« 静かに籠る雨の週末 | トップページ | 高齢者の皆様ッ!顔晴りましょッ! »

2021年9月19日 (日)

忍路という町

11月公演のご案内チラシが上がってきます。

《ふるさとの詩》

北海道小樽にある小さな焼き物屋《忍路》が

今回の作品の舞台となります。

  Photo_20210919155801

     Photo_20210919155802

北海道も年に二度は出掛けて行ってたのに

コロナ状況がこんなだもんで

もう二年以上ご無沙汰です😢寂しい~😢

札幌はもちろん魅力的な街なのですけどね

(ススキノの灯りが私を呼んでる~~✨)

時間があるときは隙間を縫って小樽まで。

山と海の間を走る車窓の眺めが大好き💔

そして大昔に大好きな人と尋ねた

小樽の外れにある忍路という海沿いの小さな町。

《忍路》忍ぶ路ですよぉー忍ぶ路😢!

地名だけでも泣けてきちゃうような名前なのに

当時の恋人と眺めた海は忘れられなーーい😢

その恋が終わった時の事を想い出すと

今でも泣けてくるあの町。。。忍路。。。😢

 

かつては大した鰊場で繁栄してた町で

女たちが漁に出るヤン衆を見送る歌もあります。

「忍路高島およびもないがせめて歌棄磯谷まで」

なんと切ない歌なんでしょう。

  

なんだか公演のご案内のつもりでいたのに

話は随分と個人的な方向へ💦

詳細はまた後日<(_ _)>

かつての忍ぶ恋を想い出し今から泣きます😢😊

 

劇団菊地ブログ

 https://ameblo.jp/gekidan-kikuchi/

 

 

 

 

 

 

  

|

« 静かに籠る雨の週末 | トップページ | 高齢者の皆様ッ!顔晴りましょッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静かに籠る雨の週末 | トップページ | 高齢者の皆様ッ!顔晴りましょッ! »