« 台風の行方は? | トップページ | しごきの季節がやって来た💦 »

2021年10月 1日 (金)

50周年から次なる100周年へ!

株式会社玄米酵素が創業したのは昭和47年。

世の中まだ健康食品など少なかった時代。

今日10月1日 玄米酵素は創業50周年を迎えた。

この業界 普通30年と言われるなか

食の大切さをスローガンにして50年。

すごい事だと北海道大学名誉教授の小林博先生。

 

今でも思い出します。

「日本の医療費を減らすためです。

玄米酵素を売ればいいワケじゃない。

玄米酵素が必要なくなるくらい

食事道が進めばそれは素晴らしい事なんです。

食事道で皆が健康に暮らせる日本に変える!」

いつもいつもそう言ってらした会長。

洞爺湖畔にある健康館で初めてお話した時も

「美沙緒さん。

玄米酵素を売ろうと思わなくていいんだよ。

大事な人の元気のために尽力を注いで下さい。

病気で困っている人を元気にしてあげて下さい」

日本を一緒に元気にしましょう」

その声。その言葉。今は私の大事な宝物です。

それは岩崎会長の根底にある

玄米酵素という会社の基盤だったのですね。

物を売るなんて経験のない私には

『それなら私にも出来る』と思ったのでした。

 

北海道の町を一軒一軒コツコツと歩き続け

健康であるためには食事が大事なのだと話し

玄米の素晴らしさを伝える事から始まった会社。

でも「今日も売れず一円も入らない・・・」

公園のベンチで

玄米おにぎりを食べながら嘆く日々が続き

「こんなに素晴らしい食品なのにどうしてだ?」

 でも!そこが岩崎会長の凄い所でした。

「そうか・・・物を売ろうとしてる事が違う」

はたと思われたそう。

かつて病気の問屋のようだったご自身と家族。

玄米酵素に出逢い

健康で暮らせることの有難さを知った会長は

「ひとりでも多くの人に健康であってほしい」

自分の使命はなんだ?願いはなんなんだ?

《正しい食生活で皆に健康になってもらう事》

その一点、一念なんだと強く思われたのだそう。

使命感をもって生きるというのは凄い。強い。

 

50年の間には様々な問題やご苦労もありました。

会社がピンチになるような事件もありました。

けれど、それをバネにして成長を続ける会社。

冤罪事件に巻き込まれたときには

全国の大学の医学部や教授チームによって

玄米酵素の医学研究会がスタートそれは今も続き

おかげで安心して玄米酵素を食べられます。

皆さんにも自信をもってお伝えできる。

これまでの努力、ご苦労に大感謝です。

 

母の「後継者になれ」で始まった

私の玄米酵素の普及事業ですが

今日オンラインで式典や講演会に参加して

この50年の歴史に心から感動し

玄米酵素の普及に携われたことに大感謝しました。

素晴らしい仕事だと大きく胸を張って歩きます。

NEXT50!

微力ではありますが

元気な日本をつくるお手伝いさせて頂きます。

 

劇団菊地ブログ

 https://ameblo.jp/gekidan-kikuchi/

 

 

 

 

 

|

« 台風の行方は? | トップページ | しごきの季節がやって来た💦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風の行方は? | トップページ | しごきの季節がやって来た💦 »