« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

御無沙汰です。

脳の中がパンパンで

やることも 半端なくパンパンで

全く余裕のない毎日。。。

あらまぁ。。。ブログの更新してなかった

久しぶりにメールを開いたら。。。友達から

「まさか病気入院生きてるだろうねぇ」と。

この友達は 二日更新しないと心配し

三日以上経つと大騒ぎします 

   で、このメール。

死んでません。しっかり生きてます。

悩みながら、もがきながら

笑いながら、時に泣きながら。。。

いろんな意味で この作品に関われた事に

歓びが湧いています。

あと10日を切りました。最後まで諦めない。

自分の限界に挑戦です。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

優しさに包まれて

なんだかねぇ。。。

毎晩 ろくな夕食も食べずにいました

朝食はおろか夕飯なんて作る力余っておらず

そういう時に限って 冷蔵庫は一杯です。

洞爺湖にある玄米酵素の自然農園さんから

まずは これが送られてきました。

Photo


無農薬の美味しい冬野菜。

大量です じゃがいも 玉ねぎ 南瓜。

これ、本当に甘くて美味しいのです。

だけど。。。料理する時間が全くありません。

玉葱とじゃがいもは お世話になってるご近所に

配りました。。。ちょこっとだけ我が家に残して。

南瓜は、今回の舞台の小道具にちょうどよく

早速 稽古場に運び込みました。

。。。そしたら。。。

翌朝、またまたご近所のさちこさんが

「実家の畑で採れた無農薬野菜なの」と。

我が家に大きな箱で届けてくれたのは。。。

大根、そして立派な大根の葉、大きな白菜、

またまた 新種の南瓜

はい。。。南瓜は、またまた小道具に。

大根は消えモノに必要なので冷蔵庫に。

せっかく下さったのに食べれないと哀しいので

立派な葉っぱと白菜は

お料理上手なお隣の朝日さんちにヨッコラショ

そしたらさぁ。。。泣けてくる

玄関のドアノブにビニール袋が下がってた。

「頑張ってね」のお手紙つきです

なんだかメチャクチャ嬉しくて

泣きながらその大根と桜エビの炒め物食べた。

Photo_2


タッパにギューギュー詰めに入ってたのに

ほとんど食べちゃった。。。「旨い。。。

 

有難いです。みんな優しいなぁ。。。嬉しい。

 

稽古の方も 順調に進んでいて

全五幕うちの三幕まで演出がつきました。

ここまでが本当に大変なとこでしょう。。。

ここまでの演出意図を理解して

落とし込み 積み上げていけば

後半はきっと楽(?)なはず。

明日は もう一度、ここまでを小返しして

それから最終場に向います。

菊地さんは厳しいけれど、ホント優しいです。

 

幸せです。優しい人たちに囲まれて生きてる私。

だから、まだまだ頑張れますッ!

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

2日目

この頃 どうも朝ごはんを食べそこなう

あっと気づいたら

「いけない いけない もう電車の時刻

アミの夕飯なんて 全くもって作れない

まあいいや。こういうもんだ

稽古場には炊飯器を持ち込み

佃煮やふりかけや缶詰等々。。。

菊地さんから お米まで差し入れて貰ったから

飢え死にすることはまずないし、

どちらにしても早めに入って動いてみたいし、

朝昼兼用のごはんも稽古場で。

今日は。。。二幕。台詞は入ってるはず。が。。。

台詞が入ってれば良いってもんじゃないからネ。

今日も集中力と 理解力と 応用力。

あの空間に身体を慣らそう。

細部にまで行きわたる演出家のノート。

凄いな つくづく思う。凄い、凄すぎる。

こっちが 大まか過ぎるのかもだけど

台風がまた来てるとかで 外はザアザア降り

雨にも負けず大量のノートにも負けずだよッ

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

立ち稽古一日目

今日から 一日ひと幕を 立ち稽古しながら

演出家が作っていきます。

30分ほどの場面に要した時間は約4時間。

その間 集中力を最大限にしての稽古です。

くたびれた~~

当たり前だし そういうものだけど。。。

ひとつの作品を作るってことは。

すでにこの時間、もう頭の血が巡ってません。

早く寝ましょう。そして早く起きましょう。

今日の復習もせにゃ間にあわん

明日やる2幕の予習もしとかにゃならん

寝ます!寝ます!寝ます!

