« 生まれ育った故郷とホントのお別れ | トップページ | 咲き誇る今年の桜🌸 »

2022年3月27日 (日)

エンディングノート

生命誕生の時の手続きは楽しい。

が、ひとつの命が終わった時

その手続きや作業は煩雑で手に負えない。

当たり前だけど楽しくない。むなしいばかり。

こんなに大変だなんて、もうビックリする。

母の時はここまで複雑な作業ではなかったが

今回は叔母。母の妹だ。

私とのつながりは《直》ではない。

なんとも面倒くさい手続きばかりだ。

叔母が母の妹である証明。

母次子の娘が私である証明。

母がすでに死亡していることの証明。

地元の区役所でやれる事は限られてる。

母の本籍地を証明できる抄本や謄本を取らねば。

はて。。。母の本籍はどこなんだ?

まずはここをクリアしなきゃならない。

叔母の除籍謄本とやらもいるという。

バタバタしていて小倉の区役所で取り忘れてた。

ギリギリに飛び込んだ飛行機の中で思い出す😢

 

遠方に住む残された人間に

もう少し融通をきかせるとか電子的なやり方とか

ありそうなもんなのに。。。

《直》じゃない私は動くしかないらしい。

年金だ、介護保険だ、後期高齢者だ、保険だのと

何通もの封筒がいま我が家のテーブルに並ぶ。

何が何だか分からなくなってきた。

ともかくこちらで取るべき書類が揃ったら

小倉に電話で再確認をとり 再び機上の人か💧

 

私、大まかだけどエンディングノートを作ってる。

落ち着いたらもう少しちゃんと書き直しておこう。

娘たちが困らないように。

こんな楽しくない作業に時間を取られないために。

 

劇団菊地ブログ

 https://ameblo.jp/gekidan-kikuchi/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 生まれ育った故郷とホントのお別れ | トップページ | 咲き誇る今年の桜🌸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生まれ育った故郷とホントのお別れ | トップページ | 咲き誇る今年の桜🌸 »