« いよいよカウントダウン | トップページ | keep on going »

2017年12月27日 (水)

根本に流れるもの

今回の《野の花》

あまりに台詞量が多かったもので不安になり

通常の自習稽古とは 逆スタイルでスタート。

ともかく全体の流れが解ったところで

この大量の台詞を入れる。

だから、いつもより早いペースで進んではいるけど

昨日 稽古をしていて、はたと思う。。。

『果たしてこの言葉に実感を持てているだろうか?』

意味は通じるだろう。状況も解ってもらえるだろう。

おばあさんの感情も解ってもらえるだろう。

だけど。。。何かが足りない気がして仕方がない。

技術ではどうにもならない何かが。

 

語る内容は淡々としてはいるが

『ホントにこんなに淡々と語るだけでいいの?』と

ずっと感じていたものの正体を 突然感じてしまった。

何が足りない?何を思い、何を抱えてそこに居る?

 

1900年代のドイツの話だ。

言わずと知れたヒトラー政権のど真ん中の話。

そこで生きた家族。そこで育まれた友情。

戦争に引っ張られ 翻弄されてゆく人間たち。

ワケも解らず暮す市民たち。子供。。。

この時代は、かつて演った芝居の為に

ずいぶん資料も読み 映像も見て知ってはいる。

だが、それも もう数十年前の事。

私の中で それらの事はすでに風化している気が。

役の上でもその見かたや感じ方は自ずと違うはず。

時代を生きて 今は年老いたお婆さんの中に在る

痛みや恐怖や慄きを どこまで理解してるだろうか?

頭ではなく、心に 身体に沁みついたもの。。。

それを外しては この物語は語れない。

何かが違う。何かが足りない。

稽古を終えるといつも感じてたその正体は。。。

 

年末ぎりぎりまで稽古と腹をくくっていたが

ここにきて二日間の抜き稽古の為 私はお休みに。

よし。この二日間でやるべき事が見つかった。

もう一度 原点に戻ろう。

時代に どっぷり浸かってみよう。

あの時代に生き、あの時代を越え、今を生きる。。。

年老いたリーザおばあさんの真の痛みや想いを

思い起こし 実感する二日間を過ごそう。

 

  公演のご案内 《野の花》
                   ミュージカル座

2018年1月23日~28日
ウッディシアター中目黒

1月23日(火)    18時30分                 
1月24日(水)    18時30分
1月25日(木)13時  18時30分
1月26日(金)13時  18時30分
1月27日(土)12時  17時
1月28日(日)12時  16時30分
 
全席自由  5500円

チケットのお申し込みは下記のアドレスより
 お願い申し上げます。

 misa.ticket@gmail.com

 

 青春アドベンチャー

獅子の城塞(再)(全10回)


「我が城を築け!」信長の命で渡欧した石積み職人の遍歴

【NHK FM】

2018年1月15日(月)~1月19日(金) 午後10時45分~午後11時(1-5回)
2018年1月22日(月)~1月26日(金) 午後10時45分~午後11時(6-10回)
(初回放送:2014年1月20日~1月31日)

【出演者】

石橋徹郎 樋口泰子 吉見一豊 大内厚雄
末次美沙緒 真那胡敬二 三木敏彦
青山伊津美 石住昭彦 酒向芳 廣田高志
関貴昭 粟野史浩 村上新悟 亀田佳明
井口成人 高橋克明 廣田行生 外山誠二
多根周作 箱田暁史 林大樹 遠藤章史
井内勇希 ラヴェルヌ拓海

【原作】佐々木譲

【脚色】小林克彰

【演出】藤井靖

 

 

 

 

|

« いよいよカウントダウン | トップページ | keep on going »

コメント

師走から年の瀬に入って来ましたね。数年間応援をして来ました丘みどりさんの紅白歌合戦初出場が実現して待ち遠しい大晦日になりました。めぐさんより少し下ですが、演歌歌手13年目の念願成就です。丘みどりさんの紅白歌合戦をご覧ください。笑い。

投稿: ダンキチ | 2017年12月28日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよカウントダウン | トップページ | keep on going »