 

劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

荷積み荷下ろし

今日から稽古場が初台に移る。

昨日 大雨の中を 

あちこちに点在する倉庫からトラックに荷積み。

男性陣は みんな びしょ濡れだ。

 

今回 どうしても必要だったのが《油画》

画を描き続けてらっしゃる友人の宮武さんに

御協力いただけることになった。

「ボクは 現在水彩画専門だから」と

そのまた友人までも辿って下さった。

ご友人はご高齢で、現在入退院を繰り返す中、

最後の最後まで画を描き続けたいと筆を握る。

その魂の籠った貴重な作品をお借りする事になり

慎重に慎重に荷積みをする。

 

さて、そして本日はその荷を降ろし初台に搬入。

明日から始まる立ち稽古のための建込みだ。

私には その裁量も技術もないから

もっぱら ご飯担当か・・・?

なんせ 世紀の貧乏劇団 

とりあえず米があれば何とかなる

昨日のトラックには 炊飯器や米も載せた。

台風も通過し、雨もようやくあがった。めでたし。

さて!出かけよう。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

お休みの効用

久しぶりに稽古場に行くって感じがします。

休んでいる間、何かが吹っ切れたのか。。。

「解らない」とか「出来るのかしら?」とか

ネガティブなものは無くなり、

なんだか稽古場に行くのが楽しみになってる。

早く稽古がした~~~い

出来ないものは出来るようになるまで

トコトンやればいいのだし

違ってたことは軌道修正すればいいのだし

悩んだ時間は絶対に無駄にはならないと思うし

第一 そんな事を考える間もなく

これからの数週間 稽古と同時進行で

スタッフワークもこなしていかなきゃならない

チケットも売らなきゃならない

やるべき事は いーーーっぱいあるのです

 

休んだおかげで すっかり身も心も元気なりました

休み中 もらったノートを繰り返し検証してみれば

一貫して見える大事なことが浮かび上がってきます。

《ちさこの価値観》《ちさこの人生観》《生き方》。。。

もうひとつ

登場する、ことに他の女性との決定的な差。。。

その会話の面白さは

自分の役に執着してたら見えないという事。

私。。。全体が見えてなかったんだなぁとつくづく

この作品の面白さが本当には解ってなかったんだ

まあ、それが少し解っただけでも儲けもんです

今日で本読みは終わりですけど

土台をしっかり作って 立ち稽古に臨みたい。

立ったら また何か新しい発見もあり

心ももっと動くでしょう。うん!絶対に

やっと私らしくなったかなぁ?

 

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

台風きてます・・・(>_<)

急に寒くなったりで身体がついて行かないのか

何となく体調がすぐれない人が多く、

(かくいう私が風邪っぴきだったんだけど。。。

立ち稽古に入る前に 「まずは体調整えて」

・・・というわけで 稽古がお休みになった昨日。

休みましたーーー 十分に。

昨日は何も考えない無責任な一日を過ごし

夜はお鍋で温まり 早寝をし 今朝は元気ッ

ぼやぁ~と芝居の事を考えるのもいいのかもな。

お客さん気分で 想像してみる舞台。。。

『ふ~ん

なかなか物事を俯瞰で見るというのは難しく、

自分に拘っていたら 役に集中し過ぎていたら

見えるはずのものも見えないのだろうな。。。

なんか うまく言えませんけど。

明日は最後の本読み。

月曜日からは稽古場が変ります。

本番同様のセットを組み上げ いよいよ立ち稽古。

どうやら稽古場仕込の日が一番荒れるらしい

早く通り過ぎてくれると助かるんですがね、台風

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

おやおや多くないですかぁ?

この頃、多いなぁと思うモノ。。。

外人。観光客なのかな、この外国の人たち。。。

なんだか、何処の国に居るの?と思う程

街を歩いても 電車に乗っても。。。多いなぁ外人。

私が住んでるただの住宅街まで

外人が増えてるのはどうも解せない。。。

もう一個。。。目に留まる人達。。。これも多いぞ。

いつにも増して多い気がするなぁ。不在者投票。

私、大抵 不在者投票なんですが。。。多い!今回。

なんかねぇ。。。

混迷しすぎてて、ワケ分らん。なかなか決断出来ん。

でも、ちゃんと考え、ちゃんと投票しなきゃッ!って。

ともかく、いろいろ考えて行って来ました、投票に。

んーーーっ

芝居の事しか考えられない馬鹿な私でも

なんだか心配になります。。。

この国の事。この世界の事。この地球の事。

 

劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

素敵な旦那様♡

Photo


私、川岸ちさこ。

お隣のピースサインの御方は川岸良三。

今回の舞台の旦那様です。

今は平成。私たちは大正から昭和に生きます。

大事な大事な旦那様の良ちゃんは

この数年 ご一緒させて頂いている塚本一郎さん。

おしゃれでダンディーな御方です。

共演させてもらって一番思うのは

板の上の塚本さん、なんとも自然体な方ということ。

本当に悔しいほどに、自然体です。

私にはないものを いっぱい持ってらっしゃる。

どうしたら あんな風に存在できるんだろうか?

この数年の謎。この数年の研究テーマなのです

劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

  Photo_2

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

やってみるっきゃない!

ワケあって

昨日はワークをお休みして一日中 自宅に。

12月の冷え込みとかで、表はかなり寒かったし

ちょっと心身ともに弱ってた?感ありだったから

身体を休めつつ 色んな事を考えた日になりました。

三日から始まった演出家入りの本読み稽古。

こんなにも出来ない自分だったのかと愕然としたり

読み込みの浅さにガックリしたり

作品への解釈が曖昧だったりに「ドーン

でも、この時間は私にとって重要な時間となりました。

何より 自分の弱点をさらけ出さなければ進めない、

逃げないで そこを克服しないとまったく進めない、

そんな想いで過ごしたこの数週間。

夫役の塚本さんが

「きびしいなぁ早く立ちたいよ。本読みは苦しい

そう言っていましたが

確かに私も 早く抜け出したかった。

立てば何か掴めるかも!と 正直 淡い期待を持ち、

けれど、この緻密な本読み稽古なくしては

私は また元に戻ってしまったでしょう。

何の進化も遂げることなく この先も歩くことに。。。

 

「全然違う。そういう役じゃない」なぁ~んて

またノートは出まくるかもしれないけど

果敢に歩みを進めていこうと思います。

やってみるっきゃないです。

これからまだまだ続く俳優人生のためにも。

なにより 観に来て下さるお客様のために。

《愛の凄鬼》踏ん張って稽古中

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

雨音を聴きながら・・・

シャラシャラシャラと雨音だけがする

日曜日の昼下がりです。

この音、この空気。。。とっても眠くなる。。。

でも、いざ昼寝を決め込もうとすると

昨日の稽古場での菊地さんの声が

 

「会話のアンサンブルです、この作品は」

「劇的なやりとりではありません」

「衝撃がどんどん自分の中で起こり

会話で変化し 加速がつく」

「楽しんで下さい」

「楽しむには、理解が必要。漠然と捉えない事」

「でも、理解ばかりに走ると縛られてしまいます」

そして。。。

「八田作品には どうでもいい人は一人も出ない。

よーくよーく読み込んでいったら

その繋がり、関係性が自ずと理解でき楽しいです」

「八田さんの作品は、最後は必ず《希望》なんです」

 

菊地さんが八田作品に出会った時には

解らない事も沢山あったと言います。

私も これから少しずつでもいい、

解っていけたらと思っています。

稽古なのか レッスンなのか分らない程

演出家からの質問の嵐にアワワとなったり

デイスカッションのようになったりします。

作品の解釈から 裏に流れる関係性、真実。。。

この稽古は かつてないほどに苦しいものですが

本当に有難い時間と経験になっています。

    縛られずに、楽しもう。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

突破口を探せ!

ながい間の習慣というか、クセというか、

それを取るのは本当に難しい。

大きな劇場で演る機会は殆どなくなってるので

退団してからの活動は ほとんどが小劇場。

大きな声や 大きな芝居は必要とされない。

反ってリアリティに欠けるものになってしまうから。

でも、演じるということは

けっして自分ではないワケで。。。

役としてのリアリティは絶対なワケで。。。

「何も考えずリアルに」と思うと

なんだかテレビドラマみたいになるのが怖い。

そこに必要とされるテンションは絶対に必要。

小屋の大きさには関係なく。

 

10年以上経ってるのだから 

いい加減 この空間に身も心も慣れそうなもん。。。

『何なんだろうな?』と考えてみる。

1日中 自主稽古をしていて「はっ!」とした。

今 発した私の声は《嘘》じゃなかろうか?

気持ちが悪っ。。。身体から離れていってる

今の。。。《芝居声・芝居喋り》じゃないだろうか?

方針を変えてみる。まずは。。。

全ての台詞を自分の言葉で、日頃の声で。

「○○ですわ」は「わ」が浮く。

「○○だよ」とか「○○です」とかに変換もしてみる。

自分自身に置き換えてみると

『喋れるじゃないか』『力まず喋れるかも?』

どこかで《ウキウキした気分の声はこうだ》と

もしかしたら 決めつけてるのか?私。

それが そもそも《間違った芝居作り》。。。

ウキウキすりゃいい、

よし、別のモノに置き換えてみよう。

私自身が本気でウキウキしてみりゃいい。

私の肉体で。私の声で。生身の私で。

「ふふふ」なんて私は笑わない。笑ったことがない。

「わっはっは」「がっはっはっ」でも稽古だからいい。

抱きつきたくなったら抱きついてみたらいい。

そのテンションをしみ込ませたら「出来るかもしれない」

 

《そこに生きる》ことが一番大事だと解っていながら

舞台の上では 足が宙に浮き上がってしまうアレ

生身で居られないアレ何か説明したくなるアレ

今日の稽古のテーマに課すのは《そこ》です、私。

果たして 突破口となるのかっ

んっならなきゃならないで、またやり直しゃいいっ

 

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

克服への道

たまには何か楽しい話を書こうと思うんだけど

今更 カッコつけても仕様がない。

まだ本読み段階なのに 相当凹んでます

寝つきは悪く、睡眠は浅く、

ずっと 作品の事ばかり考えているからか

日常はポカばっかりしてます

でも、ずっと考えているわりには何も変化がなく

出来なさ加減に かつてない程落ち込んでます。

演出家は「克服してステップアップしろ」と

鼓舞してくれてるのだろうとは思うし(思いたい!)

逃げ出すわけにもいかない。

いつもなら「必ず前に進める。出来るようになる。」

そう思えるのですけど・・・なんだろ?今回の私

自分でもよーく分ってる根本的な弱点を突かれ

まったくその通りであることの自覚に立ち眩みする。

出口、いや入り口を探そうともがく毎日です。

正直、俳優という仕事が

こんなに辛いもんだとは思っていませんでした。

それでも進まなければなりません

暗く 重くならずに、進まなければなりません

この作品が きっと私を育ててくれると信じて

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

彼女から学ぶ事

演出家の菊地さんは

稽古期間中に「コレ観てみる?」と映画のDVDを

よく持ってきて下さる。

邦画の時もあれば シェイクスピアシリーズもある。

今回は《恋愛適齢期》

大好きなジャック・ニコルソンとダイアン・キートン。

ずいぶん昔に見た記憶があるのだが

この歳になってこの作品を観るのは久しぶり。

菊地さんは《勉強の為に観る》ようだが

そもそも映画をそういう感覚で観る習慣が

私には全くなかった。

昔 この映画を観た時も 

他の映画と同じように「面白い映画だったなぁ

一番共感した台詞といえば

「生まれる時も死ぬ時も眠る時もひとり」と言う

ジャック・ニコルソンの一言。

(私がこの台詞に共感できる時期だったせいか

この台詞は実生活でも使わせて貰ったもんだ

 

劇場の下見のみで稽古のなかった昨日

再びじっくり観せて貰った。

結局2回も観てしまった。

年令を重ねるということは 

物事を違った角度や違う感情で受け止められる。

時代(自代)によって

全く違う見方が出来るんだ、と認識。

ダイアン・キートンと監督のナンシー・メイヤーズの

映像を見ながらの会話が実に興味深い。

 

『菊地さん何故これを貸してくれたのかな』と思う。

今回の役との共通点があるわけではないのだが

何と言ってもこの名優達に ただただ感心してしまう。

自然体。リアル。生の人間が息づいてる。

演技でありながら 素のように感じられる。

全ての演技は計算され尽くされているのだろうが

スクリーンからは そんなものは微塵も見えない。

だから 名優と言われるのだろうけど。。。

私には無いものだらけじぁないですかぁ

ことに 日本人独特の情緒性過多な私には

この乾いた感覚がなかなか身につかないまま。

 

いつだったか 菊地さんが

「ダイアン・キートンみたいな女優になってほしいな」と

つぶやかれた事があった。

とてもとても、私はあんな名女優にはなれないが

でも 目指すことは出来る近づく努力は出来る

 

今の私に必要不可欠な映画を観せてもらった。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

普通の人

ふつーーーーーうの人を演じるのが

こんなに大変だなんて。。。

私だって 立派に普通の人なのにさ。。。

私という人間

こんなにもデリカシーのない女だったとは

今の今まで気付かなかったよ。。。

愛がない?優しくない?気遣いがない?

    そうなの?

そもそも 俳優としての私の欠点は何か?

声の強弱、言い方、

そこでしか勝負してないって事か?

演じすぎるってことか?

そこには 彼女の心の機微が何もないって事か?

台本に書き込んでるサブテキストは 

演出家の示すものと同じなのに

。。。出来ない。やってるつもりだが出来てない。

まずい。。。すでに逃げ出したくなってる私

立ち稽古に入れば おそらく居やすくなるだろうし

また何か違うモノも見えてくるだろう。

演出家の耳は年々研ぎ澄まされ

まったく誤魔かしがきかない。

もちろん 私とて誤魔してる気はさらさら無いが

本読みをやっていると やはりボロが出る?

真理ではないという事なのか?嘘だって事か?

「普通の人を演るのは一番難しいよね」

「いい事だよ。姐さんの不得意部門に挑戦できて」

菊地さんはおっしゃる。。。

はい。そうなんです そうなんです。

不得意部門に挑むのは 大事なことなんです。

分かってるんです。解かってます

うぅぅぅぅ けど。。。

あんなに稽古が好きな私が 

登校拒否の子のようになってしまってる。

やればやるほどドツボに嵌ってる感じがする。

ちょっと思い出してしまいました。。。

あの《ダウト》を演った時のこと

稽古場に向かうはずの足が

新幹線に乗って逃亡しようとしたあの時のこと。

苦い想い出です。あれも苦しかったなぁ。。。

産みの苦しみ。。。まさにまさに そんな現在

でも。。。やらなきゃッ

トンネルを抜けなきゃッゆっくりでいいから。ね。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

私らしく!

迷うことは悪い事ではない。

いろいろ試してみる事にも 発見があり

それを楽しめば善いのじゃなかろうか?

頭で考えすぎず 私らしく楽しもう!と思う。

〇〇らしく〇〇のように。。。なんてクソ食らえッ!

私でいいのよ!私で!

読み込み終了!

解釈が違うのなら演出家が導いてくれる。

囚われずに 前に進もう!GO!GO!

帰り道、沢山のアドバイス有難う菊地さん。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

惑わされるな!

どうも 根本的に何かが違う気がする。

《この時代の女性》《天使のような妻》

自分の中で勝手にイメージしたり 作ったり・・・

そもそも そこからして違うんじゃなかろうか?

ウキウキと弾む感情の素はどこから生まれてる?

彼女の中に在る価値観をなぞってるだけじゃない?

そこを技術で表現しようと思ってない?私・・・

自分に一番遠いキャラクターだと思い過ぎてない?

もしかしたら もっと自分自身を使うべきじゃ?

私の中にある価値観。

私の中にある天使?の一面。

突破口を探し当てるべく

昨日は 何度も何度も台本を読み返す。

声に出さず読んでいる時には

何かに近づいていってる気がするのに、

いざ声に出してみると なんとも居心地が悪い。

何だろうか?この違和感 んー何だ?

何かに惑わされてる。

その正体は不明だが《何か》に。

気持ちが悪いなぁ。。。この《何か》

気づいたら 台本の文字が読めなくなるほど

辺りはすっかり夕暮れてた。

だんだんと陽が短くなる秋の夕暮れに

大きなため息。。。「ふぅぅぅぅ~

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

振り向き確認

稽古場に入るには まだかなり時間が早い。

で、途中にあったカフェに寄り道。

例によって 台本を読み

『今回はやっぱり一番苦手とするとこだな』と

頭をかかえ、冷や汗を流し。。。

そうこうするうちに30分前になりました。

さてと。。。 お化粧室に行きました。

『あら・・・ふたつとも塞がってる』

しばらくすると片側のドアが開き

すごくスタイリッシュで美しい人が出てきました。

『やぁ~すごい美人

思わず見とれてしまうほどの美人です。が。。。

 

   「えっ えーーーーーっ

あの美しい人からは想像できないモノ忘れてる

水に浮かぶ まん丸の小さな排泄物

この子だけ 流れそこなったのですねぇ

誰もがご飯を食べ、それを消化吸収し

不要なモノを体の外に出すのは当たり前のこと。

ただ。。。 あんまりにも美しい人だったので

なんか。。。はい。。。

一瞬眩暈さえするほどのショックを受ける私。

自分のじゃないのに 何故か慌てまくり

コレは見なかった事にしようと

急いで この小さな子を流しました 「さいなら~」

 

日曜日の朝、くだらないブログでごめんなさい

昨日もなかなか厳しい状況の稽古だったから

それをレポートしようと思いながらも、

稽古前のこの事件の衝撃が強烈すぎて

 

教訓。

人生は振り返ってばかりではいけない。

前に進もう。未来を見つめよう。

が、用足しの後は

必ず振り返って しっかり見送り 確認しよう。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

連休のお天気は?

おはようございます。

今朝もかなり冷え込んでいます

札幌の友達からメールで「もう暖房入れてるよ」と。

私もそろそろ羽毛布団の世話になろうかな?

薄手の毛布では ちょっと心細い夜が続いてるし。

この連休のお天気はどうなのかな?

私にゃ全く関係ない連休だけど。。。

雨が降ろうと槍が降ろうと「稽古だ稽古だ

 

さて、今日は稽古の前に一本観劇。

クリ(栗原英雄クン)が出てる《パジャマゲーム》

 

鞄には つけ込んだ食材で今朝焼き上げたブツが。

昨日 言ってた消えモノ試作品1号です。

朝食代わりに食べてみたんだけど。。。

『こりゃ喉が渇くわ。。。本番中シンドイだろな

(私が食べるワケじゃないから我慢してもらうか

我が家はすでに衣裳の候補や使えそうな小道具で

一部屋がとんでもない事になってます

なんせ 画家が主役の話。。。

大きなカンバスや額がのさばっていて

昨日から 足の踏み場もありません

んーーー でも本番開くまで目をつぶろう。

アレもコレもちゃんとしようとすれば

肝心の芝居づくりに差し障る。埃じゃ死なないってー

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

寒い日でしたねぇ・・・

今日は11月の陽気だったとか。

稽古が休みだったもので

骨盤矯正だの、アミのサロンだの、なんだのと

予定をびっしり入れてたもんで

途中で着替えに帰るわけにもいかず。。。

明日から稽古する場面もやっとかなきゃだし

まだ 幕開きの場面にも四苦八苦してるし

なんせ小さな集団だから

スタッフワークも皆で手分けせにゃ間に合わないし

改めてチラシを見たら。。。発見しちゃったよ

制作・企画・製作 劇団菊地って。。。

そっか。。。誰も居ないんだよ自分らしか

夕方からは 台所に立ってのスタッフワーク。

自分のご飯そっちのけで挑んでいたのは

舞台上で使う消えモノ(食べる物)の試作品づくり。

どうやったら ホンモノに見えるか?

どの素材が一番安上がりで それらしく見えるか?

ほんっとにやること満載です。

でも、稽古が本格化する前に「先手必勝」だッ

 

 寒い夜です。皆様 お風邪など召しませんように。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (1)

2017年10月 5日 (木)

愛しき日々

本読み稽古二日目。

けして劇的ではない会話の裏側に、

ともすれば 素通りしてしまいそうなやりとりに、

この作品の面白さや重要な一言が隠されている。

観て下さるお客様には

「そんな細かい事にこだわるの?」なんだが

そこをすっ飛ばして作ってしまうと

「なぁ~んだ ただのホームドラマかぁ」の

出来上がりになってしまうだろう。

私自身も 終幕への繋がりを模索しながら

どうしても 糸口が見つからずもがいていた。

『そうか。なるほど。そういうことだったのか

少しずつ 絡んだ糸が解け始めだした。

 

稽古場の都合で

今回は珍しく じっくり本読みする形の稽古。

良かった。。。

と言うよりこの過程ををすっ飛ばさずに

じっくり作品に向かい合えるこの時間が有難い。

とは言え、本読みが出来るのはあと七回。

まだ4分の1までしか進んでおらず。。。

だが、急がば回れ

廻りまくってやろうじゃないか

丁寧に本を読み解き 丁寧に稽古を積み上げ

作家の心を伝えられる、

そんな舞台づくりを目指し、立ち上げたこの集団。

お金もない。稽古場もない。ないない尽くし。

でも 演劇への情熱と祈りだけは負けない集団。

この日々は愛おしい。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

 Photo


作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

やっぱり・・・ね(>_<)

絶対に手強いぞ。絶対に一番苦労するぞ。

余程の覚悟で臨まないと ドツボに嵌るぞ。

。。。ほら。。。やっぱりね

リアルな人間たちが リアルに日常を生きる。

リアルに会話が進む。積み上げられる。

何でもない会話のようだけど

どんな台詞にも 何でもないものなんかない。

全てなんでもある。何かある。

それを読み解かなければならない。

一言一言に 

その人物の、その人間関係のバックボーンが。

菊地さんが言う。。。

「八田さんは あえて何でもない会話を書いてる。

 それを深く理解し、深く構築しなきゃダメ」

この何でもないような日常のドラマだからこそ

それぞれの人間関係をよく検証しておかないと、

それを体に叩き込んでおかないと、

構築して 深めてないと、

上滑りの どうでもいい話になってしまう。

空恐ろしい作品に巡り合ってしまった

 

冒頭の たった数行のやりとり。

ストップがかかる。「違う」「全然違います」

正直 メッチャ悔しい。

あんなに読み込んできたつもりだったのに。

人には「ちゃんと読み込もう」なんて言いながら

私が読めてないじゃん

毎度 思うことなんだが。。。

演出家の頭は役者のそれとは構造が違うのか?

言われてみれば出されるノートのひとつひとつに

『そうだ。。。今の私、何が足りないんだろうか?』

『そのつもりで演ったはずが・・・んー何が違う?』

どうやら 私の作品への取り組み方は

まだまだ甘い所だらけで

結果、上面の滑りまくりって事か?

 

打ち上げならぬ、稽古始めの打ち入り乾杯をし

自宅に着いたら 即台本を開いてみる。

演出家の言った言葉を反芻してみる。

あーーーーーっ もう眠れないーーーーッ

稽古初日の夜から

すでに『出来るんだろうか?』という不安と闘い

『いや!まだ闘いは始まったばかり』と鼓舞し

明け方に床に就いた。

寝た気がしない。頭がぼぉーっとしてる。

でも、もう一度!

新しい朝に開いてみる《愛の棲鬼》

そうだ。始まったばかり。

恐れず逞しく 発見の旅に出てみよう。

 

 Photo


 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

不思議だけど素敵な世界

先週土曜日の夜

例の如く?近松さんが夕飯を食べに来て

「おっ!10時だ!毎度ゴチでしたぁ<(_ _)>」の後、

『どうしよっかなぁ。。。始まるなぁ。。。』と

日頃は放っぽらかしのラジオのスイッチを入れる。

近松さんが帰った後でよかった。。。

一人でなら 緊張せずに聴けるもんな。。。

電波が悪い。。。じじじじーががががー。

NHK FM放送 オーディオドラマの放送だ。

このブログ上でも宣伝しておいて何だけど。。。

私には 自分が出たモノを聴くための勇気がいる。

 

本当は 自分の声があまり好きではない。

若い頃は 褒められるという経験がほぼ無く

怒られ専門の自分だったせいか

平常心で聴けない、多分。 聴くのが怖い。

映像や声が 後々残ってしまう事に恐怖する。

じじじじー。ががががー。

聴こえにくいのをいいことに

『まっいいや。後日 局から送られてくるCD聴こう』

で。。。結局 まだ。。。聴いてなかったわけで。

 

娘役を演った、マグノリアカンパニーのみゆきから

《聴き逃し》で今なら聴けるよの情報。。。

ブログのコメントや何人もの友達から

「良い作品だったね」とメールや電話をもらい

自分がどうこうより、あの面白いと感じたドラマを

ようやく 勇気を振り絞って 今朝聴いてみた。

面白かった。身につまされた。

我が事のように思った。

母が生きていた頃の事を思った。

ドラマに 母と私のあの頃の日々が重なった。

この高齢化社会といわれる今

沢山の人に聴いてほしいと真に思った。

 

と、いうわけで。。。

http://www.nhk.or.jp/audio/html_fm/fm2017032.html

インターネット、スマホ等で聴ける。

是非っ

 

しかしなぁ。。。ラジオドラマって不思議な世界。

想像の翼を広げれば

波の音に潮のにおいを感じ 

街の雑踏には熱気が伝わり

公園で遊ぶ子供の声の裏側に夕焼けが見えてくる。

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

| | コメント (1)

2017年10月 2日 (月)

稽古初日前日は~(@_@;)

さあいよいよ明日から始まります

稽古稽古稽古~~~

台詞なんざ、全くもって覚えちゃいないけど

大丈夫 大丈夫 覚えるのはまだ先でいい。

 

読めば読むほどに

この《愛の凄鬼》という題名に反し?

