべてクックパットであります。

世の中には いろんな料理を考案する人の多いこと

プロの調理人もビックリの発想で「素晴らしい~

 

はい。何も思いつかない困った日には。。。

私の最近のお料理の先生 《クックパット様》と

忙しい時の 時々《レミ様》 時々《グッチ裕三様》。

真剣に身体の事を考えた時には

《病気に打ち勝つ食養生さま》《解毒ダイエット様》。

お世話になっております<(_ _)>諸先生方

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月29日 (日)

プロとアマの間には・・・

金曜日には落語。土曜日には舞踊。

いつもは あまり縁のない舞台を観るため都内に。

で、すごく考えた事、感じるものがあったこの週末。

 

落語の方は 金曜日のブログに書いたように

だるま座で 落語を勉強してる役者の発表の場。

最後に 古今亭志ん彌師匠が登場するワケだが、

そりゃもう「プロというのはこういうもんだ」を

ガンと見せつけられることになる。

まずは お客を 頭でぐぐぐいーっと掴み

落語の演目に入ってゆくのだけれど、

その入り方たるや

実に自然で 知らぬ間に引き込まれてしまう私。

芝居でいうところの、話のベクトルもオレも

何役も演じる その役作りも 見事に明確で、

情景が見えてくるは 匂いもしてくるは・・・

「これが プロの落語家なんだな」と

当たり前だけど 感心しまくってる私。

本来は役者である彼等も 勿論頑張っちゃいる

私には とても出来ないという程に。

だけど、役者修行の一環である落語修行中の身、

当然 落語家としてはアマチュアなんだから

師匠と比較するもんじゃないのだけど

『こりゃ芝居の勉強に役に立ちそうだなぁ』と思う。

んー 古典落語のCD買ってきて

私も こっそり勉強しようかな・・・と思ってしまった。

そして 昨日の土曜日。

今度は てんてこ一座という舞踊集団のステージ。

役者もいれば、会社員もいるボランティアの集団。

客席は 大勢のご老人で賑わっている。

もちろん 中には若い方も居るのだけれど、

地域の老人会などのお客さんが多く

年に一度のこの日を待ちに待ってた空気で一杯。

日頃は仕事の合間に藤間流の日舞を学んでる彼等。

友人がこの集団を結成した時から関わってるのだが

私は まだ一度も拝見したことがなく、昨日が初見だ。

ここでも 師匠が舞う。

日舞の素養がない私だが、弟子達とのその差に驚く。

『何が違うんだろう』と目を凝らす。心を空にして観る。

あっ。。。志ん彌師匠と同じだ。。。

手の先に雪が舞う。頭上から桜が散る。風が吹く。

何もないのに 私にはそう見える。哀しみが見える。

長年 踊り込んできたのだ。

巧いのは当たり前だろうが《巧い》とはどういう事か?

 

志ん彌師匠にも 悠千代師匠にも

大きな共通点があった。 

芝居でも同じことが言えるのだけれど

板の上を流れる時間の中で

《止まる》という事がないお二人。

身体や口は 一瞬静止しているように見えても

内はグングン波打ち 前に進んでいる。

嘘がなく、なんたって腹が座り切っている。凄ッ。

 

まずは技術の向上だ。技術があってこその表現。

型であっても型にはならないというのは・・・

あぁ・・・うまく言えないのだけど・・・

日常 けして心が止まる瞬間がない事を思えば

役を演じる時 《瞬間を生きる、生き続ける》を

お二人の芸を 目の当たりにさせてもらった事、

この週末の大きな収穫となったわけでありました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月28日 (土)

堪忍袋

スマホをいじりながら、混みあったホームを歩く。

階段でも まだスマホ。

コケたふりしてヤツを突き落としたくなる私

電車のなかで遠慮会釈なく 携帯で喋るヤツ・・・

一度 隣り合わせた席の男子に注意したら

「ちっ!」と舌打ちされ、なんと再び新たなお喋り。

満員電車の乗客は イヤ~な顔しながらも

素知らぬふりを通している。

 ・・・が・・・私無理全然 無理

彼の携帯を「失礼」と 一応お断りし?拝借。

通話の相手に

「ごめんなさい。ここ電車の中なんで一旦切りますね」

 

どんな人か分らないんだから~危ないかもだから~

気持ちは解かるけど やめてよ~美沙さん

いつも アミに言われてしまう。

まっ 確かに昨今 危険人物は居るにはいるが・・・

でも 娘を心配させるのもねぇ・・・と

しばらく大人しくしていたのですよ、ホントに。

  我慢我慢!あーーー我慢!

ご用心なさいませ~

堪忍袋の中はパンパンに膨れ上がってますぞ

 

昨夜 落語の会を終え 帰路についた車中での事。

渋谷から乗ってきた ほろ酔い加減の女子A子。

もう一人は 結構イってる女子B子。二十歳くらいか?

まず声がデカイ。しかも「私 頭悪いんです~」会話。

『おいおいおい。皆が苦笑してんの気づかんか?』

足元が覚束ないんだから『吊革!吊革~

ハラハラしながらも、だんだんムカついてくる

「やだねぇ、満員電車。サラリーマンって毎日こう?」

「だよねぇ~絶対なりたくなーい、リーマンリーマン

おいおい!君たちは遊んできたんだろうが

車中を見渡して御覧なされ。

その失礼な言動、リーマンだとぉー

敵に回してどぉーするー

疲れ切ったそのリーマンがいっぱい乗ってるんだよ。

あんたらの父さんも こうして通勤電車に揺られて

あんたらを育ててくれたんじゃないんかいッ。

彼女らの辞書には周りの世界とか社会とかルール、

そういうもんはないのかもなぁ・・・

花の金曜日の最終に近い電車の中も

《世界は私のために廻ってる~》気分ですかね。

「こんな時間に帰ったらパパに怒られちゃう~」B子。

「うるせぇ!オヤジ!って言ってやればぁ?」A子。

そのたんびに、キャッキャたんびにフラフラ~~

なのに何故か やおら口紅だして塗るB子。

電車の揺れに負け また後ろに倒れかかる。

    あ~B子。

「きゃはは~っウケる~」と大仰リアクションA子。

昼間 買い物したらしいユニクロの大袋を振り回し

遂には 私の連れ 近松さんにまで被害が及ぶ

「近松さん、場所交代しよう」(戦闘態勢の私)

さあ!来いッ!振り回してみろ!オバサン怒るよッ!

あらら。。。

さっきからB子の背中でグイグイ押されてる兄ちゃん

『ちょっとあんた ちっとは文句言ったら?』

『・・・シーン』  

 がくっ良いんかいッ我慢かいッ

もう オバサンの堪忍袋の緒は引きちぎれそう

「お嬢さん、足元がフラフラしてるんだから 

ちゃんと どこかに掴まりなさい」

「周りの人が迷惑してるんだから 気を配ってね」

私としては怒る気持ちをグッと押さえ申しましたが・・・

「えーっ迷惑なんかかけてないじゃな~い」とA子。

さすがに B子「すいません~~」と縮こまる。

宜しい!

酔った頭でも一応反省し、一応謝れるのだから。

酔いが覚めりゃ 一応まともな子なんじゃろう

私らが下車する駅で 座れたらしい女子二人。

まだキャッキャとやってはいたが

チラリと見たら B子は目をそらし

A子は恐ろしい形相で私を睨みつけておいでだった。

 

頼むから私を怒らせないでくれ

突き落とすとか蹴飛ばすとか、殺意を感じさせるとか、

どうかどうかお願いしますよ

犯罪者にはなりたくない。

ちなみに伺いますが・・・

みなさんは《素知らぬ派》ですか?《説教型》ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2016年5月27日 (金)

草。。。

草野球というのは知っているが

本日観せていただく、いや聴かせていただくのは

草野球ならぬ 草落語。

なぜか 寄席とは 今まで あまり縁がなく、

落語なんて ほぼ聴いた事がない私。

菊地さんのおかげで御縁を頂いただるま座さん、

落語までやってるとは知らなかった。

もう五回目となるそうで

今回、師匠である古今亭志ん彌師匠も登壇とか。

演目は何かは知らないのだが、 

今宵は中嶋ベンちゃん、塚本さん、松生さんの出番。

しかし。。。落語って、要は一人芝居って事よね

相手が居なくて喋りまくる?って・・・難しそう

 

雨 止んでくれるといいなぁ・・・夕方までに。

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

母の部屋

天気予報では「関東は夕方から雨かも」だったので

冬仕様のままになっている 

住み手の居なくなった母の部屋の掃除や、

ベッドパットや毛布の洗濯を朝からガンガン

あれれ。。。でも、すでに雲行きが怪しいですぞ

母の部屋は、母がいつでも外泊してこれるよう

そのままにしています。が・・・

帰宅する事は 残念ながら ここ数年ありません。

バリアフリーではないし、目が行き届かぬ私には

ちょっと無理になってきています。

母の香りのしていた部屋が 少し懐かしいです。

 

この部屋。。。今は、時折り 泊り客用に。

アミの仕事関係の仲間が 今夜の宿泊客。

明日は高校時代の同級生だそうです。

さすがに、もう冬布団では暑いでしょう・・・

だから、今朝は 大洗濯大会となりました。

 

明日から週末にかけては諸々予定が入っています。

のんびり出来るのは今日だけかな・・・と思ってたら

いやいやどうして 

なんで こんなに雑用が多いのかいな

チャッチャと片付けてしまいましょうかねッ

では、また。

 

 

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

羊と鋼の森

戯曲や台本ばかり読んでいると

もっと 演劇とは 全然関係ない

小説とかエッセイとかを 無性に読みたくなる。

「本を読みなさい。いつか必ず君の役に立つ」と

子供の頃に言い続けてくれたのは亡くなった父だ。

結局 野山で遊ぶ方が忙しくて

読み始めたのは中学生になってから。

それでも、想いだせば あの頃の私の本棚には

シェイクスピアだのモリエールだの 戯曲ばかり。

余談だが・・・

苦手な科目の授業中 膝の上の戯曲を広げ

一心不乱に その役になり切っていた私に

突然 「じゃぁ末次、この答えは?」と教師。

ビックリして何が起きたのか分らなくて

思わず読んでた台詞を大声で口走った

お恥ずかしい 懐かしい想い出もある

もっとも、その時の教師が

「末次。将来は 舞台に立つ俳優になれ」と

最初にこの道への地図を手渡してくれたのだけど。

 

いやいや、今日は そういう話じゃなかった。

 

本屋に行くと 本の方から「私を読んでみて」と

語りかけてくることが 時々ある。

ここのとこ、なかなか その声が聞こえなくて

「えいっ!まとめて買っちゃえ」・・・

重い本の包みを抱えて帰り 端から読みだす。

ひと月くらい前に持ち帰ったこの数冊・・・

『声が聞こえないのに買ったのは間違いだった』と

最後まで読み通すことが出来ない本が山積みに。

『あ~ぁ。まっいいや。残りはそのうち』

で、まったく 開いてもいなかった最後の一冊が

今日の題名《羊糸鋼の森》という本だったのです。

昨日から読み始め「残りは明日」と思ったのに

どうしても どうしても 読んでしまいたくなって

本日は 完全な睡眠不足の私でありますが。

中身は ピアノの調律師の話。

何がどうと 説明は出来ないのだけれど・・・

文体がすごく好きと言うのでもないのだけれど・・・

何か演劇に通ずるというか、何かを目指すという

その生き方や考え方が 今の私にフィットした、

そんな小説でして 例えば・・・

 

「才能ってのはさ、

ものすごく好きだって気持ちじゃないか。

どんなことがあっても、

そこから離れられない執念とか、

闘志とか、そういうものに似てる何か。

俺はそう思う事にしてるよ」と語るとこがあり、

ふと 思った事があったのです。

 

「過程とはいえ、あの子は役者 無理だと思う」

そう呟いたある仲間に

「私なら、早く見切りをつけた方がいいと言うけど」

その方が幸せだと 本当に悪気なく言った私。

そしたら もう一人の仲間が

「全く才能ないけど、好きという気持ちは俺の百倍」

 

どの道を選ぶかは その人の選択だし

ましてや 現在 誰に迷惑かけてるワケでもなし・・・

確かに 才能の欠片も感じられないのだけれど、

何があっても止めないという想いがあるうちは

傍が何かを言ってはいけないんだな・・・

持続こそ 才能なのかもしれないな・・・と 

この本を読んでいて

ちょっと傲慢だった自身を振り返らされた気が。

そして、執念と闘志はけして負けない!の想いが

わが胸の中で また大きくなった気が・・・

今日は そういうお話でございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

木蔭で癒しタイム

今日も 気温が高く 暑い日でしたね。

でも 木蔭に入ると爽やかな風が吹き

新緑の葉の隙間からこぼれる光が とっても綺麗。

朝のうちに 大量の毛布なんぞを洗濯し

ベランダは いつもより賑やかでした。

「ふっかふかに乾かしてね~~」とにお願いして

この間から始めた 足腰矯正第三回目(これで最後)

はい!まずは治療院へ。

歩き方が変わってきてるのが 自分でも分かります

「岩尾先生~ありがとう~~~

その足で 母の所にちょっと寄り 一緒に歌をうたい

防災訓練に必要な備品を購入したあとは

木蔭のカフェでお茶 

30分くらいだったけどポヤァ~~ンと景色を眺め、

風に吹かれ、街ゆく人をぼぉ~~っと見て(?)

完全な 「リラックスタ~~~イム

たまには 良いもんですねぇ・・・何も考えないって。

しっかしなぁ・・・

この時期って紫外線が強いのか 半袖だとヤバい

仕方ないから 熱くても上着着用です。

日焼けはともかく、あとで痒くなってしまうのねぇ・・・

昨日、結構なエネルギーを使ったからか

今夜は無性に 肉が食べたいッ!

さてさて、冷蔵庫の中身と相談して何作ろうっかな。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

追われず、追う!

本当は、「一日ひとつかふたつの用事を済ませる」

それで良いと思うのですけど、

走り出すと止まらない私の あの例の性分・・・

「一日みっつの事を片付ければ、三日は休める

ならば、やってしまおうと言うのが

良いところであり、悪いところなんですなぁ・・・私の。

おまけに、決めたスケジュール通りにいかないと

どうも気持ちが悪く《先手必勝》魂が湧き出てしまう。

今日は夕方から ワークの講師をやるわけですが、

先週のうちに準備を整えたこの先手必勝が吉と出て

結果、本日の昼間は 有効に使えるワケですよ

 

だから。。。朝から走っています

昨夜の会議で渡された掲示物だの何だのが溢れてて

「えーいっ!朝のうちにやっちまえッ!」

就寝前に 裏紙に今日のタイムテーブルを書き

その時間通りを目標に動き

只今 ポンポン片付いていく快感を味わってる最中

次は 九時半に配布せねばならんものを抱えて

マンション内を走りまわる予定。

で。。。久しぶりに「会おうよ」の連絡が入った友人と

ランチが出来るという、素敵な時間が持てる事に。

で。。。ランチのあとは荻窪に向い

本日のメインである レッスンですな。

 

時間に追われるのが嫌で、時間を追う事が快感

どこかで パッタリ動けなくなる日もあるでしょうが

動けるうちは こうして動いてる方が

「やっぱり好き」というお話でした。

 

さっ再び 走りますッ

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

会議づけ

自治会の役員って こーんなに大変だったっけ?

ん~ この時期だからかなぁ・・・

毎月行われる二か所での会議はともかく

防災訓練、夜回り、始終廻さなきゃならん回覧板。

来月には 夏祭りの準備委員会が始まるだろう。

七月からは 私も稽古で欠席が多くなるから

今は 少しでもお役に立たねばとは思うが・・・

仕事の合間、週末を返上して活動してる

現役でお勤め男性陣は 本当に大変だろうなぁ

私なんかが 大変なんて言ってたら申し訳ない

 

150所帯のマンションに暮していれば

こういう役員というのも 自然 順番に廻ってくる。

私は ここに腰を落ち着けてすぐに最初の順番が。

引っ越してきたばかりで何も解らない状態だったが

マンションの住人、地域の事、ルールを解かるには

善い経験だったと思ってる。

顔しか知らなかった人々と声を交わせるようになり

登校下校の子供たちとも友達?になれた事で

あの3・11の震災の時にも

「お婆ちゃんが居ない」と泣いてきた子供達の

ほんのちょっとの心のサポートも出来た。

現に 今 みさ亭を気軽に訪れてくれる人達とも

この交流から始まった付き合いになる。

いろんな人が自宅での健康セミナーに参加してくれ

食事の大切さや身体を動かす歓びを伝えられた。

「舞台なんか見たこともない」という人が

「一度見てみようかな」と言ってくれ、

「面白かった。また誘って」と言われ、

ちょっとではあるけれど演劇人口増にも貢献できた?

 

確かに 煩わしいし、面倒だし、時間は取られる。

でも、人間って一人で生きてるワケじゃなし・・・

誰かの、何かに、ちょっとでも役に立てるのなら

そして、何よりかにより、こんな経験も 

自分にとって けして無駄ではないと思うこの頃。

 

てワケで・・・

本日は二本立ての会議が夜まで続くガンバっ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2016年5月21日 (土)

ワンコインディナー

最近のみさ亭の夕食は ワンコインディナー。

私が大金持ちなら大盤振る舞いしたいとこだが

そうも言っていられない

訪れる人も「ソレが気楽でいい」と言ってくれるし

食材分ぐらいは そこそこ賄えているかな?

・・・いや ちょっと無理か(笑)

玄米酵素と出会ってからのこの数年、

以前 私が作ってた料理とは少し変わってきてる。

平気で 添加物入りでも使ってた日あったなぁ・・・

 

まずは 季節に逆らわず 旬のものを使いだした。

だいたい、スーパーに行けば何でも売ってるもんで

正直 どの野菜がどの季節のモノなのかなんて

考えたこともなかった私

胡瓜やトマトはともかく

茄子が夏野菜だと知らなかったという恥ずかしさ

そうかそうか・・・

「秋茄子は嫁に食わせるな」って言うもんな

「美味しいから食わせるな」と

意地悪な姑が言ってるのだと勘違いしとりました。

身体を冷やすと良い子が産めんという愛の言葉ね。

 

話は戻りますが・・・

そのワンコインディナーを食べてくれる仲間達

結構な実験台となってくれてます。

クッキングセミナーで作ろうとする試作品

頭の中で 勝手に組み立てられた新メニュー

みんなイヤな顔ひとつせず協力的ありがたや。

たとえば こんな感じの夏仕様献立。

特に目新しい物はないのですが

旬の野菜や魚類、

体温上昇減しつつ身体の中を温める食材使用。

Photo


お刺身・煮物冷やし鉢・おくら出汁漬・豆&ヒジキ煮

薬味いっぱいの冷奴・・・「ワンコイン~~

すごく美味しい豆腐が手に入った時は

ちょっとお客様仕様のお上品な冷奴を。。。出したい

Photo_2

もう少しすると秋田や北海道で収穫されるラワンブキ。

去年 肉詰めにして煮たら「美味しかったぁ

今年もなんとか手に入れようっと

Photo_3


あらら。。。三日も続けて ご飯の事ばかり

でも、ちゃんと舞台の準備 怠ってませんから~

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

続 今日は夏の三品

今日は 昨日ほどには気温も上がらず

まあ 過ごしやすいと言えば過ごしやすいのかな。

だけど、夏料理を考えなきゃならん私にとっては

もうちょっと暑い方が 発想しやすいというもの

火も電子レンジも使わないとなると・・・んーー

そうだ 冷や汁はどうだ?(ちょっとまだ寒いけど)

食べなきゃならない鯖の水煮があったっけか

あれ 使って《簡単手抜き冷や汁》に作ろう。

それから・・・新潟の人に教えてもらった《きりざい》

納豆・大根・人参・子ねぎ・野沢菜漬・沢庵

よっしゃッ!これも材料はある

頂き物の野沢菜漬、どうしようかなぁと思ってたとこ。

これらを納豆と同じくらいのサイズに切って

大根と人参だけは塩をふってちょっと置いて水洗い。

で、さく~~っと混ぜるだけ~簡単~過ぎ~~

スプーンですくって モリモリ食べるとするか。

Photo

Photo_4
そして…大根があまりに沢山あるから もう一品。

大根おろしの底には瓶詰の味付けえのき。

上のトッピングは 大根の葉っぱ。

Photo_3

あはっこりゃ料理とは言わんな

冷蔵庫に少しだけ残ってた瓶詰の中身を

早いとこ 片付けたかっただけ~~

蕎麦つゆ注いで「つつつーっ」もいいね、きっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

夏の一品

火を使わず、簡単で、栄養バランスも良い一品。

この前から いろいろと試行錯誤中。

例えば おつまみになる《変り海苔巻》。

中身は何でも構わない、冷蔵庫にあるもので

海苔全体に塗るものをアボカドにしてみたりしたけど

結局 大方のお酒にも合いサッパリ味で食べるなら

梅干しを細かくたたいたモノが夏には良さそう。

試行錯誤中だし、巻きすが見つからなくて

ラップで巻くという適当さだもんで、見栄え悪し。↴

Photo

けど・・・味は・・・「旨し

①ラップの上に海苔。

梅干しを丁寧にたたいたモノをその表面にぬる。

(昨日は梅干し切らし貰い物の桃屋の梅ごのみ)

②その上に カイワレをたっぷり敷き詰めて

③四枚の大葉をかぶせ カイワレを落ち着かせ

④人参の千切りを塩もみし ごま油混ぜたものを

横一列に並べまして

⑤胡瓜は千切りでもいいけど 芯になるものが欲しく

縦半分、そのまた半分のスティックにしたのを使用。

⑥あとはラップを使いクルクルと巻き上げるだけ。

  《ベジ海苔巻》完成。酒のアテには最高

 

日々の食卓、バランスを考えて作ってるつもりでも

我が家で不足しがちなのはどうも海藻類のよう。

進物によく頂く焼きのり、お宅でも余ってません? 

ウチ、結局 手巻き寿司くらいにしか使わずだし

このベジ海苔巻なら 野菜も海藻も一気に摂れる

パクパクと もう何本でも食べられちゃいます。

でも、もうちょっと見栄えよくしたいなぁ・・・

百均に行って 巻きすかって来ようっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

四季のある国

昨日とは うって変わった晴天の朝です

なんとなく 空が青いだけで 元気が出ます

今週は 週末まで こんなお天気らしい

しかも気温は まるで夏を思わせるような予報。

沖縄では すでに梅雨入りしたそうですね。

関東も 六月を迎えれば すぐに梅雨入りかな?

あっと言う間に一年の半分かぁ・・・

でも 紫陽花が綺麗な季節になるんだなぁ。

天気や季節に左右される私ですけど、

四季のある日本に生まれ育った事に感謝

時間があれば 紫陽花寺あたりまで 

のんびりと 足を延ばしたいもんです。

 

昨日は家に籠ってる時間が多く、

でも その分 腰を落ち着けて本を読んだり

ワークのテキストを作ったり・・・

よしッ!この青空のもと

今日はアクティブに動きましょうぞッ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

雨女の悲劇

あぁ・・・それにしても気の毒ですわぁ

ここんとこ、あんなに良いお天気が続いたのに

よりによって 今日に限ってこのドシャブリ

先週のこと。

「やっと休み早香とディズニーランド行ってくる」

そう嬉しそうに言いながら・・・そのアミの表情一変

「。。。嘘っ火曜日だけ雨マークだよ、天気予報

天下の雨女なのです、やっぱり。

「早香は晴れ女だからなぁ・・・期待しようかなぁ」と

久々の休みがとれたというのに この最悪の事態

それでも無理に微笑む(引き攣ってたけど)娘をみて

雨乞いならぬ お日様乞いをしてあげたくなりました。

が。。。やっぱり雨です。天気予報大当たりです。

ポジティブ女だから、傘をさしつつ言ってる事でしょう

「雨のおかげで空いてるよねぇ~~」とか何とか

 

さて、私は・・・っと

大きな予定はありませぬ。遊びも仕事も。

足の矯正治療に行く事、母の所に顔を出すこと、

・・・まっ そんなとこかな?

このお天気ですから 洗濯大会も意味ないし

アミ不在のため 夕飯も簡単でいいし・・・

そうだ!こういう日にじっくり考えなきゃっ

来週やらなきゃならないワークの菊地さんの代役

今回は 若い女優さんのみのワークなのですけど、

かつて私が鍛えられた発声や発音の基本レッスン。

《言葉》が命の古典に挑戦してる彼女達は

日頃 普通の人?だけを小さな空間で演ってるので

全身を使い、大きな空間でも効率よく届く声を飛ばす、

多分 そういう感覚や教育がされてない気がします。

大きな声を出すとなると つい怒鳴ってしまう・・・

絶対 喉をつぶします

今回はその基本となる訓練法を教える事に。

出来たらその先にある《台詞の意味を語る》→

《自然に喋る》というとこまでやりたいのですけど・・・

一朝一夕に出来るモノではありませんしね。

私だって まだその過程にあるのだし

訓練には終わりがありません。時間と努力が必要。

菊地さんと違って 難しい事は私には無理だから

まあ 今回は欲張らずに

彼女達に 何かヒントをあげられたらと思います。

でも とにかく教えるという重大任務を背負い

今週は あらためて勉強し直さないと!

だから。。。私には 打ってつけの雨模様ですな

雨女のアミには申し訳ないが。。。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

ポールウォーキング

「姿勢は良くなるし、体幹がつかめる」と聞いてた。

チャンスがあったら 一度やってみたかった

《ポールウォーキング》なるものを昨日初めて体験。

私の家の上階に住んでおられる方が中心になり

昨年あたりから 皆で遊歩道などを歩いてるとか。

 

朝9時。大急ぎで洗濯や掃除をすませ集合場所へ。

『あらら・・・』 どうやら 私が最年少のようである。

平均年齢は・・・65~75とみた。

小さなリュックに タオルと水。準備体操をしてっと

 

いやぁ~ 歩いた歩いた 2時間半。

歩数にして 8000歩強。

新緑の美しい丘や 鴨が気持ち良さげに泳ぐ池、

緑の隙間からの 煌くような優しい日射しを浴びて。

それにしても 最近のお年寄りは元気やなぁ~

負けちゃいられませんぞッ

 

しかし、想像通り、想像以上に気持ちが良かった。

実際は、毎日少しずつでも歩くといいのだけど

ああやって みんなで歩くからやれちゃうんだろうな。

一人だと、なかなか毎日実行するのは難しそう。

妙な筋肉痛もなく、背筋がピンとした感じで嬉しい。

骨盤矯正と共に 出来る限り 続けてこうっと

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

素敵なアドバイス

生きてるというのは、生活するって事は、

精神面でも 経済面でも、何にしたって大変です。

「いつも元気印」と言われちゃう私にも

そりゃもう 悩みはあるワケですよ、当然。

泣きたくなること、ため息が出ちゃうこと、

悪い方へ悪い方へ思考が行ってしまうこと

でも、ある人が言いました。

笑い顔は見てるだけで伝染する。

そして 笑いにも 段階がある。

二流の人は、面白いことに笑う

一流の人は 面白くないことでも笑う

超一流の人は 悲しい時でも笑う

(イヤもちろん その場で笑うという事じゃないけど)

《一笑一若 一怒一老》という言葉があるそうで。

笑うだけで 人間 免疫力がUPするらしい。

そっか。。。

元気印の名に恥じんように?笑っていよう。

 

もうひとつ。これは占星術の人からの話。

なんか、すっかり 私の事をお見通し?・・・

この四か月、何らかの迷いがなかったですか?と。

「A案をとると△△になってしまう・・・」

「B案をとれば これまた××になっちゃう」

んーじゃどうすればいいの?みたいになっちゃう。

ふたつの選択肢の間で うろちょろうろちょろ。

で、まあ、結論はですね。。。

差しあたって!いま!決めましょう、AかBか。

で、決めて動きましょう!考えたって始まらないと。

この、今の時期(星のことらしいですが)には

行動するしかない!というお話で・・・

自ずと結果は出てくるって事なんでしょうな

 

コレ ちょっと思い当たるふしがありましてね・・・

そっか・・・やっぱりそうっか・・・

今の私に足りないのは 勇気と決断力だな

しみじみ思いまして・・・

 「よしっ!立て!動け!」と鼓舞する今朝の私。

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2016年5月14日 (土)

久しぶりに映画鑑賞

昨日からロードショーにかかってる《マクベス》を

朝一番で 観に行って来ました。

ただいまワークショップでのテキストはこのマクベス。

マクベスに限らず、どうもシェイクスピアが解らないし

いろんな大先生が書かれている文献を読めば・・・

『あぁ~~もっと解らなくなってきたぁ~~(・・?』

実に困っていたワケでして

 

この映画、大幅にカットされてました、台詞。

だけど、ん~だからなのかぁ?

一言でいえば「解かりやすい」と申しましょうか

要点が解ると言いますかねぇ。

演出の意図も キャラクターも

ハッキリ その主張が見えます。

ただね・・・カットされ過ぎてて「?」

マクベスを全く知らない人には いいいのかなぁ?

シェイクスピアの作品を観たという感覚とは

ちょっと遠い感じがしてる私・・・でした。

しかし、映画っていいですよねぇ・・・

映像が心理状態も 時間経過も

言葉だけでは伝わり難い事も語ってくれちゃうから。

事細かに喋らなくても 表情で分っちゃうし・・・

が、別に映画にしなくても良かったんじゃないか?

台詞劇とは 遠い場所?にあるとも感じました。

まあ ひとつの解釈として捉えればいいのかな

そこは、それぞれの好みという事に。

 

ワークショップをやっていても

演出の菊地さんの解釈と 私のとは違ってきます。

違ってもいいんだよな・・・とは思いますけど

芝居をつくる段階では 演出意図に合わせる事に。

納得いくまでディスカッションし、

方向を見出さなければ なかなか 前に進めません。

本番の舞台を創ってるわけじゃないから

こういう時にこそ 解るまで、フィットするまで、

ともかく 掘り下げてみようかねと思ってます。

ワークが始まってもう何回目になるか分らんけど

土曜日の午後、再び 頭から読み直し!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

変な歩き方矯正

昔々の私の足は《エックス脚》と言われてました。

股関節も柔軟で

「親に貰ったその恵まれた身体、感謝しなさい」と

よく言われたものでした。

ところが・・・年齢と共に・・・なのか、

守りに入るばかりで鍛えてないのが災いしてるのか、

先日 怪我予防のための足首ストレッチを習った時

「骨盤曲がってますねぇ。足はO脚気味」と

院長に言われてしまいまして

「えっ?私、エックス脚だと思ってたんですが

 

足そのものは 一応 真っ直ぐらしいんですが

支えてる足の裏がまったく使えてないとみえます。

つまり。。。

親指に力がかからず 外側の小指ばかりを駆使。

重心が外側にばかりかかれば 自ずとO脚に

実は 自覚症状はあったのですよ私も。

ふと気づくと、常に親指が 少~し浮いてる状態。

アーチが髙いのは良い事だと思ってましたが

そのアーチに筋肉がまったく無いというか・・・

使えてないというのが現状。

しかも それらが原因なのか外反母趾の私

「若い時からヒールを履き続けてると」と。

確かに ヒールを履き傾斜舞台に立つ日々でしたが。

 

足の裏は本当に大切なようです。

影響は限りなく あちこちに現れる。

骨盤は勿論の事、背骨、頸椎・・・曲がりまくりの私。

五日おき、計三回の矯正がスタート。

帰り道にふと気づくと『あっ親指使えてる

そういえば・・・

冬の間は《三本指靴下》履いて矯正してたっけかな。

暖かくなると もともと裸足が好きな私は

自覚症状がありつつ「靴下くんサヨナラ~」の日々に。

今も やはり裸足で 家中をペタペタ歩く始末ですが、

矯正と、その訓練法を教えてもらってからは

かなり親指に力を感じ始めてます。

 

「身体を守りながらも 訓練は一生ですよ」と

院長先生に諭され・・・

こうしてブログを更新しながら 足の裏訓練中。

O脚のお婆さんになるのは。。。やだぁーーーっ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

ウキウキする日♡

真っ青に晴れわたった 今朝の空です。

完璧な お洗濯日和じゃございませぬか~

こういう日に まとめて洗いましょう、

色落ちして他のものと一緒はNGのジーンズ類。

朝からチャッチャと片付いてます。良い感じ

昨日は なんとなく気が落ちていたのか

する事なすこと、どうも 段取りよく進まず・・・

『なぁ~んかヘン 具合が悪いワケじゃなし

ともかく ちょっと元気の足りない一日でして。

どうも私は 天候に左右される傾向にあるようです。

どういう状態も そのまま素直に受け入れて、

元気が出ない時はそれなりに

元気な時は 思いっきり動く

そんな暮し方を 受け入れちゃえばいいのよねぇ

毎日ガムシャラが良いってワケじゃないのよねぇ

 

で!今日はすっかり行動したいモードの私。

もうすぐ 稽古やなんかで忙しくなるから

玄米酵素を愛食して下さってるお客様廻りや

《煙》のDM発送準備、まっアレコレ欲張ろうかと

 

あぁ~~ それにしてもこの空~~~

嬉しすぎるぅ~~~ ウキウキするぅ~~~

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

ぴゅ~~?いや、ビューーーッ!

風 強いですねぇ

洗濯物も吹っ飛びそう

外を歩けば 体重増加中の私も吹っ飛びそう

気温も昨日より高そうだし、ちょっと蒸してる朝です。

 

完治したと思ってた 手首の腱鞘炎や足首が

また少し疼いてます・・・

ちょっと動けるようになると つい油断してしまう・・・

ちゃんと治しておかないと、先で大変なのに

突風の中ですが、久しぶりに治療に行きましょう。

足首を鍛える運動も ちゃんと教えて貰ってきましょう。

では・・・風に飛ばされないように

大地に足を踏ん張ってちょっくら行って来ま~す。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

何気に健康食♪

来月 自主開催する事になってる《健康セミナー》

適当な会場が なかなか見当たらず・・・

なら 我が家で 小規模なセミナーにすりゃいい

例によって、コラボしてる武藤先生のヨガ体験あり。

リビングのテーブルや ダイニングテーブル

出来る限り物を移動して 皆が動けるようにせにゃ

今回の私は、自分の食生活改善の体験をもとに

何か出来ることないかなぁ・・・と考えたりしてる。

 

だんだんと暑い季節になってくると 

台所に立つお母さん達は なかなか大変になる。

火を使わず 電子レンジも使わない料理って何だ?

どうしても野菜中心のサラダ系になってしまうが

ちょっと 目新しいものはないかなぁ?

『玄米ご飯だけは炊いて オニギリにしとこう』

『定番の ひじきと三つ葉のサラダは火要らず

(ちょっとマヨネーズが気になるから・・・自家製ね)

パンを焼くオーブンなら 電磁波はないから・・・

『焼きナスなら出来るよぉ~』

そうだ!『椎茸にお豆腐砕いたのをのせて焼く?』

上から塩とオリーブオイル、最後にレモンをギュッ。

簡単だし・・・いいじゃない?

沢山残ってる この焼きのりの使い道は・・・

『梅干しペーストをぬった海苔の上に

いろんな野菜をのせて ひと口野菜海苔巻に』

『あっ!あとは味噌玉作っておこう』

 

あら。。。 動物蛋白 まったくナシ。

でも、アレルギーで困ってた時は

私も 半年の間、動物蛋白は摂らなかったしな。

ともかく 《火は使わない》というコンセプトには

一応 適ってるようだから・・・この線で行くかッ。

 

そんな事を考えながら台所に立ち試作品づくり。

おっ。今夜の食卓も何気に健康食っぽいです。

蕪の鶏挽肉あんかけ。あさりの味噌汁。

鰹たたきサラダ。蕪の残りでピクルス。

新作は・・・小松菜の小ちゃなひと口オニギリ

酢飯と混ぜたのは、カリカリ梅、沢庵、小松菜の茎。

「あら。。。 さっぱりしてて美味しいかも

 Photo

 

 

 

 

| | コメント (1)

2016年5月 9日 (月)

芝居は楽し♪

すっかり遊びまくった大型連休。

最長10日間と言われた方も、昨日で終了かな?

私も きっちりとモードを切り替えて・・・っと

 

再びレッスンとワークショップの日々が始まります。

今年後半は、7月9月11月に舞台が入ってます。

いずれも菊地さん演出のだるま座アトリエ公演。

オファーを頂き、台本を読ませて貰うと・・・

『んーーーっ やりたいッこの本やりたいッ

マネージャー真樹ちゃんから電話が入り

「どうしますか?やりたい・・・んですよね?」

ギャラは安いし、稽古には かなりの時間が必要で

事務所に まったく貢献できない仕事なんですが

「本当にやりたいと思う仕事してくれていいですよ」と

心優しい 私の最大の理解者の真樹ちゃん

「すまん」と思いながらも

どうやら、しばらく この方向が続きそうだなぁ

経済も重要なんですけどね・・・

やっぱり良い作品に出会うと・・・やりたくなります

 

その7月の舞台は 

先日 演劇鑑賞会での1ステージのみだった演目

《煙が目にしみる》 

この作品 以前から すごく演りたい本でした。

それにしても ひと月以上の稽古をしてたった1回

勿体ない・・・あぁ勿体ない・・・

そしたら だるま座さんが一般公演やる事に

この中での私は、現代の普通の奥さん。

普通といっても、旦那を亡くしたばかりの女で、

埋葬中の その焼場での一日のお話。

「んーあるある、こういう事。居る居る、こういう人」

焼場での話なのに 「大笑いして、大泣きした」と

前回の公演を観て下さった方の感想。

Photo

死んじゃったはずの旦那も、家族揃って記念写真。

何故か みんなにこやかでありますな。。。

 

そして、9月。

こちらは《長屋のおかみさん》です。

11月。もっと貧乏になって《よいとまけのオバサン》

(今の若い人は ヨイトマケって言っても知らないね?)

この2本は、私にとっては新作。

間違いなく 嵐のような日々になるでしょう。

 

役はどんどん貧しく、どんどん汚く?なってくけど

内面はどんどん豊かになり続けるのであります

時代も違えば、役もまったく違うけれど

この流れ、どこか共通点があり 人間の匂いが。

私にとって興味深い《シリーズ》って気がしてます。

 

アトリエみたいな小さな空間では

大仰な芝居は通用しません。嘘はバレます。

市井に生きるこの人達を 生々しく演じるのは

とても難しいけれど、とても学ぶことも多いのです。

 

あっと言う間に流れるこの時間のなかで

《どれだけ納得のいく芝居作りが出来るのか・・・》

やっぱり 私の人生の目標はコレですのよね。

       有難やぁ~

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

あっ…母の日でしたかぁ

すっかり忘れていました。

今日は 母の日でしたかぁ・・・

「佐川急便が届いたら連絡して」と言い残し

いつものように 仕事に出かけていったアミ。

届きました・・・何やら小さな箱が・・・

「届いたよ」とメールをし「開けて」と返信がきて・・・

 「ジャジャ~~~ン

Photo_2

これでした マシュマロ電報とかいうもの。

メグとアミからの、今年の母の日プレゼントでした。

美味しそうだけど。。。勿体なくて食べられない。。。

しばらく飾って、我が家を訪れる人に自慢しよッ

だいたい昔から あんまり母親らしくもないし

娘たちも ここまで大きく?なってくると

母であるという自覚も責任も ほぼ無くなり 

忘れてました 自分が母親であることを。

『そっか。。。母の日かぁ。。。』

てことは。。。ありゃりゃ 

次子さんにも「ありがとう」を伝えてこなきゃ!

 

 

 

 

| | コメント (2)

2016年5月 7日 (土)

勿体ないから・・・

あさりと鱈の切り身があったから

アクアパッツアを作ろうと思った・・・

『あっ・・・パセリが欲しかったなぁ

たまたま歩いてた所に農協があり、

イタリアンパセリの束を購入したら・・・余った

パクチーサラダなんてもんもあるんだからなぁ・・・

パセリサラダってのがあっても・・・いいっか?

『ん~~私は好みだけど・・・アミは無理だな』

葉っぱをかじってみた私・・・悩む

しかし・・・あまりに沢山残ってるし

かといってサラダにして誰も食べてくれずのまま

破棄は・・・そりゃイカンでしょうよぉ

で・・・電子レンジで乾燥ハーブを作ってみる。

『あら。。。意外と簡単。コレ重宝しそう

あんなに大量にあったけど・・・たったコレだけ。

Photo

でも、まっ、いいっか。無駄にしたくないし。

今朝は朝食にミネストローネを作り、早速活用。

那須で買って来たハーブも

お天気がいいし、風も吹いてるから、

まとめて 天日干しにしてしまおう

鳥さん 勝手に食べに来ないでねぇ~

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

一度は食べて!このリゾット♡

昨日の子供の日

我が家の近くでイタリアンイベント開催のシェフ。

「楽しみ~~」と 口を開けて待ってた私達

Photo


この店、普段は夜だけ営業してる店らしいが

時々 こうしてシェフが昼間にイベント的に開店。

ん~~やっぱり美味しい美味しすぎるリゾット。

私も何度か挑戦してみたけど この感じにならん

シェフと妻のリョンリョンの人柄だろう、

次々に訪れる仲間達と 「あらぁ~久しぶり~~

店の中は 同窓会のようになって盛り上がる。

Photo_2

お腹がいっぱいになってるのに・・・

「ドルチェは何にする~?」と関ママ。

おやおや 

絵を画くのはリョンリョンだけかと思ったら・・・

それぞれのお皿に 可愛らしい絵がチョコで。

オチャミさんのお皿にはちゃぁ~んとさんが。

Photo_3

私には何故か《トトロ》が画かれてる。

初夏みたいな空気と 爽やかな風の吹くテラスで

楽しく 美味しく 賑やかに イタリアンランチ

Photo_4

御馳走様~~

あの感動のリゾットが

新橋まで足を延ばさなくても ここなら散歩がてら

近所に 二号店出してくれないかなぁ~~~

 

 

 

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

自然の力

航空写真で見ても分かるような巨大な森と家。

「なんじゃこりゃぁ~~

贅を尽くした銀色に輝く外装は

完璧なシンメトリー建築。

そして家の中は一転 

温かな木のぬくもりでいっぱいなのでした。

こりゃ 遊びに来いと言うのは うなづける

沼さんの説明によれば

シュー・ウエムラの先代の社長が建てたとか。

それにしても。。。

この大きなテラスから眺める森林は

何時間見ていても飽きる事なく・・・気づけば涙が。

何でだか判らないけど・・・『やだ、私泣いてる・・・』

そんなに私、病んでるとは思ってなかったんだがな

Photo_6

久しぶりに語らってる男二人は

運転してくれた仲庭さんと この家の主 沼尻さん。

そして 自然に癒されまくる私の図・・・

Photo_7

「夜はまた違う趣きで 良い感じですよ」と

パートナーの五美恵さん。

ご飯よりお酒より美味しい これまた夜の景色。

Photo_8


巨大な森の中に 浮かび上がるこの邸宅。

もう ただビックリ。ただウットリ。

で、またまた テラスで物思い?に耽る私・・・

Photo_9
翌朝は 山特有の雨が降ったけれど

雨などものともせず傘をさして一人 森を散歩。

あぁ~~~癒される

この空気、この雨の音、この木々の匂い、

土から芽吹き始めた 名もない小さな植物・・・

「おぉ~~感動」

自然が人間に与えてくれる力って凄いです

 

沼さんのお言葉に甘え 上げ膳据え膳二日間。

何も考えず 何に追いかけられる事もなく

ただ 自然に囲まれてポヤ~~ッと過ごす。

最高~~~の休日でした。

沼尻邸の門を出たところでは

お猿さん家族が雨に濡れながら見送ってくれるの図。

Photo_10
本当に本当に善い時間を過ごせましたぁ

 

 

 

| | コメント (1)

旅日記・・・癒し

四時に出発は 大正解

途中で 簡単な朝食をとったにも関わらず

なんと、横浜から那須塩原まで三時間をきるという

好調なスタートのこの旅

あまりに早く着きすぎて、沼尻邸へ伺う約束時間まで

『さてさて。。。何から始めよう

とりあえず、那須のアウトレットのパーキングにて悩む。

いくら何でも九時のオープンまで時間をつぶすのは

あまりに勿体ないので・・・ガランとした館内を見学?

お茶を飲む店も開いておらず(当たり前か・・・)

ご覧の通りの 早朝のアウトレットの下見散歩。

Photo

「そうだ!いつも行く道の駅は八時半開店だわ

運転でお疲れの仲庭さんの仮眠からの目覚めを待ち

「いざーーー!道の駅へーーーー!」

Photo_2

開店まで まだ時間があるから まずは森林浴。

以前に来た時は 一面 コスモスが揺れてたけど

この季節は・・・ほら~ 菜の花畑です~~

Photo_3

もちろん、沼尻邸への土産と自宅用に

新鮮な野菜や お目当ての山菜各種も爆買い

その中から、帰宅してすぐに作ってみたのが

田中シェフ直伝の《焦がし葉玉葱》⇓

Photo_4


山菜も めっちや美味しかったけど

何より簡単で 何より美味しかった一品でしたわ

 

再びアウトレットに戻ってみたら・・・「おぉ大渋滞

そこは地元の事なら!のタカが教えてくれてた

素敵な抜け道と 空いてるパーキングの入り口へ。

三人三様、ショッピングを楽しみ

    「さっ!温泉じゃ~~~

川の畔にある 入館料五百円の温泉

露天からも見えてる 川の上を泳ぐ鯉のぼり。

風に吹かれて気持ちよさそう。私もマッタリです。

Photo_5

さっ!いざ!今回のメインイベント沼尻邸へ

 

 

 




| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

リフレッシュの旅へ♪

ただいま午前三時半。まだ真~っ暗

渋滞が予想されるので 四時出発となり、

が。。。眠い。。。死ぬほど眠い。。。

リフレッシュするための旅だけど

スタートは かなりのシンドさでござる。

G・Wに旅をするなんて事、私、未体験でして。

混み具合も何も予想がつかないわけですが・・・

でも きっと!必ずや!この先には喜びがッ!と

固く信じておりますです。

森林浴し温泉につかり道の駅で野菜を買い

夕餉には友人達と持参するでゆったり語らい・・・

 

一泊二日の 那須高原への旅。

   行って参りま~~~~す

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2016年5月 2日 (月)

父娘旅

「私ゃ 連休とは縁がない~」と嘆いていたアミ。

彼女にも たった一日ではあるけど お休みが

よかったよかった 「どうすんの?休みは」

一日中 寝まくる事も 一案ではあったらしいが、

「ん~~ なんかリフレッシュしなきゃなぁ」と。

で。。。たまたま お休みだったパパさんと

「箱根にドライブ。可愛いワンコに会いに行こう」

お天気にも恵まれたし、気持ちのいい空気の中で

父娘は ワンコを連れて ノンビリ お散歩中。

S

S_2


柴犬って 今 流行ってるんだってね~。

なんと なんと 愛らしいこと

そして、娘との時間を過ごす 嬉しそうなパパの顔。

リフレッシュ真っ最中の アミの幸せそうな顔。

 

よかったねぇ~二人とも善い時間を過ごせて。

 

 

 

| | コメント (1)

2016年5月 1日 (日)

娘の結婚

友人のNさんは、奥さんと年頃の娘の四人暮し。

子供たちが まだ小さかった頃は

家族そろって散歩をしたり

自転車四台を連ねてサイクリングしたりする姿を

よく目にしていたのだけれど・・・

どうしたって子供も、年頃になれば家族より友達

そうなると、ただでさえ仕事が忙しいお父さんは

飲み会を含め(それも 仕事の一環なのかな?)

いわゆる家族団らんという時間は減少してくるし、

ともかく お父さんの帰宅は夜中が多くなる。

自分の時間を持ち、友達やバイト優先の子供達。

少し手が空いてきたお母さんは趣味に勤しむ。。

皆 其々の方向を向いてしまうのは仕方ないっか

時々 年頃の娘ふたりと 奥さんという、

女三人に男一人の夕餉では、

お父さん 確実に話について行けず

妙にギクシャクした時間が流れてしまうらしい

お母さんのフォローの甲斐も空しく・・・だそうで。

 

そんな家族の 長女の結婚が決まった。

お父さんの寂しさは尋常ではないようで

我が家を訪れる時も どこか寂し気

「いずれ嫁に行くんだし、彼はなかなか善い青年

 何気にNさんに似てるよね

 実は結構 パパがタイプだったのかもね

(励ましてるつもりの私

「けど・・・やっぱり寂しいなぁ」と呟くお父さん。

 

昨日 自転車を走らせる この家族と出会った。

『あれ?五台いるよ・・・自転車

長女の婚約者(私は若旦那と呼んでる)も一緒

夕方 Nさんに会ったら

「一年に一度は家族サイクリングと決めてたんだけど

よくよく考えたら 今日の催しは二年ぶりだった」と、

仕事と飲み会を優先してた自分を反省をしておった。

若旦那も すっかり家族に打ち解けてる様子だし

パパも 若旦那と楽しげに喋ってるみたいだし・・・

 

私自身も 父親に溺愛された口なので

嫁に行くと決まった時の父親の落ち込みようは

よぉーく知ってる。

いずれ離れてゆく娘というのは 

お父さんにとっては ホントに寂しいですよねぇ。

これからは もっと夫婦の時間を増やして楽しんで

最後は 奥さんと共に白髪の生えるまで。。。です。

(って、私はそんな事言える立場じゃなかった・・・

いいもんいいもん

あたしゃ一人で白髪になってやるーーッッ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »