« またもや可笑しな夢を見る | トップページ | ダメ出し?いえ!ノート! »

2017年5月17日 (水)

恩人日下さん

何を書いたら、何から書いたらいいのか

    分からない。

高校三年の時に

初めて日生劇場の楽屋でオメモジさせて頂いた。

今から45年前の事だ。

入団後、後に日下さんは仰った。。。

「初めて会った美沙は南の島の姫みたいだったよ」

南の島って。。。それ、ただ色黒の女の子?

 

あの頃は、入所すると、

研究生一人一人に、保証人がつく制度があり、

先輩たちは その研究生に何らかの問題が起きると

即 浅利さんに呼びだされ「どうなってンだ」と

私たちより先に お目玉を食らう。そんなシステム。

でも、あの頃の先輩たちはみんな心優しかった。

「出来るだけ問題を起こさなそうな子がいい」と

本当は どの先輩も思っていらしただろうに、

私の保証人になるなんて無謀な事をやってのけた

日下さんには いまだに感謝してもしきれない。

だって。。。私、多分すごい問題児だったはずだから。

そんな私に、何があっても細かいことは一切言わず

「頼むよ~美沙。ともかくいい役者になってくれよ~」と

顔を合わすたびに言い続けて下さった。

 

舞台で 初めて相手役を務めさせていただいた時に

日下さんが仰った一言は忘れられない。

「あんたは 薄ーいベールをかぶってる。

そのベールが剥がれたら、良い役者になれるのに」

 

想い出を語ったら 《完》のない文章になりそう。

 

劇団を辞めた私の舞台を観に来て下さった時は

ちょうど 少し体調のすぐれない時期だったけれど、

終演後のロビーでお目にかかったら

「良いじゃないか~ 美沙もやっと大人になったな」と

あの風貌、あの声で、初めて褒めて下さった。

「ベールがまだ見えてますか?」と尋ねたら

「ベール?俺そんな生意気な事言ったかぁ?」と

優しい笑顔を向けて笑って下さった。

そう・・・あのお顔が忘れられない。

あの日の あの瞬間を 忘れられない。

 

日下さんに「やっと いい役者になったな」

「やっと一人前になったじゃないか」

そう言っていただける日を目指していたのに。

本当に・・・本当に残念だ。

人は誰も いつかは天に召されるのだけれど

この感謝の想いを伝えられぬまま旅立たれた事が

無念でならない。

 

遠いスペインの地で静養されていたと聞く。

美味しい魚を食べたろうか?

きれいな海を眺めていらしたろうか?

それでも 頭の中は芝居の事で一杯だったろうか?

 

心からご冥福を祈るとともに

十代からお世話になりっ放しだった問題児は

いつか天国でお会いした時に

「空の上から観てたよぉ~少しはマシになったかな」

そう褒めていただけるように

精一杯、一生懸命に精進します。

      思いを込めて 合掌。

 

 

 

 

 

|

« またもや可笑しな夢を見る | トップページ | ダメ出し?いえ!ノート! »

コメント

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

投稿: new(^^)/ | 2017年5月18日 (木) 01時39分

最後の舞台『思い出を売る男』千穐楽観ました。
ただ居るだけで舞台の雰囲気が変わる…
本当に素晴らしい『乞食』でした。
心からご冥福をお祈りいたします

投稿: りら | 2017年5月18日 (木) 07時22分

出勤の電車の中で美沙さんのブログを読む。日下さんの笑顔とリンクして胸がいっぱいになってしまいました。もう一度、鹿鳴館の影山伯爵を拝見したかった。妻への愛と嫉妬に静かに震える影山伯爵の芝居は日下さんにしか演じられないんじゃないかと思うくらい、影山伯爵を生きていらしたんだと感じました。本当に残念です。

投稿: カズ | 2017年5月18日 (木) 07時47分

訂正です。
変わるのは『空気』です。
雰囲気を変えちゃダメですよね
ただ居るだけで…

投稿: りら | 2017年5月18日 (木) 08時32分

日下さんの一番の思い出は「ちいさき神の作りし子ら」のカーテンコール。
影さんが浴びる筈だった誰もいないスポットライトに手を差し伸べる日下さん。
あの時も涙でした。

悲しいけど拍手を送ります

投稿: なおみ | 2017年5月18日 (木) 12時49分

風になろう🎵二人でなろう🎵人に何と言われても、言わせておくがいいさ🎵お前はできる風になれるさ🎵いつでも幸せさ🎵

昨日、娘と二人で、歌い涙しました。

投稿: 止まない雨は無いじゃない✨ | 2017年5月18日 (木) 22時26分

あの上質な音楽を聴いているような日下さんの台詞。
シャイロックも乞食も素晴らしかったけど。
私の中に一番残っているのは、何故か三田和代さんと演じられた「シャドウランズ」
古い時計の音だけが響く英国の田園の屋敷の中、安楽椅子の日下さんの姿。
一度だけしか観ていない舞台でしたが、今でも私の中に蘇ります。
本当にありがとうございます。

投稿: ぽて猫 | 2017年5月21日 (日) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またもや可笑しな夢を見る | トップページ | ダメ出し?いえ!ノート! »