明るく 温かい なんとも人間らしい人々が

実に淡々と生きているその《日常を生きる》のって

意外にこれ 手強い作品だぞという気がします。

ことに私の場合、いままで演ってきた役の中で

おそらく 一番《普通の人》かも知れないな

明日は 菊地さん。。。

手ぐすね引いて乗り込んでくるか?(怖っ

いつか 帰りの電車の中で言ってましたっけ。

「この芝居は 僕の仕事、あんまりないんですよ」

それぞれの人物が きちんと構築されたうえで

その役割を果たしひたすら生きる。。。って事かな?

そんな気がして ぎゅっと身が引き締まる思いです。

菊地作品を観るたびに号泣するアミは

「今度も化粧くずれしちゃう感じ?」と心配顔。

どんな舞台になるのでしょうか。。。立体化されたら。

 

稽古初日前夜は めちゃくちゃドキドキします。

役作りの方向性は合ってるんだろうか?

時間は足りるだろうか?

そして何より、どんな舞台になるだろうのワクワク感。

きゃぁ~~ 胸がドキドキしちゃってます

 

とりあえず、本日は月曜日の通常ワーク。

こちらも。。。手強い《マクベス》です

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

完休~~~♪

お休み二日目~~

心身共にダランとするチャンスはこの週末か?

てなワケで

今朝はゆったりモードで始まってます。

目覚ましをかけずに八時まで爆睡。

掃除も洗濯もアワアワやらないぞ!と決め

秋の空を見上げ「ルンルンルン」と歌いながら

窓拭きなんぞをし。。。

お昼は 以前から約束してたランチデイト

えへへ

デイトといってもお相手は娘たちですが。

お気に入りのレストランから

お安いお得なコースのご案内があったもんで

三人が揃って空く日を待っていたのですよね。

女三人寄ると もう姦しいったらありゃしない

 

そして午後はそれぞれの時間を過ごし。。。

夕方から またまたみさ亭パーティーです。

こちらはご近所さんも参加のちょっと多人数の会。

さて。。。何を作ろうかな?

ここから しばらく料理をするチャンスがなさそう。

冷蔵庫や冷凍庫の中身を整理しつつ

何を作るかは。。。ランチのあとに考えるっかな

 

 劇団菊地「愛の凄鬼」

作    八田尚之
演出  菊地一浩

会場:アトリエファンファーレ東新宿
新宿区大久保1-3-15 アクロス東新宿B1F

東京メトロ副都心線「東新宿」駅 
   エレベーター出口より徒歩30秒
都営大江戸線駅「東新宿」より徒歩4分
JR新大久保駅より徒歩7分
JR大久保駅より徒歩9分

公演タイムスケジュール

11月9日(木)~12日(日)
11月9日(木)19:00
11月10日(金)14:00/19:00
11月11日(土)12:00/17:00
11月12日(日)12:00/17:00

出演者

塚本一郎  末次美沙緒  新井理恵
中嶋ベン  小島とら    松岡文雄
松生綾美  髙橋伶奈

佐野匡俊 岩岡颯 堀江まどか 今村公保

チケット発売
9月9日(土)発売開始

日時指定・全席自由
前売:4,000円
当日:4,500円

ご予約(カルテット・オンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/ainosugooni?m=0gdhedf

スタッフ
照明:日高勝彦((有)日高舞台照明)
舞台監督:小島とら
企画・製作・制作:劇団菊地

協賛
株式会社玄米酵素

協力
レ・ブリアン
株式会社ぷろだくしょんバオバブ
有限会社宝井プロジェクト
株式会社ZAI OFFICE
有限会社グルー

お問い合わせ
TEL:090-4245-9553(中嶋)
MAIL:gekidan.kikuchi@gmail.com
ブログ:http://ameblo.jp/gekidan-kikuchi

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »